オーストラリアで歯科技工士

オーストラリアで歯科技工士を目指す

Dental_technology-_Making_dentures
歯科技工士とは、歯科医師が作成した指示書を元に義歯(入れ歯)や補綴物(差し歯・銀歯)などの製作・加工を行う医療系技術専門職を指します。

オーストラリアではDental Technicianと呼ばれていますが、医療に携わる分野でありながら直接患者さんと接する機会がほとんどない為、医者や看護師のように非常に高い英語力を求められたり、学士号までの取得を求められる事がありません。

オーストラリアでこの分野を勉強する場合は、TAFEであればDiploma of Dental Technologyのコースから、大学であればBachelor of Dental Technologyを受講することとなります。

Diploma of Dental Technologyでは、2年間で現場で実践できる技術を習得でき、かつ初心者の方でも対応できる基本的な知識も習得できる内容となっております。

歯科技工士とは、義歯、差し歯、歯の矯正器具などを作る技術者です。雇用機会を増やすためTAFEでは、CADやCAMのトレーニングも行います。また義歯やマウスガード、矯正器具やクラウン(被せもの)などの修正と修理そして、デザイン、製造方法も習得できます。

歯科技工士は専門的な技術を要する職業ですので、しっかりとした知識と技術を身に付けなければなりません。その点TAFEは、実地研修を始め、実践的スキルの習得に重点をおいていますので、充実した訓練を受けることができます。

歯科技工士(Dental Technology)コースに進むための英語力(入学資格)

Diploma of Dental Technologyコースは、一般的な専門コースが必要としている入学基準よりすこし高くなります。IELTSであれば、基本的にはアカデミックモジュールで6.0ポイントが必要となります。またTOEFLiBTやケンブリッジテスト(CAE)の試験結果も認めています。

全く英語が話せない状態から、Diplomaコースに進むために必要な期間は?

歯科技工士(Dental Technology)コースに限ったことではありませんが、挨拶程度の英語力からIELTS6.0ポイントを目指す場合、12〜15ヶ月程度は英語学校に通う必要があります。

その他、TAFEの語学コースからのダイレクトエントリーコース経由で入学することもできます。ダイレクトエントリーコースに参加するためにも英語力は必要になりますから、やはり、12〜15ヶ月を一つの目安にして頂くのが一番です。尚、12ヶ月の英語コースの費用目安は、入学金、授業料、教材費、OSHCを含め、15,000〜16,000ドルほどです。

もちろん、英語力の向上スピードは個人差があります。ですが、入学基準をギリギリの英語力で本科コースに入学しても、授業について行くのは大変ですから、余裕を持って英語コースをスタートしましょう。

歯科技工士(Dental Technology)としての就職先

Dental_technology-_Facilities
オーストラリアでは、現在歯科技工士になる為に免許を取得したり団体に登録したりする必要は特にありません。ブリッジングやインプラントなどの技術の認知、知識力、経験力等によって需要がある職業です。

歯科技工士は、原則Dental Laboratories(歯科技工所)やDenture Clinics(義歯クリニック)等で働くことになります。ここで重要なのは、早い段階での就職活動です。

多くの学生さんは、コース期間中に履歴書を持って配り歩きます。歯科技工所自体がそれほど多くないというのもひとつの理由ですが、年々増える歯科技工士に対して、歯科技工所の数は追いついていないのが現状ですから、見習い段階での競争率は高いと考えておくほうが良いでしょう。

その中で、仕事を得る形になりますが、企業は即戦力として採用することが多いため、有給で仕事が見つかる方もいれば、無給受け入れでの採用が決まる方もいます。やはり経験が重要になりますから、早い段階で経験を積み始めるのが、将来的な就職を目指す上で重要となります。

また、コース参加基準の英語力と、就職の際に必要となる英語力は変わります。特に現地就職を目指す留学生の方は、事前にしっかりとした英語力を身につけておきましょう。

お勧めのTAFEコース


歯科技工士になる為のDiploma of Dental Technologyコースを開校する教育機関を選択する場合、以下の教育機関をお勧めします。

ホルムズグレン・インスティチュート・オブ・TAFE


ビクトリアの中でも教育の質に定評があるホルムズグレン・インスティチュート・オブ・TAFEでは2年間のコースを設けています。

ホルムズグレンは複数キャンパスをもっていますが、このコースはチャドストーンキャンパスで開講されます。ローカルの学生・留学生共に非常に人気のある学校・コースですので、早めに入学願書の受付が締め切られることもあります。余裕をもって出願手続きを進める必要がある学校です。

期間2年間
入学月2月と7月
求められる学歴・英語力高等学校卒業以上・科学や美術(木彫や金属加工)で良い成績を修めていることが望ましい。英語力はIELTSアカデミックモジュールで各セクション6.0以上
パスウェイホルムズグレンTAFE付属英語学校にて、規定の英語力に達したと判断され、コースを修了できた場合はIELTSテストの提出なしで進学が可能です。
学費の目安2年間で約AU$37,200 その他教材費が$800ほどかかります
コース通学日週3日
学校のコース紹介ページコース詳細
*2019年7月25日時点の内容となります。詳細は予告なしに変更される可能性があります。

TAFE SA

南オーストラリア州のTAFE SAのGilles PlainsキャンパスにてDiplomaコースを開講しています。

期間2年間
入学月1月
求められる学歴・英語力高等学校卒業以上・科学や美術(木彫や金属加工)で良い成績を修めていることが望ましい。英語力はIELTSアカデミックモジュールで各セクション6.0以上
パスウェイTAFE SA付属英語学校にて規定の英語力に達したと判断され、コースを修了できた場合はIELTSテストの提出なしで進学が可能です。
学費の目安2年間で AU$38,100 その他教材費が$1,600ほどかかります
コース通学日週3日(月曜日から水曜日)
学校のコース紹介ページコース詳細
*2019年7月25日時点の内容となります。詳細は予告なしに変更される可能性があります。

お勧めの学士コース

TAFEではなくて大学で学びたい方には、「Bachelor of Dental Technology
」の受講をお勧めします。クイーンズランド州にありますGriffith大学のゴールドコーストキャンパスにて開講しております。コース内に80時間の実習も含まれます。卒業後の就職先の視野を広げたい方や開業したい人にお薦めです。

期間3年間 ※Diploma of Dental Technologyを修了している場合は一年の単位免除の可能性あり
入学月2月
求められる学歴・英語力高等学校卒業以上。英語力はIELTSアカデミックモジュールで総合で6.5以上各セクション6.0以上
パスウェイグリフィス大学付属英語学校にて規定の英語力に達したと判断され、コースを修了できた場合はIELTSテストの提出なしで進学が可能です。
学費の目安3年間で AU$103,500 その他教材費がかかる可能性があります
学校のコース紹介ページコース詳細
*2019年7月25日時点の内容となります。詳細は予告なしに変更される可能性があります。

上記コースへの出願準備は、10ヶ月ほど前から進める必要があります。歯科技工士コースを視野に入れている方は、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせはこちらから 
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I138)
メルボルンは、市内に行くとおしゃれなカフェやレストランがたくさんあり、少し車で走ると自然が広がるオーストラリアのいいところを凝縮した街です。様々な国籍の方と一緒に学んだり、働いたりできる機会がたくさんありますので、是非一度いらっしゃってください! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら