【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

韓国籍をお持ちの留学生へお知らせ

お知らせ

2012年に、韓国のアセスメントレベルが1に変更されたため、オンラインでビザ申請することが出来るようになりました。詳しくはこちらのページをご覧ください。
韓国籍保持者で、オーストラリア国内にて学生ビザ申請をする際の、注意点をお知らせします。

今回、韓国籍は、現在「アセスメントレベル2に該当する留学生」に該当するため、英語学校、専門学校/TAFE、大学(修士号のリサーチを除く)にて就学を予定している場合、オーストラリア国内からの新規ビザ申請はできません。新規の学生ビザは、必ずオーストラリア国外で申請する必要があります。

オーストラリア国外にて学生ビザを申請し入国、そこで、オーストラリア国内で再度学生ビザを更新(延長申請)することは可能です。しかし、ワーキングホリデービザ→学生ビザ。観光ビザ→学生ビザの切り替えは一切出来ません。

この規則を知らずに、「ETASで入国し、オーストラリアでビザ申請をしよう」と予定している留学生からのご質問を度々いただきますが、「入国後、ビザ申請のために一度オーストラリア国外に出国しなければならない」という、余計な航空券の出費が必要となりますから、この点はご注意ください!
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号G176)
英語の習得はもちろん、様々な経験やチャンスを得られるシドニー。最終的な目標を是非お知らせ下さい!時間もお金も無駄にしないよう、効率的な方法をご案内します。もちろん、留学中は自分の方向性を見失った時、辛い時にもしっかりサポート。一緒に頑張っていきましょう! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら