【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

オーストラリアで学ぶ、再生可能エネルギー(Sustainability Energy)

オーストラリアは、石炭、液化天然ガス(LNG)、ウランなど複数のエネルギー資源を輸出する世界有数の資源国ですが、いまオーストラリアがエネルギー産業で最も力を入れているのは、再生可能エネルギー(持続可能なエネルギー)の分野です。
まず、オーストラリアの目標としては、2032年に国内の全ての電力(!)を再生可能エネルギーにシフトすることを目標としています。

国内の電力をすべて再生エネルギーって、なんだか夢のような話ですが、2000年に再生可能エネルギー(再エネ)法が制定されてから、エネルギー産業に力を入れてきたオーストラリア。実は、2000年から2015年までに、発電電力量に占める再生可能エネルギーの割合は国全体で8%から15%に上昇し、石炭は83%から63%に低下することができました。

再生エネルギーに全力を注ぐオーストラリア

この15年間で、オーストラリア国内の研究や導入実績は年々進み、再生可能エネルギーの生産能力を向上させてきました。ポイントとなるのは、国土の広さを利用した設備投資と、各州の積極的な再生可能エネルギーの導入です。

2020年現在、オーストラリア国内では120超の水力発電、71の風力発電、150万戸の住宅の屋根に太陽光発電が設置され、139のバイオ燃料プラントが稼働し、2020年現在も豊富な自然エネルギーを利用しています。

たとえばシティーズ・パワー・パートナーシップ(Cities Power Partnership)では、オーストラリアの地方自治体が、再生エネルギー施設の稼働状況を含め、全国各地でどのように再生可能エネルギーを推進しているか確認することができます。
また、オーストラリアは蓄電池の分野にも力をいれてきました。以前に、アデレード州政府がTESLA社との協力のもと、世界最大の蓄電施設を建設したことをお伝えしましたが、この蓄電池施設は引き続き2019年は更にパワーアップ。以前のバッテリー(Power pack)の出力も、当時の100メガワットから、150メガワットになり、今もアデレードで稼働中です。

また、ビクトリア州政府は、雇用を創出するために再生可能エネルギープロジェクトに1530万ドルの投入も発表しました。
現在、メルボルン市内を走るトラムは、現在、”100%”再生エネルギーを利用し運用されていますが、今後もオーストラリアの各州&各自治体が協力し、再生エネルギーの分野に力を入れていくことになります。

クイーンズランド大学の取り組み

現在、オーストラリアだけでなく、世界的に再生可能エネルギーの研究で注目を浴びているのは、クイーンズランド大学です。
クイーンズランド大学は現在、2020年内に、大学で賄われる電力を”100%”再生エネルギーで行えるよう計画を進めており、これが成功すれば100%再生エネルギーで運営される、世界初の大学となります。

これが実現するかどうかのキーはとなるには、自然エネルギーを最大元電力に変える設備と、蓄電池技術と言われています。その中で、クイーンズランド大学のSt Lucia Campus(セントルシア・キャンパス)だけでも約10,000枚のソーラーパネルを屋上に設置しており、30以上の建物にはクリーンエネルギーを利用するための、ソーラー設備が設置されています。
https://sustainability.uq.edu.au/projects/renewable-energy/uq-rooftop-solar-facilities
また、Gatton Campus(ガトン・キャンパス)では、以前滑走路だった場所に約37,000枚のソーラーパネルを設備しており、南半球で最大のソーラーパワー施設でもあります。
更にGatton Campustから南へ一時間ほどの場所にある、Warwick(ワーウィック)というエリアで、Solar Falmも運営しています。ここは大学のキャンパスではなく、完全にソーラーパワーの研究施設として借りている土地です。
An artist's impression of the Warwick solar farm after construction.(Supplied: UQ)


上記のように、2020年現在クイーンズランド大学では合計で49,336枚のソーラーパネルが稼働しており、約900万kWhのクリーンエネルギーが発電しています、これはクイーンズランド州の一般家庭1,500軒以上に電力を供給する量です。

また、クイーンズランド大学は先述したTeslaのPower packを導入し、今月から正式稼働を開始しました
今回クイーンズランド大学が導入した蓄電池の容量は、1.1メガワット分でアデレード州の約1/150の電力量ではありますが、これだけでもクイーンズランド大学は3ヶ月間で約74,000ドルの電気代が節約出来るようです。

これで、蓄電池に関する研究もさらに進むことになります。
土地や街の協力、また大学全体の取り組みがなければ実現できないのが、この再生エネルギーの研究分野ですが、クイーンズランド大学が長年力を入れていた分野だけあり、他の大学ではなかなか真似ができない規模になりました。

そんな再生エネルギーの分野を学べるのが、クイーンズランド大学のMaster of Sustainable Energyです。

クイーンズランド大学のMaster of Sustainable Energy


クイーンズランド大学のMaster of Sustainable Energyでは、クリーンエネルギーと分散型再生可能エネルギーへ移行するための方法を学びます。

コース期間は1.5年間で、コース内ではエネルギーの生成、流通、供給など、持続可能なエネルギーを導入していく上での課題や、エネルギープロジェクトの管理、開発における技術、政策、イノベーションの重要性などを学びます。

学校名クイーンズランド大学
コースMaster of Sustainable Energy
キャンパスブリスベン
期間1.5年間
入学日2月、7月
費用70.392ドル-1.5年間(2021年)-(1ドル72円計算で約506万円)
英語力基準IELTS6.5(各セクション6.0以上)

成績基準関連分野のオーストラリアの学士号と同等の学位を取得し、4点満点中、2.35以上のGPAを取得していること。

また、Master of Sustainable Energy (Management)では、よりビジネスに特化した視点で学ぶことができます。エネルギーの手頃な価格の判断、信頼性、環境の持続可能性など、トリレンマ問題(経済発展、エネルギー・資源の確保、環境保全という、相互に両立が困難とされている問題)に対処する準備ができている、エネルギー業界に特化したチェンジ・エージェント(Change Agent)を目指します。

学校名クイーンズランド大学
コースMaster of Sustainable Energy (Management)
キャンパスブリスベン
期間2年間
入学日2月、7月
費用93856ドル-2年間(2021年)-(1ドル72円計算で約675万円)
英語力基準IELTS6.5(各セクション6.0以上)

成績基準関連分野のオーストラリアの学士号と同等の学位を取得し、4点満点中、2.35以上のGPAを取得していること。

なお、Master of Sustainable Energyと、Master of Sustainable Energy (Management)のいずれも入学条件として、「関連分野の学士号を取得していること」が求められますが、工学、科学、環境管理、経済学、商学、ビジネス、公共政策、国際開発、エネルギーなどが含まれますが、コース名等に限定されるわけではなく、学んだ内容が重視されます。また、必須ではありませんが、関連分野で3~5年の実務経験があることが望ましいです。



卒業後のキャリア

エネルギー会社を含め、同コース卒業後のキャリアとしては、以下が上げられます。
  • Sustainable energy engineer
  • Solar energy technician
  • Energy project manager
  • Wind energy solutions manager
  • Energy and sustainability professional
  • Sustainability officer
  • Clean energy policy officer
  • Energy analyst
  • Renewable energy manager
  • Sustainability engagement manager

今後、400億ドルを超える投資と15,000以上の新たな雇用創出が期待されている、再生エネルギー分野。

「エネルギー分野でリーダーシップを発揮するための知識を身につけたい」という方や、「クリーンなエネルギーで世界を変えていきたい」という方には、是非オススメしたいコースです。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I008)
2020年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は17年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら