大学卒業後の大学院進学スケジュール

オーストラリアの大学院は、コースによって入学条件が変わり、進学方法も様々なパターンを考えることができます。

日本の大学卒業をして直接修士号に入学できるコースもあれば、職歴が必要だったり、Graduate CertificateやGraduate Diplomaといったコースを経由して修士号を目指す場合もあります。

修士号コースには「コースワーク」と「リサーチ」の2種類があり、勉強目的に応じてコースの選び方が変わります。コースワークとリサーチについては、「大学院 コースワークとリサーチコース」をご覧ください。

大学院進学ご準備日程

大学を卒業して、オーストラリア大学院進学を目指すご参考の日程をご案内します。具体的なお手続きは大学4年生の夏休み以降となります。
4年生6月以前まずはご相談からスタート!目指す大学院やコース、進学方法等を担当カウンセラーを確認をしましょう。
7月~9月IELTS(アカデミック)受験申し込みと受験。英語力証明をお持ちでなくても出願をすることができますが、IELTSの結果をお持ちのほうが、より具体的な進学プランを立てることができます(TOEFL iBTもご利用頂けます)。
10月大学院への出願。
10月~12月合格の見込みがあれば、条件付き入学許可証(Conditional Offer)の発行されます。条件付き入学許可証は合格ではなく、「合格の見込みあり」という仮の合格証となります。
1月~2月英語力条件を満たせていなければ、IELTSの再受験。
3月大学の最終の成績証明と卒業証明を大学院に提出し、合否判定を受けます。
3月~6月合格判定を受けましたら、入学のお手続き、費用のお支払い、学生ビザの申請等、渡航に向けて準備を行います。
7月大学院開始!
オーストラリアの大学院は、2月と7月、年2回の入学がありますが、コースによっては2月入学のみの場合もあります。また、語学コースが必要となるかどうか、必要な場合はどのくらいの期間通うことになるかによっても、準備の仕方が変わります。

大学院進学に向けて

大学院への進学は、お一人おひとりのバックグラウンドや目指すコースによって、ご準備の仕方が変わります。

・ご希望のコースの入学条件を満たせそうか。
・条件を満たせない場合は、他に進学方法がないか。
・出願に必要な書類・資格は何か。
・どのようなタイミングで何をすればよいか。


弊社では、オーストリアの大学院進学について、皆さまのご希望を伺いながら最適な進学プランをご案内させて頂きます。オーストラリアの大学院進学をお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H297)
現在は石川県から留学相談をさせて頂いています。色々な情報をインターネットで探せますが、やはり実際はどうなのか、何が本当なのか不安はつきまとうもの。まずはお気軽にご相談ください。考え過ぎて立ち止まるなら、一度動いてみませんか? このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら