【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

マッコーリー・ビジネス・スクール(MGSM)で学ぶマネージメント


大学を卒業されたあとすぐに、「海外の大学院でマネージメントの知識とスキル、そして、20代のうちに海外就労経験やコネクションを作りたい」というお問い合わせが増えてきています。

オーストラリアの大学・大学院は卒業時に実践的なスキルを身につけられるようなカリキュラムになっていますが、グローバルTOP100に入るビジネス・スクールをもつマッコーリー大学では、大学を卒業してすぐの職歴がない方には、Master of Managementをオススメしています!

将来のリーダー育成のためのコースなので、「このコースで学べば、将来MBAを改めて学ぶ必要はない」と言われています。

目次

マッコーリー・ビジネス・スクール(MGSM)とは

マッコーリー大学のビジネススクールは、Macquarie Graduate School of Mangement(MGSM)といい、フィナンシャル・タイムズのグローバルMBA・TOP100(2019年は74位)、オーストラリアは常にトップ3に入るビジネス・スクールです。


MGSMで学ぶメリット

MGSMの先生から学べる

マネージメント以外のビジネスコースは、マッコーリー大学のビジネス学部の先生から授業を受けますが、マネージメントコースの必修科目は、MBAを教えているMGSMの先生から学ぶことができます。(基礎科目と選択科目は、科目によりMGSMの先生から学ぶこともできます)

また、MGSMの校舎は一般の大学生のいる校舎からは少し離れており、構内にはMBAのためオーストラリア国内や海外からのビジネスパーソンが学んでいますので、大学生が集まる校舎とは違った雰囲気で学べます。


インターンシップ・プログラム

マネージメントコースは、必修科目にインターンシップの科目が入っていますので、現地の会社での就労経験も可能です。また、マッコーリー大学はMacquarie Park Innovation District(MPID)という、イノベーションを起こす企業が集まったビジネスエリアの中心に学校がありますので、選択授業の科目やCareer Hubでの相談で、別のワークエクスペリエンスやインターンシップの機会もあります。


起業家のための施設・インキュベーターが使える

大学在学中から起業を考えている学生とビジネスアイディアを求める会社の人達が集まり、交流をしたり、ビジネスパーソンを呼んでの講演会などがあるインキュベーター。マッコーリー大学はインキュベーターをいち早くスタートさせ、実際に学生グループが企業をし始めています。

コネクションづくり、学校で学ぶ科目以外の知識を業界のリーダーたちから学べるチャンスがあることから、起業家以外の学生たちにも好評です。


グローバル・リーダーシップ・プログラム(GLP)

マッコーリー大学では、マッコーリー大学の学生が、世界の問題に対しての理解や世界で通用するスキルを身につけるだけでなく、ボンラティアやイベントへの参加を通して、実際の世界を体験することができるよう作られたプログラムです。

大学院の学生の場合は、国際問題についての討論などを行うシンクタンクに参加したり、定期的に開催されるGLPゲストスピーカーのレクチャーを聴講し、ネットワーキングに参加することができます。


コース期間

日本の大学を卒業してからマネージメントコースに入学をする場合、大学の学部や成績によって期間が異なります。

2年間学ぶ
下記の条件を満たしている場合、就学期間は2年間となります。

成績条件大学卒業(学部不問)
英語条件IELTS6.5以上(各6.0以上)

カリキュラム構成基礎+必修・専門+選択科目
卒業に必要な単位160単位


1.5年間学ぶ
下記の条件を満たしている場合、就学期間は1.5年間となります。2つのオプションがあります。

成績条件1大学卒業(学部不問)+WAM 65以上
英語条件IELTS 6.5以上(各スコア6.0以上)

カリキュラム構成基礎+必修・専門科目
卒業に必要な単位120単位

もしくは、

成績条件1大学でビジネス関連学部卒業
成績条件2大学卒業+2年間の認められた職歴
英語条件IELTS 6.5以上(各スコア6.0以上)
*成績条件は1,2のいづれか。

*関連学部は、ビジネス系(マネージメント、コマースなど)。

カリキュラム構成必修・専門+選択科目
卒業に必要な単位120単位


1年間学ぶ
下記の条件を満たしている場合、就学期間は1年間となります。

成績条件1大学院でビジネス関連学部のGraudate Diploma修了
成績条件2大学で関連学部を卒業、2年間の認められた職歴、大学卒業(学部不問)+WAM65以上のうち2つが当てはまる
英語条件IELTS 6.5以上(各スコア6.0以上)
*成績条件は1,2のいづれか。

*関連学部は、ビジネス系(マネージメント、コマースなど)。

カリキュラム構成必修・専門科目のみ
卒業に必要な単位80単位


コースのカリキュラム


カリキュラムの構成に合わせて、下記の科目を受講します。


ファウンデーションゾーン
ビジネスの基礎を学ぶます。大学のビジネス以外の学部から入学をした学生さんは、必ずファウンデーションを学びます。


基礎科目・40単位
  1. Managing Finance(財務管理)10
  2. Managing Data(データの管理)10
  3. Managing People(人の管理)10
  4. 下記の2つのうち、1科目選択
  5. Managing Customers(顧客の管理1)10
  6. Introduction to Marketing Management(マーケティング管理入門)10

コアゾーン
プロフェッショナルなマネージメントの知識とスキルを身につける、必修・専門科目です。MGSMの先生から学びます。また、プロフェッショナル実習として、インターンシップが含まれます。

必修+専攻科目・80単位
  1. Managing Technology(テクノロジーの管理)10
  2. Managing Globally(グローバルな管理)10
  3. Professional Practice(プロフェッショナルプラクティス)20
  4. Learning to be a Leader(リーダーになることを学ぶ)10
  5. Managing Strategically(戦略的な管理)10
  6. Change Management(変更管理)10
  7. Learning to be Persuasive(説得力を持つことを学ぶ)10

フレキシブルゾーン
マッコーリー大学のビジネス学部にある科目を、自分の興味に合わせて学びます。この中には海外の別の大学への留学なども含まれます。

選択科目・40単位
  1. International Accounting(国際会計)10
  2. Measuring and Managing Performance(パフォーマンスの測定と管理)10
  3. Business and Professional Ethics(ビジネスおよび職業倫理)10
  4. Law for Managers(マネージャーのための法律)10
  5. Corporate Finance(コーポレートファイナンス)10
  6. International Investment and Risk(国際投資とリスク)10
  7. Managing Investments(投資の管理)10
  8. Financing New Ventures(新しいベンチャーへの融資)10
  9. International Financial Management(国際財務管理)10
  10. Investing in Emerging Markets(新興市場への投資)10
  11. Big Data and Decision Analysis(ビッグデータと意思決定分析)10
  12. International Trade(国際貿易)10
  13. Management Consulting Project(経営コンサルティングプロジェクト)10
  14. Management Internship(管理インターンシップ)10
  15. Management Research Report(マネジメントリサーチレポート)10
  16. International Study Tour(国際スタディツアー)20
  17. Project Management(プロジェクト管理)10
  18. International Study Tour(国際スタディツアー)10
  19. Negotiation and Conflict Resolution(交渉と紛争解決)10
  20. Leadership Development(リーダーシップ開発)10
  21. Entrepreneurship in Business(ビジネスにおける起業家精神)10
  22. Managing Supply Chains(サプライチェーンの管理)10
  23. International Business Strategy(国際ビジネス戦略)10
  24. e-Business Strategy(e-ビジネス戦略)10/li>
  25. Comparative Human Resource Management(人事管理の比較) 0
  26. Managing Cultural Diversity(文化的多様性の管理)10
  27. Principles of International Marketing(国際マーケティングの原則)10
  28. Marketing Communications(マーケティングコミュニケーション)10
  29. Strategic Branding(戦略的ブランディング)10
  30. Advanced Consumer Behaviour(高度な消費者行動)10
  31. Design Thinking for Innovation(革新のためのデザイン思考)10


【注意点】
*フレキシーゾーンでは、基本的にどの科目の選択をすることができますが、受講条件は満たす必要があります。

*科目は予告なしに変更となる場合があります。

Master of Management 入学詳細・費用


入学要項
入学2月/7月
期間1〜2年間
学費年間37,500ドル×2年間=75,000ドル(約563万円)/1年 37,500ドル(約282万円)/1.5年 56,250ドル(約422万円)(2021年度)
学歴成績大学卒業など(期間によって異なります)
英語IELTS6.5以上(各6.0以上)/TOEFL83(L12,R13,W21,S18)

コース詳細ページ:Master of Management

IELTSスコアが足りない場合は、英語コースからスタート

IELTSスコアが足りない場合、まずはMUICで開講している英語コースからのスタートし、ダイレクト・エントリー・プログラムを修了するとIELTS試験免除で大学院のコースへ進学できます。

Direct Entry for Business詳細
英語IELTS6.0以上(ライティング6.0以上)/TOEFL73(ライティング21以上)
入学5月/11月
期間10週間
学費入学金200ドル、学費週490ドル(2020年度)

2020〜2021年入学者向け奨学金
現在マッコーリー大学では、2020〜2021年に大学に入学をされる日本国籍の方を対象に年間5,000ドルの奨学金をオファーしています。これは合格者全員もらえる奨学金なので、出願と同時に奨学金の査定も行われ、別途申請する必要はありません。


【通常】37,500ドル(約282万円)
【奨学金適用】32,500ドル(約244万円)



留学相談&お問い合わせ先


当社オーストラリア留学センターは現地の無料エージェントであり、マッコーリー大学を含め、全豪多数の大学の公式出願窓口となっており、ご相談~出願手続き~現地生活サポートまで無料でご利用頂けます。
お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2020年5月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2020年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=75円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。


CRICOS Provider Number 00002J
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号G176)
英語の習得はもちろん、様々な経験やチャンスを得られるシドニー。最終的な目標を是非お知らせ下さい!時間もお金も無駄にしないよう、効率的な方法をご案内します。もちろん、留学中は自分の方向性を見失った時、辛い時にもしっかりサポート。一緒に頑張っていきましょう! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら