個人とコミュニティのあり方を考える~ウーロンゴン大学~

ネット社会が発達し「個」に重きを置かれる現代社会。

一方で、不確実性や多様性が増す社会では、バーチャル・リアルに関わらず、個人とコミュニティの重要性やつながりの再構築が注目を集めています。

日本でも災害時に人とのつながりが見直され、外国人の増加や生活様式の多様化、仕事面でも転職や会社に属さない生き方を目指す人、地域に根差す人や海外に基盤を持つ人等、これまでにない速度で社会変化を経験しています。

そのような変化する社会で、個人と社会の安心感や満足度、人間の幸福度(ウェルビーイング)をどのように高めることができるのかを、学問的に学べるのが社会科学(Social Science)です。

ウーロンゴン大学では、「個人とコミュニティの関係とウェルビーイング」という視点から、社会科学のコースを開講しています。

ウーロンゴン大学 Social Science

ウーロンゴン大学の社会科学コースで学べる分野はこちらとなります。
                                     
Bachelor of Social Science
Criminology
犯罪学
犯罪学では、なぜ人は犯罪を犯すのか、社会は犯罪をどのように規定するのか、社会や個人は犯罪に反応するのか、そしてその反応が犯罪者、被害者、コミュニティにとって公明正大であるのか、といったことを学びます。
Health Promotion
ヘルスプロモーション
食生活、運動、ライフスタイル等を通じて、人々の健康をどのように促進していくのかを考察します。個人の健康促進と社会、環境、政治経済的な面の関連性といった、大きな視点から学ぶことができます。
Human Geography
人文地理学
人と場所についての学問分野であり、ウーロンゴン大学では特に、気候変動、経済発展、環境マネジメント、人や文化の変化、都市計画等、社会と環境に焦点を当てて学ぶことができます。
Indigenous Studies
民俗学
オーストラリアでは、特にアボリジニ研究に焦点を当て、先住民と現代社会の複雑な問題について考察します。先住民のコミュニティ形成、アイデンティティ、健康問題、政治問題等、歴史的視点を交えて現代社会と先住民について学びます。
Public Health
公衆衛生
病気のまん延をどのように防ぐのか、寿命を長くできるのか、健康的な生活を送るにはどうすればよいのか等を、科学的に分析し、人々、環境、政策の面から学ぶことができます。
Social Marketing
ソーシャルマーケティング
経済活動と公共の利益を矛盾なく両立させる方法を考察する分野です。企業と公共の利益を、マーケティング、社会科学、イノベーション学、デザイン思考を取り入れて学びます。
Sociology
社会学
社会学の範囲は広く、人間と社会について問う学問分野です。社会生活、文化・社会の変化、社会的責任、そして人の活動の結果等、社会現象と人のかかわりを研究し、どのように解釈・説明をするのか、そして社会問題をどのように解決するのかを学びます。
副専攻上記主専攻の他、Food and Society(食と社会)、Psychology(心理学)、Work Health and Safety(労働安全衛生)等を副専攻として受講することもできます。
Bachelor of Sustainable Community
「コミュニティの持続性」について学べる学部で、流動性の高い現代社会でコミュニティの果たす役割や維持の問題を、人文地理学、社会政策、ヘルス、カルチュラルスタディーズ、経済、科学とテクノロジー、国際関係といった幅広い分野の知見を取り入れ考察します。

副専攻として、Conservation Studies(環境保全)、Environmental Crisis and Response(環境問題)、Future Cities(未来都市)、Spatial Methods(地理空間)を学ぶことができます。

入学基準と学費

ウーロンゴン大学の社会科学コースの入学基準と学費をご案内いたします。
                           
Bachelor of Social Science
成績基準高校を5段階中3.8以上の成績があれば、大学直接入学ができる可能性があります。直接入学ができない場合は、UOW Collegeのファウンデーションコースから進学を目指します。
英語力IELTS6.5(リーディング・ライティング6.5、スピーキング・リスニング6.0以上)
TOEFL iBT88(リーディング・ライティング20、リスニング・スピーキング18以上)
学費年間26,064ドル(約214万円) x 3年
Bachelor of Sustainable Community
成績基準高校を5段階中3.8以上の成績があれば、大学直接入学ができる可能性があります。直接入学ができない場合は、UOW Collegeのファウンデーションコースから進学を目指します。
英語力IELTS6.0(各セクション6.0以上)
TOEFL iBT79(各セクション18以上)
学費年間26,064ドル(約214万円) x 3年
英語力条件を満たせていない場合は、UOW Collegeで開講されている英語コースで学び、英語力条件を満たすこともできます。

ウーロンゴン大学への進学

オーストラリア留学センターは、ウーロンゴン大学の公式相談・出願窓口として、皆さまのウーロンゴン大学への進学を無料でお手伝いしております。

ウーロンゴン大学の社会科学コースにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。
※※備考※※
・・本記事は2019年2月1日現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準や学費等は変更されることもございますのでご留意ください。
・ご参考の日本円は1ドル=82円換算としております。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H297)
現在は石川県から留学相談をさせて頂いています。色々な情報をインターネットで探せますが、やはり実際はどうなのか、何が本当なのか不安はつきまとうもの。まずはお気軽にご相談ください。考え過ぎて立ち止まるなら、一度動いてみませんか? このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら