【オーストラリアの入国規制緩和について】- 2021年12月15日以降、日本からの入国が可能になりました(一部の州)

GST-オーストラリアのGoods and Services Tax

オーストラリアには、日本の消費税に近い、物品とサービスに対する税金(GST/Goods and Service Tax)があります。
基本的にすべての物品とサービスに課される税金で、施行から2013年現在まで、税率は10%に据え置かれています。なお、表示に関しては内税方式が義務付けられていますので、表示額にGSTがプラスされるわけではありません。

ただし、このGSTには、対象外として税金のかからない物品やサービスがあります。
留学生やワーキングホリデー・メーカーに関わることの多いもののみ、紹介しておきます。

【GST対象外の物品・サービス】

■基本的な食品
スーパーで買う食材などがこれにあたります。
ただし、お菓子やジュースなどの加工品や、外食(ハンバーガーやレストラン)などは、GSTの対象となります。

■個人住宅の家賃
アパートの賃貸、シェアやホームステイなどの宿泊費には、GSTはかかりません。ただし、それら滞在のための斡旋費などは、支払い場所や会社の形態によって、かかる場合とそうでない場合があります。

■教育
学校の授業料などはGSTの対象外です。日本の留学代理店などで、万が一GSTを請求された場合には、違法行為にあたります。

■保険
医療保険などの保険料には、GSTはかかりません。

■医療
医療サービス、入院などの費用には、GSTはかかりません。

※上記に挙げたものにも、細かい規定が設けられていますので、詳しくはオーストラリア国税局のサイトをご覧ください。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I008)
2020年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は17年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら