【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

クイーンズランド大学で学ぶ公衆衛生学 – Public Health


目次

クイーンズランド大学(University of Queensland)の研究で、”毎週公園(Park)に30分以上いる人は、そうでない人に比べて高血圧になりづらく、精神的に安定している” という結果が発表されました。研究者のDanielle Shanahan氏によると、「公園は、心臓病、ストレス、不安、鬱のリスクを軽減する効果がある」そうです。

Shanahan氏は、もっと環境を利用したアクティビティを増やす必要性を説いており、特に子どもがアウトドアに使う時間が多いと「心身の発達にポジティブな影響を及ぼし、環境への関心も高くなるだろう」と述べています。

オーストラリアの鬱による社会的コストは年間12.6億ドルとも言われており、公園の効果に期待が寄せられます。
参照元:the University of Queensland on 24 Jun 2016, “Dose of nature is just what the doctor ordered” accessed on 26 Jul 2016.

このようなユニークな研究結果を発表したクイーンズランド大学では、学士と修士、それぞれの課程でPublic Health(公衆衛生)コースが開講されています。

大学で学ぶ公衆衛生学(学士課程)

同学学士課程では、Bachelor of Health Sciencesコースで選べる専攻の1つとしてPublic Healthを学ぶことができます。

Public Health専攻では社会の人々全体の健康に焦点を当て、健康課題を判断、解決に向けたプランニング、管理、評価することを学び、地域社会へ疾病の予防と健康増進を助言します。

また、Public Health専攻ではバイオメディカルサイエンス、公衆衛生、グローバルヘルス、健康における研究メソッド、医療政策、健康に関する法律や倫理など「健康」について幅広く多角的に学び、最終学年では習得した知識とスキルを活かして90時間の現場実習を行います。

クイーンズランド大学への進学方法

日本の普通高校を卒業したら、まず付属のUQ Collegeファウンデーションコース(大学準備コース)に入ります。ファウンデーションコースには下記3種類があり、学力と英語力によって選ぶコースが異なります。

Extended コース(長期コース/42週)
Extendedコース
【期間】1年間
【日程】2022年1月開始ー11月修了/6月開始ー2023年6月修了
【英語】IELTS Academic5.0以上(各4.5以上)/TOEFL ibt 56以上(S13、L9、R9、W15点以上)/付属英語コースGE4コースにてGrade4以上の成績
【学力】高2修了/5段階評価中3.0以上の成績を修めていること
【学費】$39,970(2022年)
Standardコース(標準コース/32週)
Standardコース
【期間】9ヶ月間
【日程】2022年3月開始ー11月修了/9月開始ー2022年6月修了
【英語】IELTS Academic5.5以上(各5.0以上)/TOEFL ibt 70以上(S15、L12、R12、W17点以上)/付属英語コースEAP1コースにてGrade4以上の成績
【学力】高2修了/5段階評価中3.0以上の成績を修めていること
【学費】$32,280(2022年)
Acceleratedコース(短期コース/22週)
Acceleratedコース
【期間】4ヶ月間
【日程】2022年9月開始ー2023年1月修了
【英語】IELTS Academic 6.0(W6.0以上/その他5.5以上)
/TOEFL ibt 78以上(S17、L17、R17、W21点以上)/付属英語コースEAP2コースにてGrade4以上の成績
【学力】高3修了/5段階評価中4.0以上の成績を修めていること
【学費】$22,730(2022年)
上記いずれかのファウンデーションコースを修了後、Bachelor of Health Scienceコースへ進学します。入学要項は次のとおり。
Bachelor of Artsコース
【期間】3年
【入学】2月/7月
【学費】38,160豪ドル×3年間=114,480豪ドル(約927万円)(2022年度)
IB入学スコア基準点:30

大学院で学ぶ公衆衛生学(修士課程)

同学修士課程ではMaster of Public Healthコースが開講されており、公衆衛生の学問分野を6つの専攻に細分化し、より深く専門的に学んでいきます。
選べる6つの専攻リスト
  • Alcohol, Tobacco and Other Drugs(アルコール、タバコ、薬物)
  • Global Health(グローバルヘルス)
  • Health Promotion and Disease Prevention(健康増進と疾病予防)
  • Indigenous Health(アボリジニ族の健康)
  • Nutrition(栄養)
  • Standard(スタンダード/特定の専攻なし)
大学クイーンズランド大学(UQ)
コースMaster of Public Healthコース
期間1.5年間(3学期)
入学2月/7月
学費34,768×1.5年間=52,152豪ドル(約422万円)(2022年度)
英語IELTS6.5以上(各6.0以上)またはTOEFL ibt 87以上(listening 19, reading 19, writing 21, speaking 19)
条件 下記A, B, Cのうちいずれか1つを満たしていること

【A】下記いずれかの分野の学士号を保持していること(GPA4/7以上)
・Behavioural and social sciences (Sociology, Psychology, Counselling)
・Biomedical Sciences
・Biostatistics
・Dentistry, Oral Health
・Development Studies
・Environmental Health
・Exercise and Sport Science
・Food Science
・Health Economics
・Health Management
・Medicine, Medical sciences
・Nursing
・Nutrition
・Occupational Health and Safety
・Occupational Therapy
・Pharmacy
・Physiotherapy
・Public Health or Health Sciences
・Science
・Speech Therapy
・Veterinary sciences.

【B】健康医療分野で1年以上の就労経験があること(学士号の分野は不問)

【C】Public Health(公衆衛生)分野におけるGraduate Certificate/Graduate Diploma 準修士号を保持していること

安心の現地サポートオフィス

オーストラリア専門の無料留学エージェント
当社オーストラリア留学センターは、日本に東京オフィス、そしてオーストラリア国内の主要6都市(シドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコースト、アデレード、パース)に自社の現地サポートオフィスを構え、全オフィスに日本人スタッフが常勤している唯一の日本エージェントです。

オーストラリアの主要6都市にスタッフが在住しているメリットを最大限に生かし、「現地にいるからこそわかる、本当の学校情報をそのまま皆様にお伝えする」というシンプルな方針のもと、過剰な広告や留学フェアなどといった宣伝活動を一切行わず、オーストラリアの教育機関から支払われるサポート費のみで運営しております。ですので、よくある日本の留学エージェントと違い、手続きに対する手数料やサポート料は一切必要ありません。どこよりも確実な情報をもとに、安心してご留学をお任せいただくことができます。

ブリスベン現地サポートオフィス
オーストラリア留学センターのブリスベン現地サポートオフィスでは、現地在住歴の長い経験豊富な日本人スタッフが、皆さんの現地での生活をサポートしています。勉強面から日常のちょっとした疑問までお気軽に日本語でご相談頂けるので、現地でも安心して留学生活をお過ごし頂けます。
住所Level 18, 324 Queen Street Brisbane 4000
電話07-3221-9999(オーストラリアから)
050-8882-5959 (日本から)
スタッフ林真生、小林芽衣

留学相談&お問い合わせ

当社オーストラリア留学センターはクイーンズランド大学を含め全豪27大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。学力、英語力、希望内容、ご予算など詳しくお伺いしたうえで、おひとりおひとりに合う大学をご提案しております。
オーストラリアの大学進学は、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2021年10月現在の情報に基づき作成しております
・学費は毎年改定されます。本記事では2022年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=81円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。

豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H318)
[現在育休中で、2022年11月頃に復帰を予定しています]13歳でのメルボルン短期留学をきっかけに「英語」と「海外」に目覚め、その後カナダ(語学留学)とアメリカ(大学留学)にも留学。卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアへ再渡豪し、オーストラリア留学センターでワーペリ。帰国と同時にオーストラリア留学センター日本窓口が開設され現職へ。留学生を現地オーストラリアで「迎え入れる立場」と日本から「送り出す立場」、両側での勤務経験を通して、双方の視点からアドバイスすることを心がけています。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら