TAFE NSWでホスピタリティを学ぶならRydeキャンパスで

TAFE NSW ホスピタリティコース

TAFEは(テイフ)とは、Technical and Further Educationの略称で、公立の職業訓練校で100年以上の歴史があります。
所有、運営、資本を州、または地域政府が行い、ニューサウスウェールズ州のTAFEは、シドニー市内中心部とシドニー近郊の地方の20近いキャンパスがあり、それぞれに設けているコースが異なりますが、各キャンパスは学習におて一切の設備が備わっています。

シドニー市内からバスで30ー40分ほど北の閑静な住宅街には、TAFE NSW Northen Sydney Institute – Ryde Campus(ライドキャンパス)があります。緑が多く、自然豊かなキャンパスです。

ライドキャンパスのメインコースは、ホスピタリティとホーティカルチャー(園芸)。
先日は、このライドキャンパス内にあるホスピタリティコースの実習の為のトレーニングレストランであるAmbasadderレストランへ行ってきました。

photo 4
ホスピタリティコースはNSW州TAFEの中にもいくつかキャンパスがありますが、ライドキャンパスは、Le Cordon Blue(ル・コルドンブルー)のシドニーキャンパスも併設され施設の充実度は抜群。
Ambasadderレストランはトレーニングレストランとして受賞歴があるほどです。

レストランは一般にも解放されていて、ホスピタリティやクッカリー(調理)コースで学んでいる学生がレストランでのサービスやキッチンでの実践を積んで行く事が出来ます。

見学当日は海外留学生がレストラン内でのサービスを担当する日で、バーカウンターでカクテル作り、ディナーのオーダー取り、3コースが終わってからの食後のコーヒーまで、サービスの一連の流れを全て行います。

WP_20141013_008
レストラン内にはTAFEの先生がスーパーバイズとして常に学生の動きをチェックしているので、所々でしっかりと学生のフォローをしているのが印象的でした。
WP_20141013_006
レストランフロアをスーパーバイズする先生と

キッチンのほうではアプレンティスシップ制度でTAFEで学ぶローカルのオーストラリア人学生達が担当していたので、留学生もローカル学生とも交流のある環境です。

今回キッチンを担当した学生達が最後に各テーブルに挨拶に廻ってこられたのですが、ライドキャンパスから遠く離れた郊外から数時間かけて来ているそうです。
わざわざライドキャンパスまで時間をかけてくるのも、ライドキャンパスのホスピタリティコース充実度が伺えます。

WP_20141013_011
キッチンを担当した学生たち。

ライドキャンパスでホテルマネージメントの学位取得も出来ます

TAFEライドキャンパスのDiploma of Hospitalityコースを修了後、引き続きTAFEライドキャンパスでCharls Sturt UniversityのBachelor of Hotel Managementコースを継続して学ぶことが出来ます。
1年分の単位免除も受けられ、大学の2年次への編入が可能な点も見逃せません。(※TAFEで規定の成績を修める事が必要です)

TAFE Diploma of Hospitality(1年)+ CSU Bachelor of Hotel Management(2年)=トータル3年


コース名 Diploma of Hospitality
入学条件 IELTSオーバーオール5.5(アカデミックモジュール)、高校卒業資格
入学時期 2015年2月、7月
※Bachelor of Hospitalityとのパッケージの場合は、2月入学のみ
コース期間 1年間
コース費用 授業料13,600ドル(1ドル95円計算で約129万円)
  
コース名 Charls Sturt University Bachelor of Hotel Management
入学時期 2月
コース期間 3年間(TAFE Diploma of Hospitalityから編入の場合は2年間)
コース費用 授業料1年あたり16,000ドル(1ドル95円計算で約152万円)
※2015年度費用未発表のため、2014年度費用でご案内


                          

調理師、パティシエとしてのスキルを極めたい方はこちら


コース名 Diploma of Hospitality and Certificate 3 in Commercial Cookery
入学条件 IELTSオーバーオール5.5(アカデミックモジュール)、高校卒業資格
入学時期 2015年2月、7月
コース期間 1.5年間
コース費用 授業料22,200ドル(1ドル95円計算で約210万円)

コース名 Diploma of Hospitality and Certificate 3 in Patisserie
入学条件 IELTSオーバーオール5.5(アカデミックモジュール)、高校卒業資格
入学時期 2015年2月、7月
コース期間 1.5年間
コース費用 授業料19,200ドル(1ドル95円計算で約182万円)





TAFENSWノーザンシドニーインスティチュートの担当スタッフ曰く、ホスピタリティコースは「人と接する事、おもてなしをすること」が好きな人にはぴったり。
2020年の東京オリンピック開催決定で、日本国内のホテルやホスピタリティ業界ではより「英語で接客出来る人材」の需要が高まっています。
オーストラリアの学生ビザでは2週間で40時間までのアルバイトが認められているので、TAFEで学びながらローカルのレストランでのアルバイトをする留学生も多く、アルバイト収入+経験の両方を積むことも出来ます。

TAFEで学ぶにはIELTSスコアが必要ですが、TAFE付属英語学校で規定の成績を修めることで、IELTS免除になります。
こちらの語学学校+TAFE NSW パッケージ手続きについての記事もご参照下さい。

オーストラリア留学センターは、TAFE NSWの正規代理店として、無料で入学手続きのお手伝いをしています。お気軽にお問い合わせ下さい。

TAFE NSW Logo Colour

CRICOS provider name: TAFE NSW: Technical and Further Education Commission |
CRICOS provider code: 00591E


豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号G175)
シドニー滞在歴15年を経て、現在東京支店で留学コンサルタントとして 皆さんのオーストラリア留学実現へ向けてサポートしています! 現地での滞在・進学経験を踏まえて、皆さんのご留学へむけての不安を解消して安心して出発の日を迎えられるよう、アドバイスしています。 まずはお気軽にご相談下さい! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら