オーストラリアの専門・大学・大学院留学のスペシャリスト

手配料無料! 現地 6都市サポート無料!

シドニー・メルボルン・パース・ブリスベン・ゴールドコースト・アデレード・日本の 7都市サポート

世界的にも水準が高いオーストラリアの大学には、世界80カ国以上の国より72,000人以上が留学をしています。国内に37程ある大学のうち私立大学は2校のみとなり、州立大学が大半を占めます。 オーストラリアの大学には一般教養科目はなく、初年度より専門分野の科目を履修する点が、日本の大学と大きく異なる点です。

そのため専門分野の研究やリサーチに重点を置く内容となり、学生は、大学の図書館やインターネットを利用してリサーチを行います。レポートを書き上げたり、プレゼンテーションを行ったり、クラスで一定のテーマに関して討論することを要求されます。また、それらを通して、成績の評価を受けることになります。ただし、評価の方法は、各大学と受講学科によって異なります。

大学院の入学条件

大学院入学の条件としては、英語力最終学歴の成績です。

英語力は、大学で授業を受けるのに必要な能力を提示する必要があり、通常はIELTSで6.5〜7.0ポイント、もしくはTOEFLでおよそ575程度が必要になります。修士課程であれば6.5,博士課程や一部の修士課程であれば、7.0が必要とお考えください。

例えば、多くの大学院で開講されている、Master of Business Administration(MBA)などは、入学基準としてIELTS6.5以上が求められます。

この他、日本でもなじみの深い、「TOEIC」が英語力の証明として挙げられますが、オーストラリアの大学院ではTOEICを英語力の証明として認めることは、殆どありません。まず、IELTSかTOEFLに絞られます。これから英語力の検定試験を受ける予定の方は、TOEFLもしくはIELTSを受験して頂くことを、オススメします。
英語力検定試験 必要な英語力
IELTS 6.5~7.0ポイント
TOEFL 575~600ポイント
TOEFL(CBT) 237~267ポイント

最終学歴の成績に関しては、大学卒業以上であることが一つの基準とお考えください。大学の卒業証書と最終学歴の英文成績証明書の提出が必要です。アート&デザイン関連の本科コースでは、作品の提出が必要となる場合も多く、専門性が高いコースについては、特定のコースを修了していることや、実務経験が問われることもあります。

英語力基準に達していない、または不安がある

英語力だけが足りていない場合

先述したように、留学生がオーストラリアの大学へ入学するためには、英語力と成績が審査基準とされています。しかし、英語を母国としない留学生にとって、大学入学に必要な英語力をクリアすることは、決して簡単ではありません。

その為、大学本科コース入学までにはしっかりとした英語力を身に着けておく必要があります。まだ基準の英語力に達していない場合は、大学や大学院へ入学する前に留学生向けの付属英語コースを受講することによって、条件付きで入学内定がもらえる場合があります。最近では、付属英語コース以外に私立の語学学校と提携している専門学校も増えているので、予算や受講期間に応じて学校を選びましょう。

英語力と成績が足りていない場合

英語力以外に、最終学歴の成績査定等で、入学基準に達していないと判断される場合があります。その為、オーストラリアの大学院入学の準備コースとして、Bridging Course(ブリッジング・コース)が用意されています。

しかし、進学を予定している本科コースによっては、Bridging Course経由の入学が認められていない場合もあります。その場合、Postgraduate Diploma→Masterというように、ひとつ下の学位から進学する必要もあり、この点は留学生の最終学歴等を踏まえた、大学の査定次第となります。

オーストラリアの大学院入学に必要な申請書類

オーストラリアの大学へ入学手続きを行なう際は、以下の3点が必要となります。
  • 最終学歴の英文成績証明書
  • 最終学歴の英文卒業証明書
  • 英語力の証明(検定試験の結果)
最終学歴の英文成績証明書及び、卒業証明書は、最終学歴となる卒業校から発行してもらいます。通常は依頼してから2週間ほどで入手できますが、混み合う場合も考え、出来るだけ早い段階で準備をしておきましょう。

各証明書発行の際、注意して頂きたいのは「英文」で作成してもらう点です。各証明書はオーストラリアの大学スタッフによって査定されますが、日本語で成績証明が発行されている場合は、査定することができません。仮に日本語のままで成績証明書を提出した場合は、公的機関で英文に翻訳する必要があり、別途翻訳費用が必要になります。

英語力の証明は、通常IELTSで6.5ポイントが必要となりますが、こちらは進学するコースにより変わるため、事前に確認をしておきましょう。

オーストラリアの大学院で取得できる学位

学位 日本の学位 期間
Master 修士号 2年間
Doctor 博士号 2〜4年間

大学院では右記の資格を取得できます。修士課程を修了するとMaster(マスター)と呼ばれる学位を取得でき、日本と同じ修士号として通用します。そして更に博士課程を修了すれば、Doctor(ドクター)の学位が取得できます。

この他、大学院ではMasterコース前に、Graduate Certificateや Graduate Diploma(ディプロマ) を取得することも可能です。これらは修士課程の半年や一年修了に相当する資格で、主に半年〜1年間を勉強するコースが用意されています。これらの学位は修士課程に進学の際、単位振替という形でコース期間を短縮することもできます。

大学院の評価方法

評価対象 重要度
各試験
提出課題
レポート
出席率
制作活動
オーストラリアの大学同様、大学院の成績評価は厳しく、優れた成績を残すには一つ一つ集中して取り組む必要があります。

コースにもよりますが、ほとんどの大学院では最終的な試験の結果にあまり重点を置かず、レポートや提出課題を重要視します。

大学院で選択できる学科

オーストラリアの大学院には数多くの選択学科があり、どれも専門性に優れた内容を勉強できます。

主な学科
旅行学 歯科医術 芸術 会計学 人文学
法律学 視覚芸術 経営学 応用科学 心理
数学 航空学 機械工学 医療研究 情報処理
福祉 工学 環境科学 科学 獣医
秘書学 交通学 海洋学 数学 社会福祉
農園芸学 言語学 音楽 図書館 自動車工学
土木工学 建築工学 医学 海洋工学 児童保育
調理 建築 環境 製図 健康科学
教育学 看護学 科学 生産流通学 経済学
マスメディア マーケティング ツーリズム スポーツ レストラン経営
ファッションデザイン コミュニケーション ケータリング ビューティー ホテル経営
デザイン ビジネス コンピューター IT トラベル

大学院のシステム

項目 詳細
授業時間 午前9時~午後4時
始業日 2月頃
終了日程 12月中頃
学期 2学期制
入学時期 各タームに可能
休み 完全週休2日制
ホリデー 各学期の間に1~3週間
長期ホリデー 12~1月に約2カ月間
制服 なし
教科書 入学時に購入
給食 なし
主な施設 レクチャーホール
チュートリアルルーム
コンピュータセンター
医療サービスセンター
スポーツ施設
図書館
学校による

オーストラリアでは、基本的に2学期のSEMESTER制をとっています。 各科目を学期毎に決め、学期毎に試験を受け成績が出ます。イギリスなどの大学は、 基本的に通年制をとっていますから、 9月から翌年3月まで、同じ科目を履修します。ここが大きく違う点です。

オーストラリアの各大学もそれぞれ特徴が違いますので、例外はあります。週休二日制ではない学校や、3学期制を導入しているところなどです。

寮はシャワー、トイレ、エアコンなどが完備されているものから、そうでないものまで様々です。

大学院の授業料

大学の授業料は、大学や選択コースにより変わります。例えば修士課程を見た場合、Queensland University of Technology (QUT)の Master of Business Administrationは2年間で72,800ドル。Deakin University (Deakin) のMaster of Biotechnologyは1.5年で36,060ドルほどで、他の大学の場合も、取得するコースと期間により費用は様々です。

博士課程では、ディーキン大学のDoctor of Business Administrationは、3年間で60,000ドル。そして、メルボルン大学のDoctor of Dental Surgeryは4年間で279,710ドル!歯学は高額ですね。いずれも、授業料はまとめて払う必要はなく、ターム毎に分割して支払います。

オーストラリアの代表的な大学

学校検索カテゴリ内の大学、大学院に一覧が掲載されています。是非ご覧下さい。

大学、大学院一覧を見てみる

オーストラリア大学院留学のポイント

大学同様、英語力は必須です。入学に際し必要な英語力があっても、それは大学で専門的な知識を学んでいく上で十分な英語力ということではありません。できるだけ、語学学校で進学英語コースや大学入学準備英語コースを受講し、集中的に英語力を高め、授業に対応できるように準備しましょう。

特に専門コースは、リスニング力とライティング力(エッセイやレポートなどの宿題が多いため)を高めておく必要があります。受講期間は個人の英語力により異なりますが、通常20~40週間を目安にして下さい。現地の学生とともに英語で専門分野を学んでいくので、基礎英語はきちんと復習する必要があります。

その他の入学方法にも書かれてある通り、大学付属の語学学校に通うことも、目的の大学に入学する近道になります。 大体どこの大学にも付属の語学学校はありますので、付属の語学学校についても詳しくはお問い合わせください。

この記事は私が書いています

オーストラリア政府認定留学カウンセラー
PIER資格保持(QEAC登録番号I008)
2017年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は16年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。

留学手配料無料、現地サポート無料のオーストラリア留学センターでは、留学に関する皆さまのご質問に、専門のスタッフが丁寧にメールで回答を差し上げております。尚、留学相談は、お電話各支店でも、無料で承っております。お気軽にご利用ください。

無料 留学相談はコチラ↓

24時間365日受付中!