【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

オーストラリアでランドスケープアーキテクト

ランドスケープアーキテクトという 街と自然の景観スペシャリストな職業が誕生して、まだ100 年くらいしか経っていないのだそうです。建築士や土木技術者などに比べれば、明らかにまだまだ耳慣れない言葉であり新しい職業ですが、ここオーストラリアでは日本よりも遥かに認識された職業の一つでもあります。
「研究、計画、設計、構築された環境から影響される内外の環境や分野、空間開発管理、それらの保全と持続可能性についての専門家」と言う定義になります。この専門職としての定義はジュネーブ国際労働機構によるランドスケープアーキテクトという職業の国際標準分類に基づいています。

過去、日本ではランドスケープアーキテクトを「造園家」と呼んでいた時期もありますが、ランドスケープアーキテクトは、上記の通り、造園に関する知識や技術はもちろんのこと、エコロジカルな観点での環境配慮、都市計画、都市デザインの知識や手法も必要とされ造園家というだけでは説明できません。例えると、都市の公共空間である広場などは、緑があれば事足りるわけではなく、そこには交通機関もあり、防災の観点、排水などの衛生、さらには公共の情報発信の場など、様々な観点から、広場をデザインする必要があり、建築士や土木技術者との協同作業が必要です。現在では日本でも「ランドスケープアーキテクト」とそのまま呼ばれるようになりました。

目次

ランドスケープアーキテクトとランドスケープデザイナーの違い

日本では、ランドスケープアーキテクトとランドスケープデザイナーと同じと捉えている場合が多いですが、オーストラリアを含め英語圏では資格と業務範囲が異なっています。

ランドスケープデザイナー / Landscape Designer

ランドスケープデザイナーを名乗るのに資格は必要ありません。専門知識とスキルは基本的にTAFEなどの専門学校で造園コース(Diploma of Landscape Design) などで学べます。
業務範囲は、小規模で住宅やプライベートな空間で、美しい・楽しい造園風景を作成することです。 クライアントへ自生植物、芝生のケア、持続可能な植栽知識から"ソフトスケープ (木、花、芝生、水などの自然物)”の提案や実施、または "ハードスケープ(通路、パティオ、プール、屋外リビング、照明やフェンスなど含む)”について相談や施行します。平均年収は 年間 75,000ドルほど。

ランドスケープアーキテクト / Landscape Architect

ランドスケープアーキテクトは、「Australian Institute of Landscape Architects」の認可を受けたBachelor 以上のコースを終えた人が ランドスケープアーキテクト として登録できる権利を得ます。

ランドスケープアーキテクトは、公園、散歩道、ランニングコース、トレッキングコース、ストリートスケープ、広場、運動場、大学のキャンパスプロジェクト、新興住宅地区の開発プロジェクトなど、大きな仕事内容が活躍の場になります。業務として多方面に渡ります。植物と自然環境、建物や歩道のような構造物の両方を考慮して、両立する機能的な方法の調査、計画の実施、また、公共スペースでは、排水やエネルギー使用に関連する法律・条例・規制の知識も必要など、それらも含めた専門家です。平均年収は 年間 87,000ドルほどでシニア・ランドスケープアーキテクトになると 年収11万ドルを超える専門家もいます。

大学でランドスケープアーキテクトを学ぶ

上記の通り、オーストラリア国内で、ランドスケープアーキテクトとして活躍したい場合、認定団体 AILA(Australian Institute of Landscape Architects) の認可を受けた大学の学士号・修士号を修了することが第1歩になります。全豪の中では、学士、修士含め、9大学のみです。

進学のパターンは2つのみで、[1]学士号(4年/Honors Degree), [2]学士号(3年)+修士号(2年)、 のいずれかになります。

学士号(4年Honours)の場合

オーストラリアの大学の学士号の中では、3年間の Bachelor of Landscape Architecture 、Bachelor of Landscape Architectural Design、 Bachelor of Design(Landscape Architecture) など、いくつかの大学でコースを開講しておりますが、AILA認可の学士号は、シドニー工科大学、NSW大学の2つしかありません。

弊社では シドニー工科大学をオススメします。
NSW大学ですと、学士号開始前に Foundation コースの履修が必要ですが、シドニー工科大学では、付属カレッジの Diploma of Design & Architecture 経由での進学が可能で 1年次の36単位分を認定してもらうことで、学費を抑えることができるのが最大のメリットです。
大学名シドニー工科大学
キャンパスシドニー
コースBachelor of Landscape Architecture (Honours)
期間4年
入学日2月
費用1年間38,736ドル(2020年度)X4年間=154,944ドル(1ドル70円計算で約1,084万円)
認定機関AILAの認可を受けています
英語IELTS6.5(各セクション 6.0以上)
または、付属英語学校からのPathway進学も可能
学歴UTS Insearch Diploma of Design & Architecture を終えることで 1年次(36Credit認定)へ進学

修士号を開講している大学

ランドスケープアーキテクトを目指す際、デザイン科目はもちろんのこと、生態学、環境、建設、図面、原住民文化、土地管理、など広範囲な分野から様々なことを学ぶ必要がありますので、3年間のLandscape Architecture、または Design(Landscape Architecture) のコースを学んだのち、2年間の修士号へ進学するのが一般的な流れになります。

オーストラリアの大学の修士号では、シドニー工科大学、NSW大学、RMIT大学、ディーキン大学、メルボルン大学、アデレード大学、西オーストラリア大学 の7大学院にて認可コースが開講しています。
大学名シドニー工科大学
キャンパスシドニー
コースMaster of Landscape Architecture
期間2年
入学日2月
費用1年間38,736ドル(2020年度)X2年間=77,472ドル(1ドル70円計算で約542万円)<
認定機関AILAの認可を受けています
英語IELTS6.5(各セクション 6.0以上)
または、付属英語学校からのPathway進学も可能
学歴UTS Bachelor of Landscape Architecture を GPA 2.5 以上の成績で修了
または、
建築、ランドスケープアーキテクチャ、アーバンデザイン、インテリアアーキテクチャなど建築環境の設計分野における学士号をGPA2.5以上の成績で修了していること
大学名RMIT大学
キャンパスメルボルン
コースMaster of Landscape Architecture
期間2年
入学日2月
費用1年間39,360ドル(2020年度)X2年間=78,720ドル(1ドル70円計算で約551万円)
認定機関AILAの認可を受けています
英語IELTS6.5(各セクション 6.0以上)
または、付属英語学校からのPathway進学も可能
学歴RMIT大学の Bachelor of Landscape Architectural Design をGPA2.5 以上の成績で修了
または、
建築もしくは造園、または関連するデザイン分野で学士号を終えていること(学業成績とポートフォリオ、Selection Task をもとに選考)/td>
大学名ディーキン大学
キャンパスメルボルン
コースMaster of Landscape Architecture
期間2年
入学日2月
費用1年間35,000ドル(2020年度)X2年間=70,000ドル(1ドル70円計算で約490万円)
認定機関AILAの認可を受けています
英語IELTS6.5(各セクション 6.0以上)
または、付属英語学校からのPathway進学も可能
学歴建築もしくは造園、または関連するデザイン分野で学士号を WAM 60%以上の成績で終えていること
または
ポートフォリオと過去の制作物・業績
大学名メルボルン大学
キャンパスメルボルン
コースMaster of Landscape Architecture
期間2年 または 3年
入学日3月、8月(2年コースのみ)
費用1年間42,784ドル(2020年度)X2年間=85,568ドル(1ドル70円計算で約599万円)
費用1年間42,784ドル(2020年度)X3年間=128,352ドル(1ドル70円計算で約898万円)
認定機関AILAの認可を受けています
英語IELTS6.5(各セクション 6.0以上)
または、付属英語学校からのPathway進学も可能
学歴 2年コース:ランドスケープアーキテクチャー学士号を WAM 65%以上の成績で修了 + 小論文(志望動機)+ポートフォリオ(必須)
または
3年コース:学士号(学部不問)を WAM65%以上の成績で修了+小論文(志望動機) + ポートフォリオ(学士履修教科にて25%以上のデザイン分野を履修済みの場合)
ポートフォリオ MSD Design Portfolio Requirements
大学名アデレード大学
キャンパスアデレード
コースMaster of Landscape Architecture
期間2年
入学日2月、7月
費用1年間37,000ドル(2020年度)X2年間=74,000ドル(1ドル70円計算で約518万円)
認定機関AILAの認可を受けています
英語IELTS6.5(各セクション 6.0以上)
または、付属英語学校からのPathway進学も可能
学歴 アデレード大学建築デザイン学科の学士課程を 60%以上の成績で卒業
または、
または関連する学士号を60%以上の成績で修了 + 履歴書 +ポートフォリオの提出
大学名西オーストラリア大学
キャンパスパース
コースMaster of Landscape Architecture
期間2年
入学日2月、7月
費用1年間53,100ドル(2020年度)X2年間=106,200ドル(1ドル70円計算で約743万円)
認定機関AILAの認可を受けています
英語IELTS6.5(各セクション 6.0以上)
または、付属英語学校からのPathway進学も可能
学歴建築もしくは造園、または関連するデザイン分野で学士号を WAM 60%以上の成績で終えていること

弊社オーストラリア留学センターではNSW大学のご案内とお手続きは行っておりません。NSW大学をご希望の方は、大学まで直接お問合せくださいませ。

こんな人にランドスケープアーキテクトはオススメ

まだまだ、日本では認知度は低いですが、街と自然の景観スペシャリストとなるべく、実際にこれらの分野を学ぶために、オーストラリアを含め、海外の大学への進学を志す人も多く、卒業後は様々な分野で活躍されています。

ランドスケープアーキテクトは、都市開発や大きな建造物(大学のキャンパスなど)に関わる仕事が多くなりますので、一つ一つ進めていく根気強さ、そして建築家、土木技術者、行政、住民、など多くの人との関わりお持つことになりますので、コミュニケーション能力に自信のある人にもオススメです。 

そして、何よりも ランドスケープアーキテクトを目指す人は、環境保全への意識が高い人です。ただ、自然と人間生活の空間・景観を扱う仕事であることから、自然を愛しつつも共存できるイメージをデザインに反映する訓練をしておくと良いかもしれません。また、現時点で造園業に従事しており、キャリアアップを目指す方には、ぜひ修士号に挑戦してほしいです。


留学相談&お問い合わせ先

当社オーストラリア留学センターは全豪29大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願てつづき、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。

お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2020年5月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2020年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=75円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は15年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。オーストラリア留学センターサイトとオーストラリア留学センター・進学版サイトの中の人(企画・更新の管理責任者)です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら