オーストラリアの専門・大学・大学院留学のスペシャリスト

手配料無料! 現地 6都市サポート無料!

シドニー・メルボルン・パース・ブリスベン・ゴールドコースト・アデレード・日本の 7都市サポート

メルボルンでホテル研修+有給インターンシップ(4年間学士号)

メルボルンでホテル研修+有給インターンシップ

ビクトリア州の州都、メルボルンは世界一住みよい都市NO1にも選ばれており、年間を通して国際的なイベント(全豪オープンテニス、F1、メルボルンカップなど)が多く開催されている活気溢れる街なので、観光、イベント、ホスピタリティーを学ぶにはまさに絶好の留学先です。ここメルボルンで特に有名なのがWAI – William Angliss Institute(ウィリアム・アングリス・インスティチュート)。実践型のカリキュラムでホスピタリティー(接客)・ツーリズム(観光)・イベント運営・クッカリー(調理)・パティシエ(菓子職人)の5つコースを開講しています。

WAI では基礎レベル(Certificate)~応用レベル(Diploma)~Bachelor(学士号)へと順に進学していき、最終的に4年間で大学卒業の学位=学士号(Bachelor)を取得します。

そのなかでもホテル就職を目指す方に最適なのが、「Hotel Stream」コースです。同コースではホテル研修と有給インターンシップが含まれており、就学中に実務経験を積みながらお金を稼ぐことも出来ます。
「学士号=大学で取得」というイメージが強いですが、このようにTAFEで取得することもでき、同じ学士号(Bacheolr)を取得するのでも大学より約120~400万円ほど安価になります。

更にWilliam Anglissでは通常の学士号コース3年に加え1年間の有給インターンシップも含まれており、派遣先の平均時給は20ドル以上!
William Angliss Instituteは教育機関としてのクオリティーの高さもさることながら、学費も安価で、更にインターンシップで実務経験を積みながらお金も稼ぐことができるので、4年間で勉強と就労の両面でホスピタリティー・ツーリズム業界へのキャリアを目指すことが出来ます!

4年間の進路のながれ

Bachelor of Tourism and Hospitality Management packaged with Diploma of Hospitality(Hotel Stream) コース
1年目【1学期目】Diploma of Hospitality
【学費】$8,000 (約64万円)
【2学期目】Diplona of Hospitality (ホテル研修)
【学費】$8,000 (約64万円)
2年目【3学期目】Bachelor of Tourism and Hospitality Management
【学費】$8,300 (約66万円)
【4学期目】Bachelor of Tourism and Hospitality Management
【学費】$8,300 (約66万円)
3年目【5学期目】IPP – 有給インターンシップ
【学費】$2,075 (約16万円)
【6学期目】IPP – 有給インターンシップ
【学費】$2,075 (約16万円)
4年目【7学期目】Bachelor of Tourism and Hospitality Management
【学費】$8,300 (約66万円)
【8学期目】Bachelor of Tourism and Hospitality Management
【学費】$8,300 (約66万円)
合計4年間
(3年+1年有給インターンシップ)
総額 53,350ドル(約426.8万円)
※1豪ドル=80円換算の場合
【ホテル研修】
1年目の後期は10週間のホテル研修インターンシップです。3週間ハウスキーピング、3週間Food & Beverage、3週間レセプション、1週間シャドースーパーバイザーが経験できます。
また、マスタークラスと呼ばれるホテル就職に特化した内容を勉強したり、希望者はスタディーツアー(シンガポール)にも参加できるすることができます※別途追加費用
【有給インターンシップ】
3年目は1年間有給のインターンシップです。
主にホテルやレストランでのFood & Beverage(パークハイアット・シェラトン・パークロイヤル・MCECのレストラン等)、アミューズメントやイベント関連でのインターンシップになります。派遣先では20ドル以上の時給を稼ぐことが出来ますので、実務経験と収入をを得ることが出来ます。※配属先は書類審査やインタビュー(面接)で決まります

入学条件

【査定書類】
・最終学歴の成績証明書(英文)
・最終学歴の卒業証明書(英文)
・パスポートコピー
【条件】
・学力:高校卒業以上
・英語:IELTS5.5
IELTSポイントは無くても出願できます。提携語学学校の英語テスト(無料)を受けていただき、その結果次第で「英語コース●週間必要」と判断され、語学学校+WAI をパッケージで入学手続きします。

まずは英語コースからスタート

William Angliss Instituteへ入学するのに必要な英語力は、IELTS5.5/TOEFL IBT 70~IELTS6.0/TOEFL IBT 80以上です。
このスコアに達していなくても出願は可能ですが、その場合、まずはメルボルンにあるWilliam Angliss Institute提携の語学学校(Impact English Collegeなど)での英語コースを受講してから、William Angliss Instituteへ入学する流れとなり、つまり、「提携語学学校+William Angliss Institute」をパッケージで申し込むことになります。
尚、提携語学学校Impact English Collegeには無料の英語レベルチェックテストがありますので、IELTSやTOEFLを受験する必要はありません。

まずは英語レベルチェックテスト(無料)を受けてみたい方、大学進学をお考えの方は、お気軽にお問合せください

この記事は私が書いています

オーストラリア政府認定留学カウンセラー
PIER資格保持(QEAC登録番号H318)
13歳でのメルボルン短期留学をきっかけに「英語」と「海外」に目覚め、その後カナダ(語学留学)とアメリカ(大学留学)にも留学。卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアへ再渡豪し、オーストラリア留学センターでワーペリ。帰国と同時にオーストラリア留学センター日本窓口が開設され現職へ。留学生を現地オーストラリアで「迎え入れる立場」と日本から「送り出す立場」、両側での勤務経験を通して、双方の視点からアドバイスすることを心がけています。

留学手配料無料、現地サポート無料のオーストラリア留学センターでは、留学に関する皆さまのご質問に、専門のスタッフが丁寧にメールで回答を差し上げております。尚、留学相談は、お電話各支店でも、無料で承っております。お気軽にご利用ください。

無料 留学相談はコチラ↓

24時間365日受付中!

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。