オーストラリアの専門・大学・大学院留学のスペシャリスト

手配料無料! 現地 6都市サポート無料!

シドニー・メルボルン・パース・ブリスベン・ゴールドコースト・アデレード・日本の 7都市サポート

ドライバーレスカーが走る!アデレードで Autonomous System を学ぶ。

先日、南オーストラリア州都アデレードで「オーストラリア初のドライバーレスカーの試験運転」を11月7日、8日に開始する発表がありました。
ドライバーレスカーは、ドライバーを必要としない自律走行車のことですが、このドライバーレスカーはすでにサイエンスフィクションの世界から現実世界のものへとなっています。大手自動車メーカーはもとより、インターネット企業のGoogle は早い段階からドライバーレスカーの研究・開発を行っています。

今回アデレードで実施が発表されたような同様の試験運転は、アメリカ、イギリス、スウェーデンで開始されており、交差点、地下道などでの機能、橋、レンガ造りの通り、砂利などの路面での走行性能を含め行われます。
ただ、実際にドライバーレスカーが公道での走行試験を許可している州はオーストラリアでは南オーストラリア州のみで、アデレードでは Southern Expressway とAdelaide Airport, Tonsley Innovation Park,の地区で開催されます。ちなみにアメリカでもいくつかの州でしか許可されていません。
volvo-xc90
※試験運転はVolvo社の XC90 です。

Premier Jay Weatherill: Driverless car trial to start on Adelaide’s Southern Expressway in November
http://goo.gl/ZtpLHN

こちらはGoogle が開発している Driverless car

もともとある産業の中で、まだまだイノベーションの余地がたくさんあるのが実は自動車産業だと言われています。
すでに一部の自動車メーカーは、2020年までに高速道路、交通渋滞などの一定のシナリオ(環境下)のもとで車を完全に操作する自動運転モード付きの自動車を本格的に売り出す計画を発表しています。今後の研究の進度から開発される自動運転モードは、ほんの少しの人間の関与だけで、より多くの状況に対処できるような設計となり、それは大幅なコスト低下から高級車から普通車へと広がりをみせていくと予想されています。
ドライバーレスカーの核になるのは、自動運転に必要となる情報を収集する「レーザーセンサシステム」、それをコンピュータで解析した後に運転操作命令が出力される「自動運転を制御するソフトウェア」にあります。
ドライバーレスカーに限らずですが、それらのすべてを含めた自律システムを Autonomous System と呼びます。


UniSA(南オーストラリア大学)で学ぶ Engineering – Autonomous System

maxresdefault
UniSA(University of South Australia -南オーストラリア大学) は、Engineering and IT 分野で全豪TOP 6 、全世界100位内に位置する大学です。
Engineering and IT 分野 ではとても強みのある大学ですが、Engineering の Specialization – Autonomous System の修士課程において、自律システムの機能要素、制御、自律メカトロニクスシステム、ソフトウェアプラットフォーム、産業用の自律作動およびオートメーション、センサシステムなどの設計・手法、についてを学べます。

大学名University of South Australia (南オーストラリア大学)
都市アデレード
コース名Graduate Diploma in Engineering – Autonomous System
授業料 32,000ドル
就学期間 1年
英語力基準IELTS6.5
入学時期 2月、7月
学力条件 エンジニアリング、サイエンス、テクノロジー分野の学士号

大学名University of South Australia (南オーストラリア大学)
都市アデレード
コース名Master of Engineering – Autonomous System
授業料 32,000ドル
就学期間 2年
英語力基準IELTS6.5
入学時期 2月、7月
学力条件 エンジニアリング、サイエンス、テクノロジー分野の学士号

※Mawson Lakes キャンパスの360度スクリーンルーム

また、UniSA ではEngineering の修士課程にて学ぶ優秀な学生に年間最大 9000ドルの奨学金(給付型。返済の必要はありません)を用意しています。
Master of Engineering – Autonomous System の年間授業料は 32000ドル ですから、優秀な成績を収め9000ドルの奨学金が得られれば、年間23000ドルで修士課程を学べる計算になります。詳細はこちら(南オーストラリア大学から修士課程の学生へ奨学金)でご確認ください。

ご興味のある方、ぜひお問い合わせください。

この記事は私が書いています

オーストラリア政府認定留学カウンセラー
PIER資格保持(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は15年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。オーストラリア留学センターサイトとオーストラリア留学センター・進学版サイトの中の人(企画・更新の管理責任者)です。

留学手配料無料、現地サポート無料のオーストラリア留学センターでは、留学に関する皆さまのご質問に、専門のスタッフが丁寧にメールで回答を差し上げております。尚、留学相談は、お電話各支店でも、無料で承っております。お気軽にご利用ください。

無料 留学相談はコチラ↓

24時間365日受付中!

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。