【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

グリフィス大学で学ぶフィルム・スクリーンメディアプロダクション(映画学)

目次
15年ほど前までは、DVDをお店に借りに行き、映画やドラマを観ていた人がほとんどだったかと思いますが、ここ数年でNetflixやHulu、AmazonプライムやDisney+などといった定額制動画配信サービスを利用する人がどんどん増え、映画、ドラマ、ドキュメンタリーなどがさらに身近な存在になりました。
日本では、コロナ禍の影響で映画館が休館したり、人数制限をして営業をしたりしていますが、この動画配信サービスを使えばiPhoneやタブレット、パソコンで数万本~数十万本の作品を簡単に視聴することができてしまいます。さらに携帯電話やタブレットだと、小さくて視聴しづらいという問題に対しては、googleが出しているクロームキャストやAmazonのファイヤースティックを使用すれば、自宅のテレビにストリーミングし、大画面で家族と一緒に視聴することも可能になり、外出が難しいコロナ禍の生活に楽しさを加えてくれます。
映画というと、どうしてもアメリカの作品が注目されていますが、近年はインド、中国映画なども注目されており、年々国際色が豊かになっていくのが印象的な業界でもあります。日本もアニメ映画で高い評価を得続けており、世界で活躍する日本人も少なくありません。今回は、「将来映画業界で仕事をしたい、キャリアを築いていきたい」とお考えの方に向けて、グリフィス大学のフィルム・スクリーンメディアプロダクションコースをご紹介します。

グリフィス大学で学ぶフィルム・スクリーンメディアプロダクション

グリフィス大学のフィルム・スクリーンメディアプロダクションコースでは、就職時に即戦力として力を発揮できる様、個々ではなくチームで作品を作っていけるように学びます。伝えたいことを画面上で表現する方法はもちろん、映画の歴史、映画作成においての様々なスキル、映画評論などについて徹底的に学びます。また、映画編集、プロデュース、シネマトグラフィー、演出、プロダクションデザインなどから自分が最も興味がある科目を選ぶこともできるので、映画作成においてのチームワーク、基礎知識だけでなく、より専門的なピンポイントの勉強をすることができます。当コースは3年間となっており、卒業までの構成は下記の通りです。

3年間の履修構成(24科目)

1年目(Year1)
・Language and communication for arts and social science(留学生のみ)
・Story and voice
・Short film project
・Image and sound
・Post production and audience
・Story and audience
・TV studio produciton
・Post production and markets
2年目(Year2)
・Episodic content
・Asia pacific film
・Industry engagement
・Documentary production
・Interactive storytelling
・Elective(選択科目)
・Elective(選択科目)
・Elective(選択科目)
3年目(Year3)
・Production project1
・Production project2
・Screen Futures
・Screen entrepreneurship
・Elective(選択科目)
・Elective(選択科目)
・Elective(選択科目)
・Elective(選択科目)
※選択科目は多岐に渡り、ワークプレイスメント(インターンシップ)を含めた約30科目の中から選ぶことができます。この30科目は当コースに関連している科目になりますが、もし「全く別の専攻から科目を履修したい」ということであれば、それも可能です(履修不可の科目もあります)。

卒業後のキャリア

テレビ、映画業界はもちろん、ミュージックビデオ作成、オンラインコンテンツ作成、フェスティバルや映画祭などでの活躍、デジタルアート作成などが挙げられます。他には、声優、グラフィックデザイナー、映像編集、脚本家など、様々なキャリアを築くことができます。

当コースへの進学方法

日本の高校を卒業してから留学する場合、2通りの進学方法があります。
①付属のGriffith Collegeでファウンデーションコースを受講し、大学本科へ進学する(3年8ヶ月間)
②大学へ直接入学する

①ファウンデーションコース(8ヶ月)→大学本科コースへ進学
期間2学期(8ヶ月)
キャンパスブリスベン(マウントグラバット)、ゴールドコースト
入学2月/6月/9月
学費22,700ドル(約191万円)(2021年度)
条件高校の成績
高校で履修したアカデミック科目の成績がすべて2.8以上であること
英語力
IELTS5.5以上(各5.0以上)、または付属英語学校の規定コースを修了すること
②大学へ直接入学する
期間3年間
キャンパスブリスベン(サウスバンク)
入学2月のみ
学費31,000ドル×3年=93,000ドル(約772万円)(2022年度)
条件高校の成績
高校で履修したアカデミック科目の成績が3.7以上であること
ポートフォリオ
下記2つのうち、1つ選び、300~500字のエッセイを提出すること
①The production role in a film crew you identify with most and why?
②What is it about your favourite film that resonates with who you are?
英語力
IELTS6.5以上(各6.0以上)またはTOEFLibt79以上(W19, R19, L19, S19)または付属英語学校の規定コースを修了すること
※IBスコアをお持ちのお客様は別途お問い合わせください。
※奨学金については、こちらをご覧ください。

出願に向けての準備

1. まずは英語試験を受けましょう
日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
IELTSスコアは足りなくても出願可能です。その場合はグリフィス大学付属属語学学校とセットでのお申込みとなります。
2. 出願に必要な書類4点を準備しましょう
出願には下記4点の書類が必要となります。
  • 最終学歴の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 最終学歴の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー
3. 出願手続きスタート
最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式に出願手続きへ進みましょう。

留学相談&お問い合わせ

当社オーストラリア留学センターはグリフィス大学を含め全豪27大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。
お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2021年9月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=83円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H310)
オーストラリアで学生だった頃の自分自身の経験を生かし、みなさんの留学に対する疑問、不安点にお答えしています。最適な留学プランは十人十色。一緒にステップアップできる留学プランを立てていきましょう! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら