【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

マッコーリー大学で学ぶ、サイバーセキリュティ


サイバー犯罪は、最も急速に拡大している国境のない犯罪形態の1つです。サイバー犯罪者は世界中で毎日、インターネットの速度、利便性、匿名性を悪用して、フィッシング詐欺、パスワードクラッキング、ランサムウェアの導入など、さまざまな犯罪活動を行っています。しかし、サイバー犯罪が増加している一方で、日本ではサイバーセキュリティの高度な知識やスキルを持った人材が不足しており、2020年には20万人ほど足りなくなると言われています。

サイバーセキュティ対策が進んでいる国の世界ランキングでトップ10に入るオーストラリアでは、各大学でサイバーセキュリティが学べますが、それぞれ様々な特徴があります。

ビジネスと心理学に強いマッコーリー大学では、大学・大学院レベルでその強みを活かした、サイバーセキュリティを学ぶことが出来ます。

目次

マッコーリー大学のサイバーセキュリティコース


マッコーリー大学では、オーストラリア国内でもまだ数の少ない学士レベルから、サイバーセキュリティを学ぶ事ができます。

この学士コースを含めた下記2コースは、ITとセキュリティシステムだけではなく、ビジネス、ファイナンスとリスク、犯罪学と法、人間行動学なども含んだ幅広くサイバーセキュリティについて学ぶコースです。


Bachelor of Cyber Security

このコースは政府や業界のサイバーセキュリティ専門家との協議のもとに作られており、オンデマンドのサイバーセキュリティ専門家になる準備ができます。

サイバー犯罪者の動機、考え方、能力、スキルに対する意識を高めることにより、サイバー脅威に対して組織を強化するために必要なスキル(情報セキュリティとデータプライバシー、攻撃的なセキュリティ、デジタルフォレンジック、応用暗号、安全なコーディング、人工知能に関する専門知識など)を身に付けることができます。

・最先端の技術:業界からの最新情報を反映した、最新のカリキュラムを使用

・業界との連携:提携している会社でのインターンシップやプロジェクトへ参加

・多岐にわたる就職の可能性:オペレーション、アプリケーションの開発やサイバーセキュリティのポリシーに関する業務など


入学2月/7月
期間3年間
学費年間38,800ドル(約311万円)(2021年度)/3年間116,400ドル(約932万円)
学歴・成績日本の高校卒業(GPA3.3/5)、高校数学やIT、ソフトウェアの知識があることが望ましい
英語IELTS6.5以上(各6.0以上)/TOEFL83(L12,R13,W21,S18)

コース詳細ページ:Bachelor of Cyber Security


Master of Information Technology in Cyber Security

このコースは、サイバーセキュリティの急成長分野で成功するための、最新の知識と実践的なトレーニングを提供します。このコースを完了すると、暗号化、ネットワーク、人工知能、モバイルデータ通信の技術スキルが身に付きます。

・技術の取得を目指した授業:プライバシー、AI、IoT セキュリティ、倫理的なハッキング等の新しい科目も含まれる

・業界との連携:業界からの最新情報やインターンシップやプロジェクト参加の可能性

・期間の柔軟性:過去にIT系での勉強、職業経験等がある場合、勉強期間が短縮


入学2月/7月
期間1-2年間
学費年間39,000ドル(約312万円)(2021年度)/2年間78,000ドル(約624万円)
学歴・成績・2年間:大学の関連学部を卒業

・1.5年間:①大学のITもしくは関連学部を卒業、
もしくは②大学の関連学部を卒業+関連職歴2年/関連する専門資格/関連する過去の学歴

・1年間:①大学でサイバーセキュリティの学部を卒業(WAM65以上)、もしくは
②大学でサイバーセキュリティの学部を卒業+関連職歴2年/
関連する専門資格/関連する過去の学歴
関連学部サイバーセキュリティ/コンピュータセキュリティ/情報技術/コンピュータサイエンス/
ソフトウェア工学/ネットワーク工学/通信工学/コンピュータ工学
関連職種・資格コンサルティング/ネットワーキング/セキュリティサービスマネージメント
/リサーチ
英語IELTS6.5以上(各6.0以上)/TOEFL83(L12,R13,W21,S18)

コース詳細ページ:Master of Information Technology in Cyber Security


その他のサイバーセキュリティ関連が学べるコース

※下記コースでは、IT系スキル取得は含まれません。


大学レベル
  1. Bachelor of Advanced Information Technology with a Major in Cyber Security 3年
  2. Bachelor of Commerce with a Major in Cyber Security Governance 3年
  3. Bachelor of Information Technology with a Major in Cyber Security 3年
  4. Bachelor of Arts with a Major in Criminology 3年
  5. Bachelor of Social Science with a Major in Criminology 3年

大学院レベル
  1. Master of Cyber Security Analysis 1-1.5年
  2. Master of Cybergovernance and Management 1年
  3. Master of Intelligence 1-1.5年
  4. Master of Criminology 1-1.5年
  5. Graduate Diploma of Forensic Accounting 1年
  6. Graduate Certificate of Forensic Accounting 0.5年

大学院レベル/ダブルディグリー
  1. Master of Business Analytics and Master of Information Technology in Cyber Security 2年〜
  2. Master of Criminology and Master of Cyber Security Analysis 2年〜
  3. Master of Cyber Security Analysis and Master of International Trade and Commerce Law 2年〜
  4. Master of Cyber Security Analysis and Master of International Relations 2年〜
  5. Master of Cyber Security Analysis and Master of Intelligence 2年〜
  6. Master of Cyber Security Analysis and Master of Laws 2年〜
  7. Master of Cyber Security Analysis and Master of Public and Social Policy 2年〜
  8. Master of Cyber Security Analysis and Master of Security and Strategic Studies 2年〜

 マッコーリー大学のオススメポイント


Cyber Security Hubがある

マッコーリー大学は、Telecom会社のOptusと共同出資をし、マッコーリー大学内に2016年Cyber Security Hubを立ち上げました。

このHubは、アカデミックと通信、銀行などのビジネス、政府のリーダーたちのネットワークのため作られました。コンピューティング、エンジニアリング、ビジネス、犯罪学、法律、心理学など、複数の分野にわたる様々な分野のプロフェッショナルがコラボして研究をしており、リサーチ、教育、イベントなども積極的に行っています。

マッコーリー大学では、Bachelor of Cyber Security、Master of IT in Cyber Securityを含め4つのコースがCyber Security Hubより提供されています。

これらのコースを受講することで、より実践的で最新のスキルを身につけることが出来ます。


インターンシップやプロジェクトが含まれる

Bachelor of Cyber Security、Master of Information Technology in Cyber Securityの2コースでは、コースにインターンシップやプロジェクトがが含まれるため、卒業時により実践的なスキルや経験を得ることが出来ます。

上記の2つのコース以外の場合でも、学士コースで学ぶ方はPACE、大学院で学ぶ方はGLPなどで、企業インターンシップやボランティィアなどの可能性もありです。


Cyber Security Hubで提供しているコース

上記2コース以外に、下記2コースで学ぶことができます。

Bachelor of Information Technology Major in Cyber Security
この専攻では、ビジネス、プライベート、および産業用アプリケーションのための効果的なサイバーセキュリティ環境を構築、および管理するために必要な基礎知識を学びます。

特に、データのセキュリティを高め、データを保証し、プライバシーを保護するための概念、洞察、スキル取得に力を入れています。


コース詳細:Bachelor of Information Technology Major in Cyber Security

Bachelor of Security Studies

このコースは、セキュリティとインテリジェンス、政策立案、刑事司法などの幅広いセキュリティについて学びます。


コース詳細:Bachelor of Security Studies
日本語

各コースへの進学方法


大学への進学

日本の普通高校を卒業してからマッコーリー大学へ進学する場合、2通りの進路があります。


1. 大学へ直接入学する

下記の「成績条件のいづれか+英語力条件」を満たしていれば、直接大学に入学できます。

【成績条件1】高校の成績が 3.3/5以上
【成績条件2】IB 25以上
【成績条件3】高校卒業+大学入試センター試験 52点以上

【英語条件】IELTS 6.5以上(各スコア6.0以上)


2. ディプロマ経由で2年次へ編入する

マッコーリー大学の付属カレッジであるMacquarie University International College(MUIC)では英語コースとディプロマコースを開講しています。日本の高校を卒業後、まずはMUICに入学してディプロマコースを規定の成績(GPA4.0/7.0)で修了すると、学士コース2年次に入学できます。
※Bachelor of Cyber Securityへの入学には、Diplomaコース内で必須科目があります。

ディプロマコース(Diploma of Information Technology)入学要項


条件日本の高校卒業(GPA 3/5以上)
英語IELTS6.0以上(各5.5以上)
入学2月/3月/7月/9月
期間5ターム(10ヶ月ほど)
学費31,000ドル(約233万円)(2021年度)
大学進学条件サイバーセキュリティ学部(パス)/IT学部サイバーセキュリティ専攻(パス)
※ディプロマ入学の成績が足りない方は、ファウンデーションコースからも入学可能です。

IELTSスコアが足りない場合は、英語コースからスタート

IELTSスコアが足りない場合、まずはMUICで開講している英語コースからのスタートし、ディプロマ・ダイレクト・エントリーを修了するとIELTS試験免除でディプロマコースへ進学できます。


Direct Entry to Diploma programs詳細
英語IELTS5.5以上(ライティング5.5以上)/TOEFL IBT 66(ライティング19)以上
入学5月/7月/11月
期間10週間
学費入学金200ドル、学費週490ドル(2020年度)

大学院への進学

IELTSスコアが足りない場合は、英語コースからスタートすることが出来ます。
MUICで開講している英語コースからのスタートし、ダイレクト・エントリー・プログラムを修了するとIELTS試験免除で大学院のコースへ進学できます。


Direct Entry
英語IELTS6.0以上(ライティング6.0以上)/TOEFL73(ライティング21以上)
入学5月/11月
期間10週間
学費入学金200ドル、学費週490ドル(2020年度)

2020〜2021年入学者向け奨学金
現在マッコーリー大学では、2020〜2021年に大学に入学をされる日本国籍の方を対象に年間5,000ドルの奨学金をオファーしています。これは合格者全員もらえる奨学金なので、出願と同時に奨学金の査定も行われ、別途申請する必要はありません。


【通常】年間38,800〜39,000ドル(約311〜312万円)(2021年)
【奨学金適用】年間33,800ドル〜34,000ドル(約271〜272万円)

留学相談&お問い合わせ先


当社オーストラリア留学センターは現地の無料エージェントであり、マッコーリー大学を含め、全豪多数の大学の公式出願窓口となっており、ご相談~出願手続き~現地生活サポートまで無料でご利用頂けます。

お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
※備考※
・本記事は2020年7月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2021年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=80円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。


CRICOS Provider Number 00002J
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号G176)
英語の習得はもちろん、様々な経験やチャンスを得られるシドニー。最終的な目標を是非お知らせ下さい!時間もお金も無駄にしないよう、効率的な方法をご案内します。もちろん、留学中は自分の方向性を見失った時、辛い時にもしっかりサポート。一緒に頑張っていきましょう! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら