CRICOS:00917K

オーストラリア第3の経済地区・パラマタを中心とした西シドニーに位置。ハイテクキャンパスで学ぶ。

1989年に設立された西シドニー大学(WSU)は、オーストラリア第3の経済地区・パラマタを中心に、シドニー西部主要地域に10のキャンパスを持つ総合大学です。

大学は西部エリアの都市開発と合わせて急成長をしており、現在学生数は48,500人、留学生は170ヶ国から6,700人が学び、世界大学ランキングで上位2パーセント*にランクされています。
*2019年Times Higher Educationランキングでは251位、QS世界ランキングで468位、5スター大学(一橋大学448位、横浜市立大468位)です。

全豪で唯一、学士号での翻訳通訳コースがあり、看護、社会学、メディア&コミュニケーションは世界ランキング100位以内、心理学、教育、農業&森林学、言語学は150位以内に位置しています。

特徴1. ハイテクキャンパスを含む10のキャンパスで、様々な分野を学ぶ事ができる

西シドニー大学は、それぞれ地元に密着したキャンパスが合併して成り立つ歴史を持つため、地域への貢献度も高い大学です。

キャンパスはパラマタシティ、リバプールシティ(2019年9月オープン)のハイテクキャンパス、歴史的建造物とハイテクビルが混在するパラマタキャンパスを中心に10キャンパスあり、2019年から無料デジタルテキストの利用がスタートしました。

ラーニングリソースに関しては、どの学部でも卒業生から高い評価を得ており、西シドニー大学の様々なユニットは、複数のキャンパスで履修することができるのも特徴の一つです。

特徴2. 就職に力を入れている

西シドニー大学では、学んだ内容が仕事ですぐに活かせるよう、周辺の企業からのフィードバックを活かしたカリキュラムで学び、修学期間中にインターンシップ、ワークエクスペリエンス、ボランティアなどの機会を提供をしているため、NSW州の雇用主満足度で高い評価を頂いています。

特徴3. 比較的抑えめの学費

シドニーやオーストラリア主要都市の大学では、年間の学費は30,000〜40,000ドル(およそ240〜320万円*)以上となりますが、西シドニー大学は、年間26,000〜34,000ドル(およそ200〜260万円*)ほどとなりますので、比較的抑えめです。
*1ドル80円とした場合。

西シドニー大学の注目のコース

  • 翻訳・通訳学
  • 看護学
  • 農業&森林学
  • 社会学
  • メディア・コミュニケーション学





お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら