日本の正看護師資格からオーストラリア正看護師資格へ

日本で大学看護学部(4年制)をご卒業され、日本の正看護師免許を保有されている方は、オーストラリア看護協会で指定されている「条件を満たす」ことで、オーストラリアの正看護師資格が取得できる「可能性」があります。

また、オーストラリアの大学を卒業しなくても、英語力さえクリアすれば「正看護師登録できるんですよね? 」というお問合せも多くいただきますので、注意点を含め、簡単な流れをご案内したいと思います。また、2019年7月以降の新制度についても少し触れます。


現時点で オーストラリア看護協会での看護師登録の最低条件は、下記になります。
*日本で大学看護学部(4年)を終えている人が対象の条件です。

・資格:日本の正看護師資格を保持
・学歴:大学にて看護学士号を終えている
・職歴:過去5年間において3ヶ月以上の看護師としての職歴
・英語力 : IELTS Academic Overall 7.0(各セクション 7.0)以上、OET B Grade以上
*あくまでも最低条件なので、上記書類のみで査定に合格を保証するものではありません。
*職歴については、正社員か?派遣か?は、当社では判断できません。ご質問頂いてもお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

2019年6月までの流れ

(1)英語力のクリアと申請書類の用意
(2)AHPRA看護士登録仮審査申し込み
(審査期間:3ヶ月〜9ヶ月、個人のケースにより異なります。)
(3)AHPRAより審査結果
登録に必要な条件確認レターの送付および 看護師登録ブリッジングコースを受講するように指示されます。
(4)看護師登録ブリッジングプログラムを受講(3ヶ月〜6ヶ月)
これは看護師登録ブリッジングプログラムと呼ばれ(EPIQ、又はIRONプログラムとも呼ばれています。)
このプログラムは約12~24週間のコースでクラス内授業と実習で構成されています。入学条件は、英語力(OET:B、IELTS7.0以上)と AHPRAから同プログラムを履修するよう指示があって初めて受講することができます。
同プログラムは2019年6月を持って廃止予定です。(次項をご確認ください)
(5)AHPRAへ本申請
(6)オーストラリア正看護師登録完了

2019年7月以降:看護師登録ブリッジングプログラムの廃止

2019年7月を持って、看護師登録ブリッジングプログラムは廃止予定とされ、新試験制度 Outcomes-based assessment(OBA) へ移行予定です。
なお、弊社にて、Outcomes-based assessment(OBA) の試験内容について、お答えは出来ませんので、こちらの詳細は AHPRA の Nursing and Midwifery Board からご確認ください。

Fact sheet: Transition to a new assessment model for internationally qualified nurses and midwives
https://goo.gl/wmCipV

今後の対策

2019年7月には、看護師登録ブリッジングプログラム(IRON /EPIQ)が廃止予定とされますが、新制度の Outcomes-based assessment(OBA) については、まだ実際の受験者がいないため、特筆すべき対策、というのが現状はわかっていません。
ただ、いずれにしろ、看護学を修了し、看護師経験もあり、IELTS 7 以上の英語力を保持している人で、最初の審査のあと AHPRAより受験の連絡があった人だけが、Outcomes-based assessment(OBA) 受験対象になりますので、現時点で英語力が未達の人は、まずは 英語力の向上を目指すことに変わりはありません。

Outcomes-based assessment(OBA) については、引き続き、情報を入手次第、こちらのページを更新させていただきます。

IRON/EPIQプログラムのコース残席情報

現在、オーストラリア看護協会の認めるブリッジングコースを開講している教育機関は下記になります。

・Australian College of Nursing ・・学生ビザ取得不可
University of South Australia(UniSA)・・学生ビザ取得不可/ローカル学生のみオンライン
・Monash University ・・学生ビザ取得可能
La Trobe University ・・学生ビザ取得可能
Deakin University ・・学生ビザ取得可能
Southern Cross University(SCU) ・・学生ビザ取得可能
・Central Queensland University(CQU) ・・学生ビザ取得可能

6月までに看護ブリッジングコース(IRON /EPIQ)受講を開始すれば、現状のシステムにて審査を進めることが出来ますが、現状、La Trobe University 、 Deakin University 、Southern Cross University(SCU) 、Central Queensland University(CQU) は コース残席がないことは確認出来ております。

オーストラリア看護協会では、現時点で看護ブリッジングコースの受講レターを受け取った学生で、6月までに受講出来ない人には、コース開始時期の延期申請など受け付けているようですが、教育機関のウェイティングリスト待ちに該当する人は、早急に AHPRA へご自身の状況をお確かめになられることをお勧めします。

なお、6月以降の上記大学のコース開講は現時点で未定となっております。こちらもあわせてご注意いただき、最新の情報収集に務めて頂ければと思います。

Australian College of Nursing, Monash University, Central Queensland University は弊社ではお手続き及びアドバイスが出来ませんので、ご自身で大学へ直接お尋ねくださいませ。

英語力の向上を目指す&大学編入を目指す


2019年7月以降、看護師登録までのステップが Outcomes-based assessment(OBA) の導入で変更になりますが、日本で大学看護学部(4年制)をご卒業され、看護師経験も含めて、同ステップにて正看護師登録を目指すために、語学学校をお探しの方、または、オーストラリアの大学編入を希望される方、ぜひお問合せください。

オーストラリア看護協会が認める英語力については下記のページもご参考ください。

オーストラリア正看護師登録の英語力条件が更新されました
https://www.aswho.com/registered-nurse-english-requirement

なお、日本の正看護師保持者でも、最終学歴が看護専門学校の場合、上記のステップ(直接、オーストラリア看護協会への認定)は行えません。
最終学歴が、看護学(Bachelor of Nursing)が必要です。
オーストラリアの大学にて、看護学(編入含め)を目指す方は下記のページもご参考ください。
オーストラリアで正看護師
https://www.aswho.com/nursing
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は15年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。オーストラリア留学センターサイトとオーストラリア留学センター・進学版サイトの中の人(企画・更新の管理責任者)です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら