【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

オーストラリアで調理師を目指す

オーストラリアで調理師を目指す

調理士は、オーストラリアではCook(クック)やChef(シェフ)と呼ばれており、主な働き口は、レストランやカフェなどの飲食店となります。
この2つの職業の定義は以下となります。

Cook(クック)とは
料理を準備して調理する人全般を指しますので、レストランだけでなく、学校や病院等の料理を提供する施設で働く様々な方をクックと呼びます。クックとして働くには、基本資格は必須ではありません。
Chef(シェフ)とは
シェフはクックの一部とはなりますが、主には、ホテルやレストランで働く、長年の熟練したトレーニングや経験のあるスキル力の高い人を指します。調理の初心者の方はまずはクックから開始し、レストランで経験と知識を得た後にシェフと呼ばれたり、シェフのポジションで働くことになります。シェフになるにはオーストラリアでは資格保持者であることが一般的となっています。

上記でもわかるように、オーストラリアでは料理に携わる機関で働きたい場合は必ずしも資格が必要ではありません。

ですのでレストランなどで1から教えてもらいながら学んでクックになることも可能ですが、知識が偏ったり、知識不足になる可能性がありますし、働く機関によっては資格保持者限定となっている場合もございますので、資格の習得を強くお勧めします。

調理師になるための資格

調理師のスキルを学ぶコースでは、調理の基礎や盛り付け方から始まり、様々な分野の調理の仕方、キッチンの回し方、食品の衛生管理など、働くための実践的な内容が含まれます。
オーストラリアは観光大国ですので、調理師の需要は非常に高く、料理やレストランの質も近年は非常に上がってきています。

オーストラリアでは、調理のリアリティーショーがとてもたくさん放映されています。特に12年続いている「MasterChef(マスターシェフ)」はオーストラリアのすべての年齢層から高い人気を得ています。

リアリティーショーの影響もあるのか、近年ではオーストラリア人の"食”に対するこだわりはかなり高まっており、オーストラリア全土で様々な国籍の質の高い料理が食べられ、ビーガン、ベジタリアンなどのタイプのレストランも増えています。

常に優秀な人材が求められている職種となり、求人率もオーストラリアでは比較的高い分野の職業となります。

オーストラリアでどのような資格が習得できるのかを下記でご説明していきます。

CERTIFICATE III IN COMMERCIAL COOKERY
ナイフの持ち方から切り方、レストラン調理の基礎、食品安全等、初心者の方でも開始できるような基礎的なスキルから学びます。幅広い分野の知識を身につけて、仕事の準備ができるようなトレーニングを行います。資格習得後は、資格保持クック、キッチンマネージャー、シェフ見習い等として働くことを可能にします。
CERTIFICATE IV IN COMMERCIAL COOKERY
CERTIFICATE3で学んだ知識をより活かす為のコースです。CERTIFICATE3で基礎力の構築をしますので、4では応用力やより幅広い知識や実践力を養っていきます。基本3と4両方受講できる学校では、4に入学するには3の習得が条件となります。

学校によっては、3がなく4から開始する学校もありますので、その場合は予め授業内容や事前に経験力が求められるか等をご確認下さい。学校によっては初心者から開始出来るようにするため、CERTIFICATE3の基礎教科を最初の学期に混ぜている場合がありますが、初心者の方には難しく感じる場合がありますので、含まれている学科の確認は必須です。万が一心配な方はCERTIFICATE3から開始できる学校を選ぶことをお勧めします。

資格習得後は、資格保持クック、キッチンマネージャー、commis chef(シェフ見習い)等として働くことを可能にします。
DIPLOMA OF HOSPITALITY MANAGEMENT
調理人としてのスキルには直接は関わりませんが、COMMERCIAL COOKERYコースとセットで受講される方も多いです。合計約2年で提供している学校がほとんどです。COMMERCIAL COOKERYの後にホスピタリティーの知識も身につけたい人にはセット申し込みがお勧めです。

このコースではホスピタリティーの全般的な知識を提供しています。事業運営、人材、法的知識、サービスの質などの幅広い概念とスキルを学びます。調理師だけでなく、最終的にお店の経営やマネージメントに関わりたい人には特に役に立つ分野となります。

調理師(Commercial Cookery)コースの授業内容

  • 同僚との仕事と接客
  • さまざまな環境での仕事
  • 健康、安全、セキュリティー管理
  • ホスピタリティー業界の知識 - レベル1
  • 衛生管理
  • 電話でのコミュニケーション
  • 食品の調理 - レベル1
  • 現代の料理 - レベル1
  • キッチンの清掃とメインテナンス - レベル1
  • 調理の基本概念 - レベル1
  • 前菜とサラダ
  • ストック、ソース、スープ
  • 野菜、卵、穀粉の調理
  • 食品の準備、調理、給仕(全般) - レベル2
  • 鶏肉などの準備と調理 - レベル2
  • シーフードの準備と調理 - レベル2
  • 肉類の選び方、準備、調理冷温デザートの調理 - レベル2
  • ペストリー、ケーキ、イーストの準備
  • バッフェ・メニューの調理 - レベル2
  • 食事制限や文化的な要望を考慮した食事
  • 調理器具の安全管理 - レベル3
  • 料理の準備、調理、給仕 - レベル3
  • 技術の指導
  • 争いの対処
  • 現代のデザート
  • チーズの取扱いと給仕 - レベル3
  • 材料の受取と貯蔵 - レベル1
  • 就職斡旋
  • ケータリングメニューのプランとコントロール
  • 特別な料理の選択、調理、給仕
  • 販売促進と接客
※学べる内容は各学校や資格レベルによっても変わります。詳しい内容は各学校のコース詳細からご案内しますので、興味がある方はご相談下さい。

コース費用は各教育機関によって変わるため一概にはお伝えできませんが、2年間で、29,000ドル~36,000ドル程とお考えください。通常、この費用のほかに、調理器具、ユニフォーム、教材など授業参加に必要な費用(500~1,000ドル程度)がかかります。

調理師コースに進むための英語力と入学条件

一般的な専門コースが必要としている入学基準と変わりません。英語力はIELTSであれば、基本的にはアカデミックモジュールで5.5ポイントが必要となり、5ポイント以下の項目がある結果は基本的には認められません。TOEFLiBTやケンブリッジテスト(FCEやCAE)の試験結果を認めている学校もあります。

学歴の条件は、高校を卒業されていれば条件は満たされます。

全く英語が話せない状態から、本科コースに進むために必要な期間は?

これも調理師コースに限ったことではありませんが、挨拶程度の英語力からIELTS5.5ポイントを目指す場合、9~11ヶ月程度は英語学校に通う必要があります。

その他、TAFEのダイレクトエントリーコース経由で入学することもできますが、ダイレクトエントリーコースに参加するためにも英語力は必要になりますから、やはり、9~11ヶ月を一つの目安にして頂くのが一番です。尚、9ヶ月の英語コースの費用目安は、入学金、授業料、教材費、OSHCを含め、13000ドルほどです。

もちろん、英語力の向上スピードは個人差があります。ですが、入学基準をギリギリクリアできる英語力で本科コースに入学しても、授業について行くのは大変ですから、余裕を持って英語コースをスタートしましょう。特に調理師(Commercial Cookery)コースは人気の高い分野ですから、半年以上前に入学枠が埋まることも多々あります。調理師コースに進学をお考えの方は、お早めにご連絡ください。

TAFEもしくは私立専門学校、どちらのコースがお勧めですか?

調理師コースは大変人気のコースとなるため、州立専門学校(TAFE)だけでなく、沢山の私立専門学校でも開講が行われています。

料金を比較すると一般的には私立専門学校のほうが安価の場合が多いですが、多くの安価の私立専門学校は授業時間が極端に少なかったり、実習時間が充分でなかったりします。

その点TAFEは、平均授業日数も週3-4日(もしくはそれ以上)ですし、豊富な知識と実践力を養うために多くの調理実習や、TAFEで実際に運営しているレストランでの実践実習が多く含まれます。スキル習得や経験力をしっかり身につけたい方には、TAFEでのコース受講をお勧めします。

調理師コースからの就職先

調理師は世界中で仕事の機会があります。特にオーストラリアでは現在、調理師が不足している状態です。調理師コースを修了すると、レストラン、カフェ、バー、ホテル、宴会場、病院内の調理師などさまざまな就職の可能性があります。

また、調理師コースとして評価の高い専門学校で高い成績を修めている場合、現地のレストランから直接声がかかることもあります。就学中にはどれだけの実践練習、そしてレストラン研修が含まれているかも学校選びの上で重要ポイントなります。

また、コース後にオーストラリアで調理師として経験を積みたい方には、下記のようなビザの道筋をお勧めします!
学生ビザでクッカリーコースを受講>>ワーキングホリデービザを習得>>ワーキングホリデー期間中調理師としてアルバイト

調理師コースについて

調理師(Commercial Cookery)コースが開講されている大学、TAFEや専門学校はオーストラリア各都市にあります。下記ご参考になさってください。

お好みの都市や予算、習得したい資格をお知らせいただきましたら、ご要望に沿ったご提案をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

都市学校名コース名(年数)コース費用
シドニーTAFE NSWCertificate3+4(1+1年)17,310ドル+19,440ドル
シドニーQuality Training and Hospitality CollegeCertificate3+4パッケージ(1.5年)21,900ドル
メルボルンWilliam Angliss Institute TAFECertificate3+4(1+0.5年)18,600ドル+9,300ドル
メルボルンKangan Institute TAFECertificate3(1年)16,000ドル
メルボルンHolmesglen TAEFCertificate4(1年)15,600ドル
メルボルンMelbourne Polytechnic TAFECertificate4(1年)16,000ドル
メルボルンBoxhill Institute TAFECertificate3+4(1+0.5年)15,460ドル+7,840ドル
ケアンズ、ブリスベン、ゴールドコースト等TAFE QLDCertificate4(1.5年)22,500ドル
パースTAFE WACertificate3+4(1+0.5年)16,040ドル+8,020ドル
アデレードTAFE SACertificate3+4(1+0.5年)14,450ドル+10,300ドル
アデレードQuality Training and Hospitality CollegeCertificate3+4パッケージ(1.5年)21,900ドル
キャンベラCanberra Institute of TechnologyCertificate3+4(1+0.5年)17,300ドル+8,650ドル
タスマニアTAS TAFECertificate3+4(1+0.5年)18,000ドル+10,000ドル
ダーウィンCharles Darwin UniversityCertificate3(1年)14,800ドル
ダーウィン、アリススプリングCharles Darwin UniversityCertificate4(2年)29,600ドル
※本記事は2020年11月現在の情報に基づいており、入学条件基準、学費などは変更されることもございますのでご留意ください。
※上記の記載学校の多くは都市の中にキャンパスを多数持っております。キャンパスについては別途ご相談下さい。


オーストラリアの調理師コースに関する費用や、英語力診断、学校詳細については当社までお問合せくださいね。
お問い合わせはこちらから
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I138)
メルボルンは、市内に行くとおしゃれなカフェやレストランがたくさんあり、少し車で走ると自然が広がるオーストラリアのいいところを凝縮した街です。様々な国籍の方と一緒に学んだり、働いたりできる機会がたくさんありますので、是非一度いらっしゃってください! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら