オーストラリアで学ぶ開発学

4人に1人が海外生まれという多民族国家オーストラリアは、世界の様々なバックグラウンドを持つ人々が生活する世界の縮図ともいえる様相を呈しています。

そんな多民族国家・多文化社会であるオーストラリアで「国際学」を学ぶ意義は大きくその教育と研究が盛んに行われています。将来、安全保障、外交政策、発展途上国の開発と教育支援・・・などのキャリアを目指す方にお勧めの学問です。

オーストラリアの大学で学べる「国際学」コースは、は主に3つの学問分野(専攻)に分けられます。
国際関係学とは?
International Relations
国と国との関係や安全保障問題、外交政策の意思決定等、政治学を中心とした学問分野 →詳しくはコチラ
開発学とは?
Development Studies
発展途上国の社会開発をメインとした分野で、貧困問題や格差の解決を目指す学問分野
平和学とは?
Peace/Conflict Studies
紛争が起こる背景や原因を学び、社会的・政治的な課題を検証しながら武力に頼らない紛争回避と平和維持の重要性を学ぶ学問分野
本記事では、3分野の中からオーストラリアの大学で学ぶ開発学について詳しくご紹介します。

オーストラリアの大学で学ぶ国際開発学

オーストラリアは、その地理の関係上、アジア太平洋地域を中心に活発に国際援助を行っている国です。

2014年には、激しく変化する発展途上国の現状を踏まえ、「Promoting Prosperity」「Increasing Stability」「Reducing Poverty」の3つの政策を掲げ、オーストラリアの援助がより効果的に貧困削減につながるように動き始めました。また、オーストラリアの大学もアジア太平洋地域の人たちへの奨学金を数多く設定しており、官学あげての支援を行っています。

このように開発援助が盛んなオーストラリアでは、この学問分野において大学・大学院のコースも充実しています。

オーストラリアの大学で履修する国際開発学の科目

オーストラリアの大学、国際開発学コースではどのような科目を履修しどのような授業を受けるのでしょうか。下に一例をご紹介します。

Introduction to International Inequality & Development
開発学の入門科目です。国際援助・開発学の歴史、理論、そして、貿易、食糧不足、女性の役割等、現在の国際援助が抱える問題点を学びます。

The Political Dynamics of Development and Resistance
ローカルとグローバルが密接に関わり合っており、両社の関係を無視して国際援助を語ることはできません。ローカルに活動するNGOから世界的に動く国連機関まで、様々なアクター(その分野に関わる組織や機関)を検証し、グローバル時代における国際援助・開発の在り方を学びます。

Globalisation & Development in Post-Colonial Societies
ポストコロニアル(植民地主義・帝国主義時代の負の遺産が社会に影響を与える、といった考え方)時代における、国際援助・開発学の在り方を、社会学的アプローチから学びます。

Sociology of the Environment
社会の発展と環境問題は密接に関係しており、無理な開発は環境問題を悪化させます。開発と環境問題を、社会問題、政治問題、国際問題の観点から学びます。

開発学を学べるオーストラリアの大学(学士)・大学院(修士)

ご紹介大学・大学院

メルボルン大学 University of Melbourne

オーストラリアのトップ大学の1つ、メルボルン大学。開発学を含む人文社会学の分野でも評価が高い大学です。

開発学では、政治・経済・文化・環境・ヘルスケア等、幅広い分野からご自身のご興味分野に応じて専門を絞り、科目を選ぶことができます。特にジェンダーに関する専攻を開講しており、開発・貧困とジェンダーの役割について専門性を高めることができます。

また、メルボルン大学は、UNIVERSITAS 21と呼ばれる国を超えた学術リサーチネットワークを持っており、UNIVERSITAS 21のインターンシッププログラムや開発分野におけるリーダーシップイベント等に参加をするチャンスもあります。

詳しくはメルボルン大学大学院で学ぶ開発学をご覧下さい。
 
コースMaster of Development Studies
期間 学歴や職歴に応じて1年、1.5年、2年
学費 年間約37,097ドル(約286万円)(2020年度)
メルボルン大学では人文社会学系のBachelor of Artsの副専攻として、開発学を学ぶこともできます。

クイーンズランド大学 University of Queensland

クイーンズランド大学は、オーストラリアのトップ8大学の1つ、世界大学ランキングでもトップ50位以内にランクされる大学です。

【学士コース】
学士コースでは、「Social Science(社会科学)」と、交換留学がカリキュラムに含まれる「International Studies(国際学)」のコースの専攻として、開発学を学ぶことができます。特にコミュニティ開発等に興味がある場合は、Social Scienceがお勧めです。
           
コースBachelor of Social Science - Development
期間3年
学費年間約32,352ドル(約249万円) (2020年度)
           
コースBachelor of International Studies - International Inequality and Development
期間3年
学費年間約32,352ドル(約249万円) (2020年度)
※International Studiesは2月入学のみです。

【修士コース】
開発学修士では、開発学について学際的学べる「Development Practice」と、開発経済学に特化した「Development Economics」の2つが開講されています。
           
コースMaster of Development Practice
期間学歴や職歴に応じて1.5、2年
学費年間約31,744ドル(約244万円)(2020年度)
コース Master of Development Economics
期間 学歴や職歴に応じて1.5、2年
学費 年間約40,640ドル(約313万円)(2020年度)

西オーストラリア大学 University of Western Australia

パースにあるトップ8大学の1つ、西オーストラリア大学では、複雑に絡み合う開発援助問題に対して、多角的アプローチを取ることができる開発学コースを開講しています。

こちら3つのアプローチから学ぶことができます。
・Development in Practice – 地域的アプローチ
・Economics of Development – 開発経済学的アプローチ
・Politics of Development – 政治学的アプローチ

詳しくは、多角的アプローチで学西オーストラリア大学院の開発学コースもご覧下さい。
           
コースMaster of International Development
期間2年
学費年間約36,200ドル(約288万円)(2020年度)

アデレード大学 University of Adelaide

アデレードにキャンパスを持つトップ大学の1つ、アデレード大学は、学士号では、インドネシアやベトナムへのスタディツアーの科目が設定されていたり、実際のデータを使って問題解決のための開発プログラムの策定等、実践的なカリキュラムとなっています。

修士号では、済発展、特に貿易と開発に特化したコースを開講しています。

【学士コース】
開発学は、人文社会学系のBachelor of Artsの専攻として開講されていることも多いのですが、アデレード大学では専攻ではなく、コースとして開発学を設定おり、同分野には力を入れています。
           
【修士コース】
グローバル化が進んだ現在、貿易は経済発展に欠かせませんが、同時に世界に不均衡も生み出しています。アデレード大学の開発学では、「sustainable economic development」をどのように達成するのかを、発展途上国の現状、国際機関、多国籍企業等の視点から学ぶことができます。
コースBachelor of International Development
期間3年
学費年間約33,500ドル(約258万円)(2020年度)
           
コースMaster of International Trade and Development
期間1.5年
学費年間約42,500ドル(約327万円)(2020年度)

ラ・トローブ大学 La Trobe University

メルボルンにあるラ・トローブ大学の開発学では、学問的理論だけではなく、実際の場で活躍ができる人材育成に力を入れています。

【学士コース】
人文社会学系のBachelor of Artsの専攻として開発学を学ぶことができ、「Sustainability:持続可能性」をテーマにしています。
           
コースBachelor of Arts - Sustainability and Development
期間3年
学費年間約29,800ドル(約229万円)(2020年度)

【修士コース】
開発学の理論と実践がどのように進化・変遷してきたか、そして最新の状況等を、実際に国際機関やNGO等の経験を持つ講師陣から教わることができます。
           
コースMaster of International Development
期間学歴や職歴に応じて1.5年、2年
学費年間約31,600ドル(約243万円)(2020年度)

マードック大学 Murdoch University

パースのマードック大学は、国際系分野の研究を活発に行っている大学です。また、オーストラリアで一番の敷地面積を誇る大学で、自然豊かな環境で勉強をすることができます。

【学士コース】
学士号の開発学コース詳細は、「マードック大学で学ぶ国際援助・開発学」をご参照ください。
       
コース MaBachelor of Arts - International Aid and Development
期間3年
学費年間約29,000ドル(約223万円)(2020年度)

【修士コース】
修士号では、非営利団体の運営やリーダーシップ、政策的視点から学べる科目等も開講されており、個人のご興味に応じてアプローチを決めることができます。
       
コース Master of Development Studies
期間学歴や職歴に応じて1~2年
学費年間約34,680ドル(約267万円)(2020年度)

フリンダース大学 Flinders University

アデレードにあるフリンダース大学では、南オーストラリア州で唯一の開発学の研究センターを持っており、修士号コースでは一般的な開発学の他、ヘルスケアに特化したコースも開講しています。
           
コースMaster of International Development
期間学歴や職歴に応じて1~2年
学費年間約32,000ドル(約246万円)(2020年度)
※ヘルスケア分野の場合は、Master of Health and International Development(2年)のコース、学費は年間36,000ドル(約277万円)(2020年度)となります。

実際にフリンダース大学で開発学を学ぶ留学生の体験動画もご覧ください。


お問い合わせはこちら

将来、国際NGOや国際機関等で開発分野に携わるキャリアをお考えの方は、オーストラリアの大学・大学院で学んでみませんか?

上記大学以外にも開発学を学べる大学はあり、学力、英語力、希望内容、ご予算など詳しくお伺いしたうえで、皆様おひとりおひとりに合う大学をご紹介しております。オーストラリアの国際関係コースへの進学にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
ご注意点
※ご参考の日本円は1ドル=77円換算としております。
※上記は2019年10月9日現在、各大学から発表されている情報となっており、今後予告なく変更されることもございます。
※授業料は科目の取り方によって変わりますので、ご参考費用としてご覧ください。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H297)
現在は石川県から留学相談をさせて頂いています。色々な情報をインターネットで探せますが、やはり実際はどうなのか、何が本当なのか不安はつきまとうもの。まずはお気軽にご相談ください。考え過ぎて立ち止まるなら、一度動いてみませんか? このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら