【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

オーストラリアで学ぶ公衆衛生学

公衆衛生学とは?

公衆衛生(Public Health)とは患者個人を対象とするものではなく、健康課題を地域、国、地球レベルで「社会全体の問題」としてとらえ,社会や環境がわたしたち人間の健康におよぼす影響と、健康増進に向けての組織的な取り組みを学ぶ学問です。

様々な疾病に対してその原因を追究し、社会全体で組織的な予防対策を行うことで社会全体の健康を管理し、人々が心身ともに健康で長生きすることを目指します。

例えば私たちの身近な健康課題として感染症ウイルス、環境汚染、温暖化によって起こる異常気象などが挙げられます。これらの現象が人間の健康にどのような影響を及ぼすのか、またその予防と対策を研究し、行政施策への提言を行うのも公衆衛生の重要な役割の1つです。

このように「公衆衛生」は医療制度見直しや公衆衛生活動の指針とするガイドラインの作成、社会と環境のサステナビリティーなど、国の政策に繋がる社会的にも非常に意義のある分野であると言えます。

オーストラリアで学ぶ公衆衛生学

「公衆衛生学」の学問範囲は多岐に渡り、オーストラリアの大学では様々な専攻を選ぶことが出来ます(選べる専攻は大学によって異なります)。

公衆衛生学コースで学べる専攻の一例
  • Alcohol, Tobacco and Other Drugs(アルコール、タバコ、薬物)
  • Global Health(グローバルヘルス)
  • Health Promotion and Disease Prevention(健康増進と疾病予防)
  • Indigenous Health(先住民の健康)
  • Nutrition(栄養)
  • Ageing(高齢化)
  • Gender and Women’s Health(ジェンダーと女性の健康)
  • Health Program Evaluation(ヘルスプログラム評価)
  • Health Economics & Economic Evaluation(医療経済学評価)
  • Sexual Health(性と健康)
  • Health Social Sciences(健康の社会科学)
  • Infectious disease(Malaria, tuberculosis, HIV-AIDS)(マラリア、結核、HIV,SARS、コロナなどの感染症)
  • Non-communicable disease(糖尿病、肥満、冠状動脈性心臓病などの非感染性疾患)
  • Poverty(貧困)
  • Sustainability, climate change, water, environments(気候変動、水問題など発展途上国の状況や問題点、栄養と食料安全保障)
  • Maternal health and child mortality(妊産婦の健康と子供の死亡率)
  • Education(教育)
  • War(戦争)
  • Malnutrition(栄養失調)

オーストラリアで公衆衛生学を学べる大学一覧

大学名 コース名
オーストラリアン・カソリック大学 Bachelor of Applied Public Health
Master of Public Health
カーティン大学 Master of Public Health
ディーキン大学 Bachelor of Public Health and Health Promotion
Master of Public Health
エディスコーワン大学 Master of Public Health
フリンダース大学 Master of Public Health
グリフィス大学 Bachelor of Public Health
Master of Public Health
Master of Global Public Health
ジェームズ・クック大学 Master of Public Health
ラトローブ大学 Bachelor of Public Health Promotion
Master of Public Health
マッコーリー大学 Master of Public Health
クイーンズランド工科大学大学 Bachelor of Public Health
Master of Public Health
サザンクロス大学 Master of Public Health
サザンクロス大学 Master of Public Health
アデレード大学 Master of Public Health
メルボルン大学 Master of Public Health
クイーンズランド大学 Master of Public Health
西オーストラリア大学 Master of Public Health(Practice)
南オーストラリア大学 Bachelor of Health Science(Public Health)
Master of Public Health
タスマニア大学 Master of Public Health
タスマニア大学 Master of Public Health
シドニー工科大学 Master of Public Health
ウーロンゴン大学 Bachelor of Public Health
Master of Public Health
ビクトリア大学 Master of Public Health
西シドニー大学 Master of Public Health
関連コース
フリンダース大学では、ヘルス(保健)と公衆衛生、開発学を組み合わせた Master of Health and International Developmentコース(修士課程)が開講されています。「保健」の視点から発展途上国の開発に取り組む学問です。詳しくはこちらのページをご覧ください。

出願に向けての準備

1. まずは英語試験を受けましょう
まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
IELTSスコアは足りなくても出願可能です。その場合は大学付属語学学校とセットでのお申込みとなります。
2. 出願に必要な書類4点を準備しましょう
出願には下記4点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの4点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。
高校生/既卒生で、大学(学士課程)へ出願する方
  • 高校の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 高校の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー
大学生/既卒生で、大学院(修士課程)へ出願する方
  • 大学の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 大学の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー

3. 出願手続きスタート
最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式に出願手続きをスタートします。

留学相談&お問い合わせ先

オーストラリア留学センターでは、豪政府公認の留学カウンセラーがあなたの英語力やご希望に沿った留学プランを現地からご提案します。
オーストラリアで大学進学をお考えの方は、お気軽にお問い合わせフォームからご相談ください
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H318)
13歳でのメルボルン短期留学をきっかけに「英語」と「海外」に目覚め、その後カナダ(語学留学)とアメリカ(大学留学)にも留学。卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアへ再渡豪し、オーストラリア留学センターでワーペリ。帰国と同時にオーストラリア留学センター日本窓口が開設され現職へ。留学生を現地オーストラリアで「迎え入れる立場」と日本から「送り出す立場」、両側での勤務経験を通して、双方の視点からアドバイスすることを心がけています。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら