【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

アデレード大学で MBA を学ぶ

経営学の最高峰であるMBA。オーストラリアでも多くの大学で開講していますが、MBA プログラムへのエントリーには、通常、大学を卒業して2〜3年以上の職歴、管理職経験、などが必要なのは一般的です。
しかし、オーストラリアの Group of 8 (グループ・オブ・エイト)の大学の中で、唯一、アデレード大学の MBA は、学士過程を卒業してすぐの方や、職歴はあるけれども管理職レベルの就業年数の短い方などでも出願できる MBAコースがありますので、アデレード大学のビジネススクールの特徴も含めご紹介いたします。

目次

ベンチャーの育成支援 – アデレード大学

アデレード大学は オーストラリアの Group of 8 の1校ですが、他大学に比べビジネス系コースで目立つ存在ではありません。
しかしながら、近年、ビジネススクールについての評価が見直され、2019年度の BOSS Australian Financial review では 全豪2位のMBAプログラムを提供する大学(ビジネススクール)としてランキングされていますし、MBAプログラムとしては、Graduation Management Association of Australia でも Five Star 8大学のうちの一つです。
また、ビジネス学部は、下記の様々な団体の認定を受けています。

ただ、これらのランキングや認定云々よりも アデレード大学で最もお伝えしたいことは、「起業家育成」に力を入れている大学と言うことです。

2019年の オーストラリアの Education and Training Journal で 起業家教育の優れた大学として、オーストラリアで1番と評価されていることを筆頭に、今では多くの大学で行っている起業家支援について、アデレード大学においては 2001年からオーストラリアで「最も長く運営されているインキュベータープログラム ”Australian eChallenge” 」の結果が評価されています。
 アデレード大学 MBAの学生は・eChallenge を通じて、新しい起業家の誕生を企画・開発 にチャレンジすることができます。

Australian eChallenge – インキュベータープログラム への参加が必修となるのは、アデレード大学の Bachelor of Innovation and Entrepreneurship と Master of Business Administration – Pre Experience のコースになります。


MBA – Post Experience(職歴あり)の人向け

Adelaide Master of Business Administration

アデレード大学で最も古く歴史のある MBAプログラムです。 多くの大学のビジネス学部で看板となるMBAプログラムがありますが、アデレード大学のMBAと言えば、昔から、この Adelaide MBA と言われます。職歴ありの人が対象であると言うこと、また、実際に現地企業で働いている企業人もいますので、社会人向けのプログラム内容になっています。特にMBAプログラムの就学を通じた上での プロフェッショナル人脈とネットワークの構築などが Adelaide MBA の特徴と言えるでしょう。
Adelaide MBAで学ぶこと
・プロフェッショナルな人間関係とネットワークの構築
・高度な問題解決力、分析力、クリティカルシンキング
・組織内イノベーションや変革推進のために必要な強いリーダーシップスキル
・グローバルな視野、戦略的思考、大局観を養う
・財務、会計、経済、マーケティングなど重要なビジネス機能のマネジメント理解
・世界有数のビジネススクールでの国際交流の機会

必修教科(Adelaide MBA – Post Experience) – 9教科
Accounting Essentials for Decision Makers(意思決定者のための会計)
Strategic Management(戦略的経営)
Economic Principles (経済原理)
Managerial Finance (管理ファイナンス)
Fundamentals of Leadership (リーダーシップ基礎)
Managing Contemporary Organisations (現代の組織管理)
Marketing Management(マーケティング管理)
Research for Decision Makers(意思決定者リサーチ)
選択教科 以下から2教科
Entrepreneurship(起業家精神)
Business Performance Improvement(ビジネスパフォーマンスの向上)
Business Law (ビジネス法)
Services and Operations Management (サービスおよびオペレーションズマネジメント)
Project Management (プロジェクト管理)
Negotiation Skills (ネゴシエーションスキル)
Management Project -Research (マネジメントプロジェクト研究)
Judgement Based Decision Making(ジャッジメント・ベースの意思決定)
Organisation Innovation(組織イノベーション)
Managing in a Global Context(グローバルコンテクストでの管理)
Marketing Strategy(マーケティング戦略)
Systems Thinking for Management(マネジメントのためのシステム思考)
Business Project – Consulting (ビジネスプロジェクトコンサルティング)
選択教科 リサーチ
Enterprise Project (プロジェクト参加:2教科相当、または Enterprise Project A または B (AまたはB プロジェクト参加):1教科相当

コース名Adelaide Master of Business Administration (修士号)
期間1.5 年間
入学1月、5月、9月
学費年間 48,500ドル(2021年度)
英語 ・IELTS Academic overall 7.0(各セクション 6.5)以上
または
・アデレード大学付属英語学校のPEPコースを規定レベルで卒業すること
出願条件 ・学士号修了+最低2年の関連する実務経験(または7年の経験+GMAT 500点以上)
・職務経歴書
・小論文
・必要と判断された場合のみ面接あり
奨学金情報奨学金は下記のページをご参考ください。
[2021〜2025年]アデレード大学から奨学金のお知らせ

MBA – Pre Experience(職歴ナシ)の人向け

こちらは近年、新設された MBAプログラムとなり、Specialization の選択で、大学卒業して直ぐの人、職歴が2年未満の人、またはより専門性の高い分野でのMBAを検討している人向けのコースです。 Group of 8の大学であること、ビジネススクールとしての近年の評価はこの MBAでも変わりません。また、専門なし(リーダーシップ) または 5つの専門(企業家精神、国際貿易と開発、マーケティング、プロジェクト管理、ワインビジネス) から、いずれかを選択して学びます。

Master of Business Administration (Emerging Leaders)

成功するリーダーシップのマインドセットが Emerging Leaders のメインテーマとなり、自身のビジネスマネージメント分野でのキャリアを最短で探している意欲的なリーダー候補、若い起業家のために設計されたMBAプログラムです。Emergin Leadership は、必修 10教科(内1教科リサーチ科目) + 専門選択教科が任意2教科となりますので、 1.5年のコース期間です。教科の組み合わせでは、1年間(12ヵ月)で終えることも可能ですから、最短で MBAリーダシップをお考えの人には最適なコースです。
本コースが、MBA – Pre Experience(職歴ナシ) の基本コースとなり、他 5つの専門選択教科で履修内容が分かれます。

MBA Emerging Leaders で学ぶこと
・技術的・人間的な課題、異なる文化や環境での共同行動まで、複雑なリーダーシップの概念とスキル
・高度な戦略的思考力-商業的・社会的な大局観の理解
・グローバルな視野での意思決定能力
・高度な問題解決力、調査分析力、自己反省とクリティカルシンキング
・財務、会計、経済学、マーケティング、商法などの重要分野の管理能力

必修教科(MBA – Pre Experience 共通) – 9教科
Project Leadership and Communication(プロジェクトのリーダーシップとコミュニケーション)
Accounting Essentials for Decision Makers(意思決定者のための会計)
Economic Principles (経済原理)
Marketing Management(マーケティング管理)
Principles of Finance (金融の原理)
People and Organisations (人と組織)
Business and Corporations Law(ビジネスと会社法)
Strategic Management(戦略的経営)
Action Research for Business(ビジネスのためのアクションリサーチ)
必修教科(各MBA共通) – リサーチ1教科
eChallenge – インキュベータープログラム – 持続可能な起業家(企業)を企画・開発に参加
選択教科 2教科
・選択可能な任意の教科

Master of Business Administration (Entrepreneurship / 起業家)

市場をリードしてイノベーションを! が Entrepreneurship/起業家精神 の MBA メインテーマです。 グローバルなマーケットで、起業家精神を身につけておくことは、プロフェッショナルな活動にとって重要なことですが、MBA Entrepreneurship で起業家 リーダーを目指す人は、それらの必要スキルをさらにレベルを高めることを目的としています。コース期間は2年間となり、専門教科も含め、全てが 必修教科になります。

MBA Entrepreneurship で学ぶこと
・起業プロセス全体を深く理解(機会や目的、コンセプト開発から新製品の立ち上げ〜拡大に至るまで)
・高度な戦略的思考力-商業的・社会的な大局観の理解
・グローバルな視野での意思決定能力
・高度な問題解決力、調査分析力、自己反省とクリティカルシンキング
・財務、会計、経済学、マーケティング、商法などの重要分野の管理能力
・業界や専門家との幅広い関係やネットワークの構築

必修教科(MBA – Pre Experience 共通) – 9教科
必修教科(各MBA共通) – リサーチ1教科
eChallenge – インキュベータープログラム – 持続可能な起業家(企業)を企画・開発に参加
必修専門教科(Entrepreneurship)
Entrepreneurial Concepts and Mindset(起業家コンセプトとマインドセット)
New Venture Creation(新ベンチャーの創出)
Social Entrepreneurship(社会起業家)
Design Thinking(デザイン思考)
Creativity and Innovation(創造性とイノベーション)
New Venture Strategy & Growth(新ベンチャー戦略と成長)

Master of Business Administration (International Trade and Development / 国際貿易と開発)

MBA – International Trade and Development /国際貿易開発は、国際貿易と開発におけるリーダーシップがテーマです。グローバルな貿易の推進要因を学び、世界の生活水準を向上、国際社会の強化と国境を越えた繋がりにも貢献出来る分野です。コース期間は2年間となり、専門教科も含め、全てが 必修教科になります。

MBA International Trade and Development で学ぶこと
・グローバルな貿易の推進要因(経済的、地政学的、文化的)とその力の源泉の深い理解
・十分な実務知識(ベスト・プラクティスのコミュニティ開発の原則)
・グローバルな視野での意思決定能力
・高度な問題解決力、調査分析力、自己反省とクリティカルシンキング
・財務、会計、経済学、マーケティング、商法などの重要分野の管理能力
・業界や専門家との幅広い関係やネットワークの構築

必修教科(MBA – Pre Experience 共通) – 9教科
必修教科(各MBA共通) – リサーチ1教科
eChallenge – インキュベータープログラム – 持続可能な起業家(企業)を企画・開発に参加
必修専門教科(International Trade and Development)
International Trade: Negotiations & Agreement (国際貿易:交渉と合意)
International Trade: Strategies & Opportunities(国際貿易:戦略と機会)
Principles of International Trade and Development(国際貿易と開発の原則)
Agriculture and Food in International Trade(国際貿易における農業と食品)
Services Trade(貿易サービス)
上記および以下から1教科を選択
MNCs, Trade & Sustainable Development(多国籍企業、貿易と持続可能な開発)
International Aid and Trade(国際援助と貿易)
Trade Statistics(貿易統計)

Master of Business Administration (Marketing/ マーケティング)

MBA Marketingは、最大限の成果を修めるための、より良い潜在的な市場評価、国際的ビジネス環境に適した戦略開発などがテーマのMBAです。学生は、マーケティングの理論的裏付けの理解と方法を学びます。全ての企業活動でマーケティングは必須の要素です。コース期間は2年間となり、専門教科も含め、全てが 必修教科になります。

MBA Marketing で学ぶこと
・市場分析やエンゲージメントからブランド構築、キャンペーン戦略、戦術的な実行に至るまで、マーケティングプロセス全体を深く理解
・顧客関係管理(CRM)の原則を熟知
・グローバルな視野での意思決定能力
・高度な問題解決力、調査分析力、自己反省とクリティカルシンキング
・財務、会計、経済学、マーケティング、商法などの重要分野の管理能力
・業界や専門家との幅広い関係やネットワークの構築

必修教科(MBA – Pre Experience 共通) – 9教科
必修教科(各MBA共通) – リサーチ1教科
eChallenge – インキュベータープログラム – 持続可能な起業家(企業)を企画・開発に参加
必修専門教科(Marketing)
Understanding Consumers (消費者理解)
Developing Global Markets (グローバル市場の開拓)
Integrated Marketing Communications(統合マーケティングコミュニケーション)
Strategic Marketing(戦略的マーケティング)
New Venture Creation(新規事業の創出)
Creativity and Innovation(創造性とイノベーション)

Master of Business Administration (Project Management /プロジェクト管理)

未来を形作る主要な取り組みをリードする、がテーマのMBA – Project Management です。 組織は規模の大きさに関わらず常に適応と成長のために実施する取組があります。特に大きな企業・団体・組織において、それらの取組を管理できるリーダーの育成を目的としています。コース期間は2年間となり、専門教科も含め、全てが 必修教科になります。

MBA Project Managementで学ぶこと
・プロジェクト管理プロセス全体の深い理解(コスト管理、請負業者管理、スケジュール〜法的な考慮事項に至るまで)
・国際的に認められているすべてのプロジェクトマネジメントの方法論
・グローバルな視野での意思決定能力
・高度な問題解決力、調査分析力、自己反省とクリティカルシンキング
・財務、会計、経済学、マーケティング、商法などの重要分野の管理能力
・業界や専門家との幅広い関係やネットワークの構築

必修教科(MBA – Pre Experience 共通) – 9教科
必修教科(各MBA共通) – リサーチ1教科
eChallenge – インキュベータープログラム – 持続可能な起業家(企業)を企画・開発に参加
必修専門教科(Project Management)
Risk Assessment and Management (リスクアセスメントと管理)
Project Management Fundamentals (プロジェクト管理の基礎)
Portfolios and Programs Management (ポートフォリオとプログラム管理)
Systems Design for Projects(企業の変革とイノベーション)
上記全ての教科と下記から1教科を選択
Complex Project Management(複雑なプロジェクト管理)
Project Controls Method(プロジェクト管理方法)

Master of Business Administration (Wine Business / ワインビジネス)

ワインブランドの国際的な成功をリードすることが MBA Wine Businessのテーマです。ワインは非常に大きなビジネス分野で、2023年までに世界のワイン市場の価値は4,230億米ドルを超えると推定されています。その市場でのシェアを拡大したいと考えているワイナリーやその他の組織で、業界のユニークな特性に深く幅広い洞察力を持つビジネスリーダーの育成を目的にしています。コース期間は2年間となり、専門教科も含め、全てが 必修教科になります。アデレード大学ならではのユニークなコースです。

Wine Business で学ぶこと
・世界のワイン産業の独自の商業環境理解(歴史的・文化的な影響から輸出入規制、消費者の嗜好を促進する要因)
・ブドウ栽培とワイン醸造の原則に関する十分な実務知識
・グローバルな視野での意思決定能力
・高度な問題解決力、調査分析力、自己反省とクリティカルシンキング
・財務、会計、経済学、マーケティング、商法などの重要分野の管理能力
・業界や専門家との幅広い関係やネットワークの構築

必修教科(MBA – Pre Experience 共通) – 9教科
必修教科(各MBA共通) – リサーチ1教科
eChallenge – インキュベータープログラム – 持続可能な起業家(企業)を企画・開発に参加
必修専門教科(Wine Business)
Foundations of Wine Science(ワイン科学の基礎)
Learning Discoveries in Wine(ワインの発見)
Evaluating Domestic and International Wine Markets(国内外のワイン市場の評価)
Legal Aspect of Wine Business(ワインビジネスの法的側面)
上記全ての教科と下記から2教科を選択
Australian Wine in the Asian Century (アジアでのオーストラリアワイン)
Contemporary Issues in Wine Business (ワインビジネスにおける現代の課題)
Direct Wine Marketing (ダイレクトワインマーケティング)
Wine Retail, Cellar Door and Food Tourism (ワイン小売、セラードア、フードツーリズム)
Sensory Studies(感覚研究)

以上、Entrepreneurship 「起業」、International Trade and Development「国際貿易と開発」、 Marketing「マーケティング」、 Project Management「プロジェクト管理」、 Wine Business「ワインビジネス」 の5つが Specialized の MBA コースとなります。

MBA – Pre Experience(職歴なし) の入学日、費用、条件など

コース名Master of Business Administration(修士号)
期間1.5 年間(Emerging Leaders)
2年間(Entrepreneurship、International Trade and Development、Marketing、Project Management、Wine Business)
入学1月、5月、9月
学費年間 48,500ドル(2021年度)
英語 ・IELTS Academic overall 6.5(各セクション 6.0)以上
または
・アデレード大学付属英語学校のPEPコースを規定レベルで卒業すること
出願条件学士号修了(学部不問)
奨学金情報奨学金は下記のページをご参考ください。
[2021〜2025年]アデレード大学から奨学金のお知らせ

アデレード大学の Master of Business Administration への進学

MBA留学をお考えの方、ぜひアデレード大学で世界標準の知識とスキルを身につけてください。

オーストラリア留学センターでは、豪政府公認の留学カウンセラーがあなたの英語力やご希望に沿った留学プランを現地からご提案します。
オーストラリアで大学進学をお考えの方は、お気軽にお問い合わせフォームからご相談ください
・上記プランや費用は2020年5月現在大学から発表されている2021年度料金をもとにご案内しており、料金は年度によって改定されます
・ご参考の日本円は2020年5月現在のレート1ドル=70円換算としておりますが、実際のお支払い額は、お支払い時のお客様ご利用の金融機関の為替レートが適用されます
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は15年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。オーストラリア留学センターサイトとオーストラリア留学センター・進学版サイトの中の人(企画・更新の管理責任者)です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら