【お知らせ】 - オーストラリア政府が、3月20日の21時以降オーストラリアに到着する全渡航者の入国禁止を発表しました。留学予定の方はご注意ください。

アデレード大学で学ぶ材料工学 – Materials Engineering

Materials Engineering – 材料工学とは?

オーストラリアで材料工学(Material Engineering)とは何を学ぶ学問でしょうか。

人間は何かのモノを作るとき、必ず ” 材料に何を使うか?” を考えます。すべてのモノは材料がないと作ることができないからですね。

現代のモノづくりでは軽量&安価に大量生産できる材料が必要不可欠となっている反面、宇宙分野、医療分野 など特殊なフィールドのみで活躍する材料もあります。それらの材料の特性を解明、材料の開発、社会のあらゆるモノづくりの場で必要とされている材料を学ぶのが、材料工学(Material Engineering) です。

そのため材料工学は、工学全体の基盤となる学問と言えるでしょう。

材料工学(Material Engineering)と材料科学 (Materials Science)の違い

材料工学(Material Engineering) と 材料科学 (Materials Science) は混同されがちですし、確かに多くの重なる部分が多い2つの学問ではあります。

材料工学は 材料を作る際の 「プロセス技術」が主たる分野になり、分析評価技術に加え、特定産業における材料生産での対費用利潤の評価などを学びますが、大きく分けて Material Engineering = 材料を作る、Materials Science = 材料の性質の研究、と考えられています。
かつては 金属材料(金属学など)が主体でしたが、現在では様々な材料の出現で分かれていた分野が統合したため包括的に学べる学問が必要となります。
双方とも大きく重なる学問ではありますが、工学の視点(材料を作る・開発する)からが、Material Engineering、科学からの視点が Material Science(材料における性質や自然現象の影響など) と言えるでしょう。
*大学によっては双方が混在している場合もあります。

アデレード大学で学ぶ 材料工学修士号 – Master of Materials Engineering

オーストラリアの大学では、材料科学(Materials Science)のコースはいくつかの 大学にて開講していますが、材料工学(Materials Engineering)は実は多くはありません。

南オーストラリア州にある アデレード大学にて Master of Materials Engineering
が開講しています。 アデレード大学の Master of Materials Engineering では、実生活インターフェース(Real world Interface )で有効な 材料工学を中心にハイレベルの知識と実用的な研究スキルを学べる様にコースが組まれています。

その、アデレード大学で学ぶ Master of Materials Engineering は、全豪の中ではトップレベルの研究所の一つ、アデレード大学 エンジニアリング研究所(University’s state of the art engineering research labs)施設の利用も含め、エネルギー& 触媒材料センター(the University of Adelaide Centre for Materials in Energy and Catalysis) や、 ARC (Australia Research Council) Research Hub for Graphene Enabled Industry Transformation などの研究職員が メンターとして学習のサポートをしてくれます。

また、材料工学の学問分野を3つの主専攻から、より深く専門的に学ぶこともできます。

3つの専攻リスト
  • Energy : エネルギーの生成と貯蔵のための材料(例:リチウムイオン電池、太陽電池、燃料電池、水素電池など)
  • Quantum : 発光ダイオード(LED)や高エネルギーダイオードの製造に使用できる量子材料
  • Optical : ヘルスケア分野および医療用光学材料

また上記の主専攻に関わるアデレードのエンジニアと科学者をスーパーバイザーにリサーチプロジェクトを通じて、さらに研究を深めることもできます。

大学アデレード大学(The Unversity of Adelaide)
コース Master of Materials Engineering
期間 2年間
入学2月/7月
学費$44,500 × 2年間=$89,000(約623万円)
英語IELTS6.5以上(各6.0以上)またはTOEFL ibt 79以上(listening 13, reading 13, writing 21, speaking 18)

留学相談&お問い合わせ先

当社オーストラリア留学センターはアデレード大学を含め全豪29大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願てつづき、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。
お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2020年3月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2020年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=70円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は15年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。オーストラリア留学センターサイトとオーストラリア留学センター・進学版サイトの中の人(企画・更新の管理責任者)です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら