高卒で直接入学ができるオーストラリアの大学

日本の高校を卒業して、オーストラリアの大学へ進学をするには、ファウンデーションやディプロマコースを経由して進学することが一般的です。

大学進学方法詳細は、「オーストラリア大学進学方法」をご参照ください。

中には、高校の成績次第ではファウンデーションやディプロマを経由せずに、直接入学を目指すことができる大学もありますので、ご紹介いたします。
国際バカロレア(IB)等の資格をお持ちの場合は、大学直接入学を目指すことができます。IBコース在籍の方は、「国際バカロレア(IB) 大学入学基準と出願のながれ」をご覧ください。

直接入学ができる大学

                       
                                                                 
グリフィス大学
入学基準高校の成績4.0以上
英語力条件IELTS6.5(各セクション6.0以上)、TOEFL iBT79(各セクション19以上)
ジェームスクック大学
入学基準高校の成績4.0以上
英語力条件IELTS6.0(各セクション6.0以上)、TOEFL iBT79(各セクション19以上)
サンシャインコースト大学
入学基準高校卒業以上の学歴(成績はケースバイケース)
英語力条件IELTS6.0(各セクション5.5以上)、TOEFL iBT76(ライティング18以上)
ボンド大学
入学基準高校の成績4.0以上
英語力条件IELTS6.5(各セクション6.0以上)、TOEFL iBT79
スインバン大学
入学基準高校の成績3.5以上
英語力条件IELTS6.0(各セクション6.0以上)、TOEFL iBT75(リーディング18・ライティング20以上)
ラ・トローブ大学
入学基準ケースバイケースとなります。
英語力条件IELTS6.0(各セクション6.0以上)、TOEFL iBT64(リーディング13・ライティング21・リスニング12、スピーキング18以上)
ビクトリア大学
入学基準高校の成績3.0以上
英語力条件IELTS6.0(各セクション6.0以上)、TOEFL iBT64(リーディング13・ライティング21・リスニング12、スピーキング18以上)
RMIT大学
入学基準高校の成績3.0以上
英語力条件IELTS6.5(各セクション6.0以上)、TOEFL iBT92(各セクション20以上)
マッコーリー大学
入学基準高校の成績3.3以上
英語力条件IELTS6.5(各セクション6.0以上)、TOEFL iBT83(リーディング13・ライティング21・リスニング12・スピーキング18以上)
ウーロンゴン大学
入学基準高校の成績4.0以上
英語力条件IELTS6.0(リーディング6.0・ライティング6.0・リスニング5.0・スピーキング5.0以上)、TOEFL iBT79(リーディング18・ライティング18・リスニング16・スピーキング16以上)
オーストラリアンカソリック大学
入学基準高校の成績3.0以上
英語力条件IELTS6.0(リーディング5.5・ライティング6.0・リスニング6.0・スピーキング5.5以上)、TOEFL iBT78(リーディング12・ライティング21・リスニング11・スピーキング18以上)
エディスコ―ワン大学
入学基準高校の成績3.6以上
英語力条件IELTS6.0(各セクション6.0以上)、TOEFL iBT70(各セクション17以上)
マードック大学
入学基準高校の成績3.5以上
英語力条件IELTS6.0(各セクション6.0以上)、TOEFL iBT73(各セクション18以上)
フリンダース大学
入学基準高校の成績4.0以上
英語力条件IELTS6.0(ライティング・スピーキング6.0以上)、TOEFL iBT72(ライティング・スピーキング18以上)
タスマニア大学
入学基準高校の成績2.75以上
英語力条件IELTS6.0(各セクション5.5以上)、TOEFL iBT72(リーディング10・ライティング19・リスニング9・スピーキング16以上)
入学基準は高校の成績5段階評価の成績となります。一般的な基準を記載しておりますが、実際に必要な成績や英語力は、コースによって異なりますのでお問い合わせください。

直接入学の注意点

直接入学ができる大学をご紹介しましたが、必ずしも直接入学が良い、とは限りません

オーストラリアと日本の教育制度は異なり、特に大学では自分の意見を持ち、なぜそう考えたのかの思考プロセスも問われるようになります。また大学は学生数が多いので、自らどんどん声を上げてクラスに参加していかなければ、教授も学生一人ひとりを把握することができません。

ご紹介した直接入学ができる大学の多くは、コースによってはディプロマからの2年編入の進学ルートも持っています。

ディプロマは大学学士号課程よりも少人数のクラスサイズとなり、先生も学生個人個人を把握しやすい環境で学ぶことができます。就学期間は、大学直接入学でもディプロマ経由でもほとんどのコースは3年で終えることができ、オーストラリアの大学での勉強の仕方に慣れることもできるので、人によってはディプロマ経由で進学をするほうがお勧めとなります

どのような進学方法が適しているかは、皆様のご希望や状況によってご案内させて頂きます。

オーストラリアの大学進学ご相談

オーストラリア留学センターは、全豪24大学の公認出願窓口として、オーストラリアの大学への留学を目指す日本人学生のご相談から出願手続き、そして現地での生活サポートまですべて無料でお手伝いしております。

オーストラリアの大学進学にご興味のある方は、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H297)
オーストラリアのパースから留学相談をさせて頂いています。色々な情報をインターネットで探せますが、やはり実際はどうなのか、何が本当なのか不安はつきまとうもの。まずはお気軽にご相談ください。考え過ぎて立ち止まるなら、一度動いてみませんか? このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら