オーストラリアで保育士

オーストラリアで保育士を目指す

保育士は、子供たちの生活全般(食事や睡眠、おトイレ、清潔さ、衣類の着脱など)の基本的な生活習慣を身につけさせる他、幼児教育を元に心身の発達を促し、社会性を養います。つまり、子供の成長にとって、特に重要な役割を担っている仕事です。

当社も日々多くの方から「オーストラリアで保育士になる為には?」という内容のお問い合わせを頂いておりますが、「子供が好き」「子供に関わる仕事がしたい」という方には、是非オススメしたい職業です。
また、こちらの、オーストラリアのチャイルドケア事情でも、書かせていただいてますが、オーストラリアはチャイルドケアセンターの費用が高額(利用者としてはこの点はなんとかしてほしい)のですが、言い換えれば、オーストラリアで保育士として働く場合は、しっかりとしたお給料がもらえるということでもあります。

もちろん、フルタイムやパートタイム、カジュアルなど、ポジションによってもお給料は違いますが、やりがいのあるお仕事という点は間違いないと言えます。

更に近年は、共働き家庭の増加、女性の出産・育児休暇後の早期社会復帰という点に加え、オーストラリアの人口増加率と子供の出生率が高い数値を維持しており、チャイルドケアセンターの利用希望者も年々増加しています(チャイルドケアセンターの利用が数ヶ月待ちということもチラホラ)。

ただ、実際問題としては、チャイルドケアセンターはオーストラリアの利用者増加に、保育士の採用が追いついていないのが現状で、オーストラリア国内でも「チャイルドケアセンターの人手不足」が大きな問題とされています。オーストラリアも国の方針として積極的にチャイルドケアセンターを増やすことを推奨していますし、幼児教育のカリキュラム変更も推し進めています。

が、それでもまだまだ人で不足は解消されず、オーストラリア国内はもちろん、海外からも保育士を募集するため、海外留学生向けのコースが多くの専門学校で開講されています。ただ、ここで注意頂きたいのは、”保育士の資格保持者が足りない”のではなく、”保育士として働いてほしい人材”が少ない点が挙げられます。

オーストラリアの保育士資格を取得する

日本の保育士は「児童福祉法」で定められた国家資格になるため、保育士としての資格を得るためには、「厚生労働大臣の指定する保育士を養成する学校を卒業すること」または、「保育士試験に合格すること」が必要となります。

ですが、オーストラリアでは違います。日本であれば後者に相当する「保育士試験に合格する」という方法がありません。

厳密には、Certificate 3 in Early childhood Education and Care以上(または相当)のコースを終了することで、保育士として働くために最低限必要な資格で、このコースを終えれば保育の補助をすることができます。
このCertificate3以上のコースはTAFEなどで開講されており、通常、Certificate 3 in Early childhood Education and Careは、6−9ヶ月。Diploma of Early Childhood Education and Careは15ヶ月前後として、コースを合計1.5〜2年間程度で修了出来ます。

また、日本で取得した単位や、資格の切り替えも認められる場合はあります。ただ、この点は後述する「単位免除や、日本の保育士資格切り替え」の項目をご確認ください。

チルドレンサービスの専門コースに進むための入学資格

英語力

サティフィケートまたはディプロマ・レベルのコースはIELTSであれば、アカデミックモジュールで5.5ポイント(5ポイント以下の項目がないこと)、またはTOEFL 530が必要となります。ISLPRと呼ばれる検定試験であれば2+以上が必要です。目安となる各検定試験の入学英語力条件は、下記を参考にしてください。

検定試験スコア
IELTS5.5(各スコア5.0以上)
TOEFL-PBT506点以上
TOEFL-IBT62点以上(R/L/Sは14点以上、Writingが16点以上)
PTE46点以上
CambridgeFCEもしくはCAEレベルで162点以上
英検準一級

保育士コースに限ったことではありませんが、挨拶程度の英語力からIELTS5.5〜6.5ポイントを目指す場合、10~12ヶ月程度は英語学校に通う必要があります。その他、付属や提携の語学学校経由で入学することもできますが、語学学校経由のダイレクトエントリーコースに参加するためにも英語力は必要になりますから、やはり、10~12ヶ月を一つの目安にして頂くのが一番です。

もちろん、英語力の向上は個人差がありますから、入学基準をギリギリクリアできる英語力で本科コースに入学しても、授業について行くのは大変ですから、余裕を持って英語コースをスタートしましょう。特に保育士として働く場合、お子さんの状況を親御さんに説明する機会も多々ありますので、しっかりとした英語力を身に着けた上で進学いただくことをオススメしています。

Working with Children Check

オーストラリアでは、18才未満の子供達に携わる仕事に携わる場合(ボランティア活動含む)、Working with Children Checkと呼ばれる資格を取得しなければなりません。いわゆる、対象者の過去の情報から「子供と接する仕事をするのにふさわしいかどうか」の判断がされ、登録書となりますが、通常は保育士コース開始前に申請を行い、1ヶ月以内に受け取る仕組みです。

保育士コースの授業内容

オーストラリアの保育士に関連するコースは、大きく分けて「Certificate3」「Diploma」「Bachelor」のコースに分かれ、それぞれカリキュラムが組まれています。

Certificate 3 in Early childhood Education and Careのコースでは、オーストラリアの幼児教育の枠組みとなる、Early Years Education Frameworkを使用し、子供の学習活動の発展を導く方法を学びます。また、様々な状況で幼児や未就学児のケアができるようになる、実習時間(120時間前後)が組み込まれているのも特徴です。また、創造的に学べる教育環境についても学ぶことができます。

このCertificate3のコースは、 チャイルドケアセンターで働くときに、最低限必要な資格になり、このコースを終えると、保育の補助的なお仕事ができます。

ただ、上記のCertificate 3 in Early childhood Education and Careは、まさに保育士としての”基礎”を学ぶことになり、リーダーなどの補助的な役割まで。実際働くとなりますと、知識や経験不足は否めません。

その為、多くの方は、Diploma of Early Childhood Education and Careに進学します。このDiplomaコースではCertificate3の知識をベースとし、スキルや知識を更に身につけることができます。また、実習時間も360時間以上が組まれており、教育的環境や、実践の理解をしっかりと学べます。また、オーストラリアで認可されたカリキュラムを計画、実行するための知識を身につけるのも、このDiplomaコースからとなります。

Diplomaコースを終えると、クラスを担当することができます(教師ではありません。あくまでクラスの担当)。カリキュラムの作成をふくめ、クラスのリーダーとして働くことができます。

そして、オーストラリアも日本と同じく、”保育士”と”幼稚園教諭”では明確な違いがあります。これが、Bachelor(学士課程)コースです。

幼稚園教諭を目指す場合は、大学などでBachelor of Education(Early Childhood-4年間)などの、学士課程を終了する必要があり、資格取得後は小学校入学前の子供達(Kindyクラス)を教えることができます。

残念ながら、専門学校ではこの幼稚園教諭資格を得ることはできません。その為、幼稚園教諭資格取得を目指している方は大学進学を視野に入れていただければと思います。

つまり、Certificate3のコースでは基礎となる最低限必要な実習と知識を身につけ、Diplomaコースでは、リーダーシップ力も含め、その知識を活かす方法を学ぶためのカリキュラムが組まれているとお考えください。

下記はブリスベンのTAFE QLDで開講されているDiploma of Early Childhood Education and Care)の授業内容です。いずれも、チャイルドケアで働くために必要な知識となりますが、必須科目と選択科目にわかれ、その中に実習が含まれます。

必須科目

CHCDIV002Promote Aboriginal and/or Torres Strait Islander cultural safety
CHCECE001Develop cultural competence
CHCECE002Ensure the health and safety of children
CHCECE003Provide care for children
CHCECE004Promote and provide healthy food and drinks
CHCECE005Provide care for babies and toddlers
CHCECE007Develop positive and respectful relationships with children
CHCECE009Use an approved learning framework to guide practice
CHCECE016Establish and maintain a safe and healthy environment for children
CHCECE017Foster the holistic development and wellbeing of the child in early childhood
CHCECE018Nurture creativity in children
CHCECE019Facilitate compliance in an education and care service
CHCECE020Establish and implement plans for developing cooperative behaviour
CHCECE021Implement strategies for the inclusion of all children
CHCECE022Promote children's agency
CHCECE023Analyse information to inform learning
CHCECE024Design and implement the curriculum to foster children's learning and development
CHCECE025Embed sustainable practices in service operations
CHCECE026Work in partnership with families to provide appropriate education and care for children
CHCLEG001Work legally and ethically
CHCPRT001Identify and respond to children and young people at risk
HLTAID004Provide an emergency first aid response in an education and care setting
HLTWHS003Maintain work health and safety

選択科目

BSBINN502Build and sustain an innovative work environment
CHCINM002Meet community information needs
CHCPRP003Reflect on and improve own professional practice
CHCPRP004Promote and represent the service
CHCECE029Respond to problems and complaints about the service

実習

M00VPC120 X 3Vocational Placement Scheme(120時間の労働実習X3回=360時間)

保育士コース修了後の就職先

Certificate3以上のコースを修了した学生は、オーストラリアで保育士として働くための資格が与えられます。また、2年間(92週以上)の政府認定コースを終了し、英語力基準もクリアすると、卒業生ビザの申請条件の一つを満たす(2018年現在)ことができるため、その後現地で働くチャンスを得ることができます。また、Diplomaコース終了後は、下記の職業につくことが認められています。
  • Child Care Centre Group Leader
  • Child Care Worker
  • Day-care Assistant
  • Child Care Centre Manager
  • Childhood Educator
  • Early Childhood Educator

単位免除や、日本の保育士資格切り替え

まず、過去の経験、学歴、職歴などにより、コースの単位免除(RPL)を受けられる場合があります。これには日本の専門学校、大学などの学歴に加え、ボランティア、ワークエクスペリエンス、アルバイトなども含まれますが、日本とオーストラリアでは必須科目が大きく違うということもあり、免除対象にならないことがほとんどです。

また、仮に単位免除の申請を希望する場合には、卒業された専門学校の在学証明や職場からの在職証明など、経験や資格を証明する書類が必要です。

加えて、日本で保育士としての資格を保持している場合ですが、”保育士資格”を”オーストラリアのCeritificate3卒業資格”に切り替えることはできません。重要なのは、保育士資格を取得するまでに取得した”単位”になるため、保育士資格自体は査定対象にならないためです。

ただ、仮に日本の大学などで取得した保育児童学科などの単位を元に、査定団体の判断を仰ぐことはできるのですが、実際問題として、日本とオーストラリアでは、保育士として必要なカリキュラムが違います。その為、日本の大学で取得した単位が、Certificaet3やDiplomaコース入学の単位免除の対象になることはあっても、資格としては認められないことがほとんどです。

また、現地のコースに通わずに、上記のような日本の学歴を元にした査定を希望する際は、特に高い英語力(IELTS7〜8相当の英語力)も合わせて求められます。チャイルドケアセンターで働くことを目指すクラスメイトのコネクション作りという点を考えても、保育士を目指す場合はオーストラリアでしっかりと専門コースに通うことをオススメしたいと思います。

保育士コースについて

保育士コースを開講している学校をいくつかご紹介しています。是非参考にしてください。

TAFE QLD

TAFE QLDでは、現在ブリスベン、ゴールドコースト、サンシャインコースト、タウンズビル、トゥーンバ、ケアンズ地区のキャンパスでコースが開講されていますが、キャンパスにより取得する科目や条件がかわります。また、キャンパスによってコース期間や研修先も変わり、例えばゴールドコーストキャンパスなどは、日英バイリンガル園とも提携があります。
コース名 Certificate III in Early Childhood Education and Care
都市 ブリスベン/ゴールドコースト/タウンズビル
期間 1年間
授業料 6,000ドル
英語力 Academic IELTS 5.5 (各バンド 5.0)以上, TOEFL iBT 46 以上
入学条件 日本の高校卒業
入学時期 1月後半、7月

コース名 Diploma of Early Childhood Education and Care(Certificate III Package)
都市 ブリスベン
期間 2年間
授業料 18,000ドル(パッケージ価格)
英語力 Academic IELTS 5.5 (各バンド 5.0)以上, TOEFL iBT 46 以上
入学条件 日本の高校卒業
入学時期 1月後半、7月

4 Life college

私立専門学校となる、4Life Collegeではシドニー、ブリスベン、メルボルン、パースで専門コースを開講しており、TAFEよりもアットホームな環境で学ぶことができます。また、費用面を抑えることができるのも魅力の一つです。
都市 シドニー/ブリスベン/メルボルン/パース
コース名 Diploma of Early Childhood Education and Care
期間 2年間
授業料 15,115ドル
英語力 Academic IELTS 5.5 (各バンド 5.0)以上, TOEFL iBT 46 以上
入学条件 日本の高校卒業
入学時期 1月後半、7月

MEGT Institute

都市 メルボルン/シドニー
コース名 Certificate III in Early Childhood Education and Care
期間 33週(25週間+8週間のホリデー)
授業料 6,100ドル
英語力 Academic IELTS 5.5 (各バンド 5.0)以上
入学条件 日本の高校卒業
入学時期 1月、4月、7月、10月

都市 メルボルン/シドニー
コース名 Diploma of Early Childhood Education and Care
期間 9ヶ月
授業料 24,400ドル
英語力 Academic IELTS 5.5 (各バンド 5.0)以上
入学条件 日本の高校卒業
入学時期 1月後半、7月

Swinburne University

多くの私立&州立専門学校でも幼児教育コースは開講されておりますが、実際にチャイルドケアセンターでの就労経験の長い教員から学ぶ事が出来、現在のチャイルドケアセンターの現状や思いがけないトラブルが起きた際の対応方法のアドバイスなど受ける事が出来ます。

またビクトリア州政府はチャイルドケアセンターの教育プログラム、安全衛生管理、環境、職員などを定期的に査定されております。「大幅な改善が必要」と判断されてしまった場合は運営停止になるなど、どのケアセンターでも技術の高い職員を求めています。スインバン大学はチャイルドケアセンターからの教育内容や生徒の技術にも信用も厚く、在校生から卒業生まで沢山の生徒が幼児教育業界で活躍しています。

日本人留学カウンセラーが常駐しており留学生へのサポートもしっかりしています。コースの相談から学費の支払い確認などいざ困った時に気軽に相談する事が出来るのは安心です。
コース名3Cert III in Early Childhood Education and Care
期間6ヶ月
授業料8,000ドル(1ドル81円換算で約65万円)
英語力 Academic IELTS 5.5 (各バンド 5.0)以上
入学条件 日本の高校卒業
入学時期3月、8月


授業は週3〜4日のみではありますが、多くの課題やレポートの提出がありますので、しっかりと知識を身に着けないと単位は貰えません。また6ヶ月のコースの間に実務経験が求められますが、計2箇所のチャイルドケアセンターで各2週間ずつ(週4日勤務)実際に子供たちに触れ合いながら実習をします。この実務経験(ワークプレースメント)は大学にチャイルドケアセンターをアレンジするコーディネータが常駐しており、要望や生徒が住んでいるエリアから通学しやすいケアセンターを紹介してくれます。

Diploma of Early Childhood Education and Care

入学日3月、8月
コース期間18ヶ月
学費24,000ドル(1ドル81円換算で約195万円)
入学基準IELTS5.5以上(各バンド5.0以上)、高校卒業、オーストラリア基準の緊急応急処置資格保持
*2019年3月20日現在、費用や入学条件などは変更する事もございます。

Diplomaコースも授業は週3〜4日、4週間2箇所のチャイルドケアセンターにて実習が組み込まれております。子どもの学習と育成を促進するためのカリキュラムの設計や実施、補助が必要な幼児へ家族を含めた適切な教育なども勉強をしていきます。

Bachelor of Education (Early Childhood and Primary)

入学日3月、8月
コース期間3年間(*通常4年間、Diplomaから進学される生徒さんは1年免除になります)
学費78,000ドル(1ドル81円換算で約632万円)
入学基準IELTS56.5以上(各バンド6.0以上)、高校卒業
*2019年3月20日現在、費用や入学条件などは変更する事もございます。


TAFE SA

アデレードではTAFE SAのRegencyキャンパスでコースが開講しており、CertificateとDiplomaのそれぞれのコースが開講されています。
都市 アデレード
コース名 Certificate III in Early Childhood Education and Care
期間 9ヶ月
授業料 6,100ドル
英語力 Academic IELTS 5.5 (各バンド 5.0)以上
入学条件 日本の高校卒業
入学時期 1月後半、7月

都市 アデレード
コース名 Diploma of Early Childhood Education and Care
期間 9ヶ月
授業料 24,400ドル
英語力 Academic IELTS 5.5 (各バンド 5.0)以上
入学条件 日本の高校卒業
入学時期 1月後半、7月

North Metropolitan TAFE(TAFE WA)

パースのLEEDERVILLEの地区に位置する。 North Metropolitan TAFEでは、CertificateとDiplomaコースのそれぞれを開講していますが、他都市よりも若干英語力基準が高くなるため、しっかりと英語力を身に着けた上で進学ください。

また、日本の最終学歴が高校卒業以上の場合は、直接Diplomaコースへの進学が可能となり、その場合コース期間は1.5年(18ヶ月)となります。または、Certificate3経由でDiplomaコースを進学する場合は、それぞれが1年間のコースとなるため、合計2年間のカリキュラムが組まれることになります。
都市 パース
コース名 Certificate III in Early Childhood Education and Care
期間 1年間
授業料 13,440ドル
英語力 Academic IELTS 6.0 (各バンド 5.5)以上
入学条件 日本の高校1年または2年を修了していること
入学時期 1月後半、7月

都市 パース
コース名 Diploma of Early Childhood Education and Care
期間 1年〜1.5年
授業料 13,440ドル
英語力 Academic IELTS 6.0 (各バンド 5.5)以上
入学条件 日本の高校を卒業していること、またCertificate3を修了していること
入学時期 2月、7月
*2019年3月20日現在、費用や入学条件などは変更する事もございます。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I008)
2019年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は16年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら