【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

オーストラリアで学ぶネットワーキング(Networking)

スマートフォンをはじめとするデバイスの進歩で、あらゆる情報が瞬時に蓄積され、大量の情報(ビッグデータ)がやりとりされるようになりました。
企業では情報システム内でクラウド環境やVPNなどを導入し、より「効率よく」「セキュア(安心・安全)」に情報を受けた渡す必要が増え、また、以前までは会社内等、特定の場所で扱われていたデータも、今は様々な環境からアクセスできることが求められています。

みなさんも、普段は意識することなく,インターネットを利用していると思いますが,その接続を提供するプロバイダでは,インターネットが問題なく使えるよう1日中監視,また設定作業を行っている人たちがいます。この「快適な通信環境作り」の方法を学ぶのがネットワーキング(Networking)の分野です。

ネットワーク系の職種

まず、ネットワーク系の職種を見てみましょう。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアの主な役割は、「設計」「構築」「監視/運用」で、サーバーとネットワーク関連に限定した業務を担当します。

実際ネットワークエンジニアは、システムエンジニアの一種と考えてもらうのがわかりやすいと思います。システムエンジニアとして働き始めた後、ネットワーク系が得意ということでネットワークエンジニアや、インフラエンジニアに異動するケースもありますし、また、ネットワークとインフラエンジニアは仕事内容に近い点も多いため、ネットワーク/インフラエンジニアを総称して「ネットワークエンジニア」と呼ぶこともあります。

ネットワーク設計

ネットワークシステムの詳細設計を行う仕事では、セキュリティや各種OS、サーバーなどに関する幅広い知識が求められます。クライアントの要望を元に、規模や環境(ローカル環境で構築するべきか、クラウドサービスを利用するべきか、VPNを使うべきか?)など、設計や提案能力はもちろんのこと、ヒアリング力やプロジェクト推進能力なども求められます。

ネットワーク構築

ネットワークエンジニアは、設計書をもとに回線の設置などネットワーク構築も行います。実際にケーブルやハブを利用し環境を構築しますが、無駄なコストやトラブルの発生を避けるためにも、最新の製品や技術の動向、ネットワークハブやケーブル機器の設置に関する知識が必須です。

ネットワーク監視・運用

ネットワーク監視・運用では、ネットワークシステム構築後の維持管理を行います。いわゆる「保守」と呼ばれる作業でもあります。

一度ネットワークを構築してしまえば、特に障害が起きない限り、ネットワークエンジニアがその場に常駐する必要もありませんが、ネットワーク利用者のトラブル対応や、安全に運絵稼働しているかの定期的な点検が必要になり、特に障害が起きた際の対応にはネットワーク全体の理解が必要となるため、幅広い知識が必要とされます。

インフラエンジニア

インフラ(インフラストラクチャー)エンジニアはインフラ設計やインフラ構築など、ネットワークに必要なシステムを整備する技術職です。例えばパソコンのセットアップをを行うこともありますし、ネットワークも含め、ハードウエア環境を整えるのは、本来インフラエンジニアの役割です。

と、それぞれの違いを節目するためにエンジニア関連職の職業を記載しましたが、実際に働き始めると、その違いを見つけることが難しい場合もあります。というのも、ソフトウェアプログラマとソフトウェアエンジニアの違いと同じで、明確に「ここからここまでが仕事の範囲」というような、職種による仕事のライン引きがされているわけでもありません。

会社規模にもよりますが、ネットワークエンジニアとして働く場合も、インフラ設計に詳しくなければ進められない案件(状況)もありますし、逆にインフラを整えるためにネットワークの詳しい知識が必要ということもあります。もちろん、ネットワークエンジニアがネットワーク管理者を兼務するということも考えられます。

ネットワーク管理者

ネットワーク管理者(Network administrator)は、本来ネットワーク・エンジニアが構築した環境を引き継ぎ、保守するのが仕事です。つまりネットワークエンジニアがネットワークの”実装”に焦点を当てているのに対し、ネットワーク管理者は、日々の運用・保守を任されるのですが、セキュリティ侵害が発生した場合の対応として、ネットワークエンジニアがネットワーク管理者を兼務することもあります。

ネットワーク技術者の必須資格、シスコシステムズの認定資格

ネットワーク技術者を目指す上で、必ず目にする企業名があります。Cisco Systems(シスコシステムズ)です。

Cisco systemsはルーターや無線LANのアクセスポイントなど、ネットワークに関連するあらゆるものを作っている会社で、そのほとんどで市場シェア1位、2位を獲得しているまさに「ネットワーク界の巨人」と言われる企業です。

この、圧倒的なシェアを誇るCisco systemsが提供しているのが、Cisco Career Certifications(シスコ技術者認定)と呼ばれるネットワーク技術者の認定試験で、ネットワークエンジニアにとって必須とされる資格です。

主な試験レベルは下記の4レベルですが、下位レベルの資格を持っていないと、上位レベルの試験を受けられない仕組みです。そのため、以下の順にステップを踏み、資格を取得することになります。

資格名内容
CCENTネットワークエンジニアになるためのエントリーレベルの資格です。最低限の知識を有する証明になりますが、本当に基礎なのでこれ自体の資格を持っていても、あまり意味はありません。ただ合格しなければCCNAを受験できませんから、必ず受験する資格でもあります。
CCNAネットワークエンジニアとして評価される基礎レベルの資格です。指示を受けながら作業できるレベルの方に向いている資格です。
CCNPネットワークエンジニアとして評価されるCCNAの上位資格です。能動的に仕事をするためには、この資格が必要です。1人で作業ができるレベルであることを表します。
CCIEネットワークエンジニアにとって最も評価される最上位資格です。国際的にも通用する資格であるため、所持していれば海外でも一流のネットワークスペシャリストとして評価されます。

ちなみに、CCIEの更に上の資格として、アーキテクトレベルのCCARがありますが、デザイン分野(CCDE)の上位資格となります。

また、オーストラリアでネットワークの分野を学ぶ学生は最低でもCCNA。可能ならCCNPまでは取得を目指す方が多いです。これは、ネットワーク技術者として最低限必要な資格がCCNA以上とされているためです。

Cisco Networking Academy

上記のシスコシステムズですが、CSR 活動(企業の社会的責任)の一貫として、”Cisco Networking Academy”を運営しています。

これは、教育機関や、政府機関及び各種団体とパートナーを組むことで、将来のネットワーク技術者を育成する事を目的とした、いわゆる「ネットワーク技術者専門プログラム」ですが、オーストラリアのいくつかの大学もパートナー契約を結んでおり、現在は以下の大学内に、Cisco Networking Academyが運営されています。

■南オーストラリア大学
■フリンダース大学
■チャールズ・ダーウィン大学
■ビクトリア大学
■ラトローブ大学
■RMIT大学
■スインバーン工科大学
■ディーキン大学
■カーティン大学
■マードック大学
■西シドニー大学
■シドニー工科大学
■クイーンズランド大学
■クイーンズランド工科大学
■サンシャインコースト大学
■グリフィス大学
■タスマニア大学

下記は、スインバーン大学のCisco Networking Laboratoryの案内です。

Cisco Networking Academyが運営されているということは、Cisco公認のネットワーク技術者やネットワーク環境が整っているという意味でもありますが、言い換えれば、ネットワーク分野に力を入れている教育機関の証明でもあり、大学を選ぶ上での、一つの指標にもなります。

また、信頼できるネットワーク環境という点が認められ、キャンパス内のネットワークインフラを、全てシスコシステムズに切り替えた大学(クイーンズランド大学や、フリンダース大学等)もあります。



ちなみに、「自分でも用意すれば勉強できるのでは?」と考える方もいるようですが、このネットワーク機器は非常に高額で、ちょっとしたルーターでも1台で100万円を超えます。もちろん1台で足りるわけもなく、100台繋げる環境となると、個人の環境で揃えることは難しいです。

そのため、エミュレーター等で近い環境を作りつつ学ぶことはできますが、「実際の企業で利用されているネットワーク環境」を学ぶことは、大学以外の教育機関で学ぶのは非常に難しいのが現状です。

ネットワーク関連コースの種類


ネットワークエンジニアを目指すコースでは、情報システム、セキュリティ・暗号技術、ネットワーク技術全般に関する広範な知識と、情報化社会のニーズに対応できる高度な実践能力を身につけることができます。

また、ハードウェアの基礎からインターネットやモバイル・ワイヤレスネットワークを活用したネットワークアーキテクチャの設計・構成技術全般を学び、セキュアな情報インフラの構成技術を学ぶことができ、ネットワークのスペシャリストを目指すことができます。

ネットワークに関連するコースは、Certificate、DiplomaやAdvanced Diploma(専門学校)、Bachelor(学士課程)、Master(修士課程)の分野で学ぶことができ、その中で、2020年現在、オーストラリアで最も多く開講しているネットワーク系のコースは、Diplomaコースとなりますが、実際企業で必要とされているレベルは、やはりBachelor以上と考えるのが良いです。

また、Diplomaカリキュラムとしては、Bachelor(学士課程)で学ぶ1年目相当の内容となりますが、他のIT分野と同じく「基礎」を学ぶコースと考えてもらうほうがわかりやすいです。例えば、ネットワーク環境もLANやWANの基本や、DHCP、DNS、Proxyの役割等、企業などで使われる環境よりも、より小さい環境(家庭や小規模のオフィス)でのネットワーク環境構築方法などを主に学びます。

言い換えれば、中〜大企業で必要とされている環境に対応できる知識を身ににつけるのは少しが難しいとも言えます。

下記はTAFE QLDのCertificate III in Information, Digital Media and Technology / Diploma of Information Technology Networkingですが、コース名にあるように、CertificateIIIとDiplomaのパッケージコースとなります。

また、Diplomaコースへ直接入学を希望する事も可能ですが、その場合はCertificate III in Information, Digital Media and Technology相当の資格や、職歴が求められ、出願時に段階でTAFEの査定を受けることになります。
専門学校 1〜1.5年コース
学校名TAFE Queensland
コースCertificate III in Information, Digital Media and Technology
/ Diploma of Information Technology Networking
期間1.5年
入学日1月、7月
費用1.5年間で22,200ドル(1ドル75円計算で約166万円)
認定機関ACSの認可を受けていません
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
または、付属英語学校からのPathway進学も可能
進路日本の高校卒業資格

コース内では、コアユニットを6つ、選択科目を11つ取得し、合計で17個の科目を受講します。主な科目は下記となります。
必須科目
CertificateIIIの必須科目
  • 環境的に持続可能な作業方法を実施及び監視方法
  • WHSのコミュニケーションとコンサルテーションの効果的な参加方法
  • ICT環境での効果的な仕事とコミュニケーション
  • ユーザードキュメント(マニュアル等)の作成
  • OSのインストールと最適化
  • 標準的な診断テストの実行
Diplomaの必須科目
  • ICT環境における著作権、倫理、プライバシーへの貢献
  • ICTのニーズを組織の戦略的方向性を一致させる方法
  • 複雑なICTネットワークの設置と管理
  • 持続可能なICTシステムのための仮想化サーバーの導入
  • ICTネットワークアーキテクチャ設計方法
  • 選択科目
    CertificateIIIの選択科目
    • 内部ハードウェアコンポーネントの接続
    • ネットワークシステム管理の提供
    • ネットワークの問題点の特定と対策
    • ネットワークオペレーティングシステムの設定と管理
    • ネットワーク周辺機器の管理
    • ネットワークプロトコルのインストールと管理
    • サーバーをインストールして管理する
    • コンピュータのハードウェアのケア
    • 基本的なシステム管理の提供
    • 機器やソフトウェアのメンテナンス
    • 小規模オフィスやホームオフィスのネットワークのインストール、設定、セキュリティ確保
    Diplomaの選択科目
    • 有効な認証プロセスのインストールと維持
    • 統合サーバーソリューションの設計と実装
    • ネットワークサーバーの設計、構築、テスト
    • 中規模企業向けルーターのインストール、操作、トラブルシューティング
    • 中規模企業向けスイッチの設置、操作、トラブルシューティング
    • ICTネットワークのセキュリティ境界線の設計と実装
    • ネットワークセキュリティの管理
    • システムのセキュリティを管理する
    • 企業の仮想コンピューティング環境を構成する
    • 企業の仮想コンピューティング環境の管理
    • 企業の仮想コンピューティング環境の導入

    また、Diploma終了後に、「Bachelorに進む時間はないが、もう少しネットワークの分野を学びたい」と考えた場合、半年間のAdvanced Diplomaコースを受講することも可能です。
    学校名TAFE NSW
    コースAdvanced Diploma of Network Security
    期間6ヶ月
    入学日1月、7月
    費用半年間で9,570ドル(1ドル75円計算で約74万円)
    認定機関ACSの認可を受けていません
    英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
    または、付属英語学校からのPathway進学も可能
    条件日本の高校卒業資格及び、Diploma of Information Technology Networkingを修了していること

    大学 3年コース
    学士課程では主に3年間のカリキュラムが組まれており、クイーンズランド大学では、Bachelor of Information Technologyのシングルメジャーとして、Computer Systems and Networksが開講しています。

    多数のコンピュータ上でセキュリティ、ネットワーク、オペレーティングシステムがどのように制御されるかというネットワークの基礎的な点から、プログラミング、コンピュータアーキテクチャ、コンピュータネットワーク、ネットワークプログラミング、分散コンピューティング、システムセキュリティ等に焦点を当てたカリキュラムが組まれています。
    学校名クイーンズランド大学
    コースBachelor of Information Technology(Computer Systems and Networks)
    期間3年間
    入学日1月、7月
    費用1年間で46,928ドル=3年間で140,784ドル(1ドル75円計算で約1,055万円)
    認定機関ACSの認可を受けています
    インターンシップWork placementがコース内に含まれます
    英語IELTS overall 6.5(各セクション6.0以上)
    または、付属英語学校からのPathway進学も可能
    条件日本の高校卒業資格及び、IES Foundationを修了していること(または修了相当の学力が証明できること)
    IB Scoreであれば32点

    グリフィス大学でも、Bachelor of Information TechnologyのMajor(主専攻)として、Networks and Securityが選択できます。

    グリフィス大学の特徴としては、合計で3年間で卒業できる点があげられます。先述したクイーンズランド大学は、日本人留学生の場合、ファウンデーションコース経由での進学を求められることが多いため、卒業まで4年間が必要ですが、後述するグリフィス・カレッジ経由の進学を含め、3年で卒業できるのは留学費用を抑える上でもオススメです。

    また、グリフィス大学はコース終了までに240クレジットポイントを取得する必要がありますが、そのうち20クレジットポイントのWork Integrated Learning(企業インターンシップ)が含まれています。これは、インダストリー・アフィリエイト・プログラム(IAP)またはチームベースのインダストリー・プロジェクト・モードのいずれかとして受講することができます。

    多くの方はIAPを希望しますが、IAPは、業界ベースのプロジェクトに参加し、実際に企業の職場で働くプログラムです。職場への出席要件は、週20時間 X 12週間=合計で240時間になりますので、実践力を身につけるためにはも十分な期間といえます。
    学校名グリフィス大学
    コースBachelor of Information Technology(Networks and Security)
    期間3年間
    入学日1月、7月
    費用1年間で31,000ドル=3年間で93,000ドル(1ドル75円計算で約710万円)
    認定機関ACSの認可を受けています
    インターンシップコース内に含まれます
    英語IELTS overall 6.5(各セクション6.0以上)
    または、付属英語学校からのPathway進学も可能
    条件日本の高校卒業資格

    また、グリフィス大学では、グリフィス・カレッジからの2年次編入(カレッジ1年+大学2年)という方法で進学することも可能で、その場合英語力基準はIELTS5.5から入学することができるため、英語力が若干不足している留学生にとっては、候補としやすいと思います。

    また、多くの大学では上記のように3年のコース・カリキュラムを組んでいますが、TAFEやカレッジ経由で進学する場合、Diplomaコースを1年終了後、大学の2年時に編入→合計で3年間で卒業することも可能です。
    専門学校1年+大学 2年コース
    カレッジ名グリフィス・カレッジ
    コースDiploma of Information Technology
    期間8ヶ月
    入学日2月、7月
    費用1年間29,500ドル(1ドル75円計算で約221万円)
    認定機関ACSの認可を受けていません
    英語IELTS5.5(リーディングとセクション5.0以上)
    または、付属英語学校からのPathway進学も可能
    条件日本の高校卒業資格

    大学名グリフィス大学
    コースBachelor of Information Technology (Software Development)
    期間2年
    入学日2月、7月
    費用1年間31,000ドル(2021年度)X2年間=62,000ドル(1ドル75円計算で約465万円)
    認定機関ACSの認可を受けています
    英語Diplomaで規定の成績を収めた場合免除
    学歴Diplomaで規定の成績を収めた場合免除

    その他、クイーンズランド工科大学のBachelor of Information Technology などでは、IT Extension Minorsとして、Networks and Security developsを選択することができ、基本的なネットワーク技術と情報セキュリティの原則、また、通信インフラに関連する知識とスキルを学ぶことができます。
    大学院 1.5〜2年年コース
    修士課程(Masterコース)では、保持している学士号や職歴等によって大学院の期間も変わります。

    その中でシドニー工科大学(UTS)は、14年以上にわたってCisco systemsとパートナーシップを結んでおり、現在もCisco Networking AcademyとCisco Networking Academy Instractor Centre(トレーニングセンター)が開講しています。その中で、Master of Information Technology(Extension)では、いくつかの専攻を選ぶことが可能ですが、Internetworkingでは、ITプロフェッショナルのための専門的な技術または管理分野における情報技術の他、ルーティング、スイッチング、セキュリティ、ワイヤレス、VoIPなど、Cisco systemsが提供する機器を使用して、実践的な学習ができます。

    また、学生はUTS/Cisco Networking Academy Program内でCCNA(Cisco Certified Network Associate)とCCNP(Cisco Certified Network Professional)の認定試験を受けることができ、その試験対策自体をコース内で学ぶこともできます。

    大学名シドニー工科大学
    キャンパスシドニー
    コースMaster of Information Technology (Extension)-Internetworking
    期間2年
    入学日2月,7月
    費用1年間 43,580ドル(2021年度)X2年間=87,160ドル(1ドル75円計算で約654万円)
    認定機関ACSの認可を受けています
    英語IELTS6.5(リーディングとセクション6.0以上)または、TOEFL iBT69(ライティング21以上)
    または、付属英語学校からのPathway進学も可能
    成績基準IT系以外の学士号を保持していること

    また、UTSのMaster of Science in Internetworking (Extension)もオススメです。こちらのコースでもMaster of Information Technology(Extension)と同じく、ルーティング、スイッチング、セキュリティ、ワイヤレスなどのカリキュラムが組まれている他、選択科目として、設計、実装、セキュリティ、管理、エンドシステム、アプリケーションなど、ネットワークの組織的な利用を時の知識もカバーしています。

    このコースも、科目内でCisco CCNAとCCNP認定資格の準備をすすめるオプションがあります。

    大学名シドニー工科大学
    キャンパスシドニー
    コースMaster of Science in Internetworking (Extension)
    期間2年
    入学日2月,7月
    費用1年間 43,580ドル(2021年度)X2年間=87,160ドル(1ドル75円計算で約654万円)
    認定機関ACSの認可を受けています
    英語IELTS6.5(リーディングとセクション6.0以上)または、TOEFL iBT69(ライティング21以上)
    または、付属英語学校からのPathway進学も可能
    成績基準IT系以外の学士号を保持していること

    また、上記いずれのコースも2年間のカリキュラムですが、ITの学士号を保持している場合は1.5年に短縮も可能です。

    メルボルンに位置する、ディーキン大学もおすすめです。ディーキン大学のMaster of Information Technologyでは、Specialisationsのサブジェクトが用意されており、この中のNetworkingの科目ではCCNAやCCNP関連の科目を取ることが可能です。

    大学名ディーキン大学
    キャンパスメルボルン
    コースMaster of Information Technology(Professional)
    期間2年
    入学日2月,7月
    費用1年間 35,000ドル(2021年度)X2年間=70,000ドル(1ドル75円計算で約525万円)
    認定機関ACSの認可を受けています
    英語IELTS6.5(リーディングとセクション6.0以上)または、TOEFL iBT69(ライティング21以上)
    または、付属英語学校からのPathway進学も可能
    成績基準IT関連の学士号を保持している。またはGraduate Certificagte of Information Technologyを終えていること

    また、上記のほかIT系の学士号を保持している方や、他分野の学士号を保持しつつも2年間の実務経験がある場合、1.5年にコースを短縮(Master of Information Technology)することも可能です。


    コース終了後の主なキャリア

    オーストラリア政府のJoboutlook Serviceによると、ネットワーク系の職業は引続き高水準を維持しています。

    また、ネットワーク分野の他、下記の分野で活躍することができます。
    • Computer Engineer
    • Database Administrator
    • Help Desk Operator Information Technology Support Technician
    • Network Administrator
    • Network Designer
    • Network Engineer
    • Network Manager
    • Network Support Technician
    • Support Technician
    • Systems Administrator
    • Systems Designer
    • Web Site Administrator

    ネットワークエンジニアを目指すなら

    「ネットワーク」と言っても、数年前とは大きく環境が変わりました。以前は社内でサーバーを立ち上げ「社外からのアクセスは禁止!ローカル環境でデータを保守する」という企業も多くありましたが、現在はGoogleやAmazon Web Service、Microsoft Azureなどクラウド系のサーバーが普及しています。

    このクラウド系のサーバー利用が増えたことで、設計を1から作るということはなく、既存のクラウドサービスをもとにネットワーク環境を構築することが多くなりました。

    ただ、データがクラウド化したことで、外部からのアクセスリスクも高まりました。これにより、不正アクセスの防止や、通信量増大によるネットワークトラフィック解消など、以前にはなかった新たな仕事が生まれてもいます。その為、近年はCyber Securityの知識も求められるようになりつつあります。

    2020年現在、ネットワークのインフラは企業にとって常に生命線です。インターネットがつながらなかったら仕事にならないという企業もたくさんあります。「安全&安定して情報を提供する」という点は、どの会社も最優先事項としています。

    ただ、安全な環境を維持するのは、決して難易度の低い業務ではありませんし、上記のどの仕事もネットワーク環境を保守する上でも欠かせない仕事です。ネットワーク技術者には、様々な分野に渡る多くのスキルが求められますが、今後もネットワーク環境の種類や、ネットワーク上のデータ量が増えるのに伴い、ネットワーク技術者が必要とされると考えるべきでしょう。

    ネットワークは,企業に,家庭に欠かすことができない重要な社会的インフラです。この「⁠使えて当たり前」のネットワークを、トラブルなくかつ安全に運用するために,ネットワークエンジニアは不可欠な存在です。

    豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
    (QEAC登録番号I008)
    2020年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は17年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。 このカウンセラーに質問する

    サイトのご利用について

    当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

    お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

    無料メール相談

    平日24時間以内にご返信いたします

    お電話での留学相談はこちら