【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

オーストラリアン・カソリック大学で学ぶパブリックヘルス(公衆衛生学)

環境や国に応じて質の高い健康の向上/維持を目的とした「パブリックヘルス(公衆衛生学)」は疫学、生物統計学、医療経済/マネージメント、行動心理学、社会学を駆使して集団の健康分析に基づく地域全体の健康の増進を図ります。

オーストラリアン・カソリック大学(Australian Catholic University)では、メルボルン大学に続き世界的にも評価の高いパブリックヘルスの修士号コース、Master of Public Health(MPH)を開講しています。

MPHの専門とカリキュラム

オーストラリアン・カソリック大学のMaster of Public Healthでは、こちらの10の専門分野から学ぶことができます。

公衆衛生学での健康行動科学、臨床試験論、環境医学、医療管理/経済学などの基礎なども学びますが、同校の特徴としては貧困や戦争、気候変動、水問題など発展途上国の状況や問題点、栄養と食料安全保障などに焦点を置いた内容を勉強していきます。

またHealth Promotionにも力をい入れており、人々の健康の維持・増進のため、どのような活動/発信が出来るか(例えばタバコのパッケージの健康警告表示方法)を学びます。

その他にもタイムリーな感染症(マラリア、結核、HIV, SARS、コロナ)などの感染予防や社会のありかた、地域の感染をコントロールし、個人レベルの衛生教育をする方法を勉強します。

• Infectious disease(Malaria, tuberculosis, HIV-AIDS):
マラリア、結核、HIV,SARS、コロナなどの感染症

• Non-communicable disease:糖尿病、肥満、冠状動脈性心臓病などの非感染性疾患

• Poverty:貧困

• Sustainability, climate change, water, environments:
気候変動、水問題など発展途上国の状況や問題点、栄養と食料安全保障

• Tobacco:タバコ

• Maternal health and child mortality:妊産婦の健康と子供の死亡率

• Education:教育

• War:戦争

• Malnutrition:栄養失調

• Gender inequality:医学界のジェンダー不平等

オーストラリアン・カソリック大学学生体験動画。

MPHの入学概要

Master of Public Healthの入学概要をご案内いたします。
期間 2年
入学時期 2月、7月の年2回
学費 年間23,400ドル(約164万円) x 2年
英語力条件 IELTS6.5(アカデミック:各セクション6.0以上)
TOEFL iBT90(W25以上)
入学条件 [学歴条件]健康または関連分野の学士号を取得している事

更に

GPA7.0スケール換算5.5以上の成績であること。(学校からの推薦状が必要です)

またはパブリックヘルスや医療分野に関連した2年間の職務経験や研究経験を持っている事。

オーストラリアン・カソリック大学への進学

オーストラリア留学センターは、オーストラリアン・カソリック大学の日本の公式出願相談・相談窓口として、皆さまのオーストラリアン・カソリック大学進学を無料でお手伝いしております。

オーストラリアン・カソリック大学のMaster of Public Health(パブリックヘルス・公衆衛生学)にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
**ご注意点**
・上記情報は2020年5月5日現在のものを参考にしており、入学条件や費用等は変更されることもありますので、ご留意ください。
・ご参考の日本円は、1ドル=70円換算としておりますが、実際の費用は、学校費用お支払い時のお客様ご利用の金融機関の為替レートが適用されます。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号N1067)
様々な人種が住んでいるというメルボルン、文化や食などリアルにお伝えしていきます。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら