【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

臨床経験豊富なフリンダース大学医学部で学ぶ

こちらのフリンダース大学の医学部は、45年以上の歴史を持ち、全豪トップ10に入る(QSランキング2020)医学部。

それまで学士号の医学部がメインだったオーストラリアに、1996年、最初に学士号+大学院(Bachelor of Clinical Sciences, Doctor of Medicine)進学モデルの医学部を導入したことでも知られています。


フリンダース大学医学部の特徴

  • フルタイムの雇用全豪一位。
  • The Good Universities Guide 2020で医学部フルタイム雇用率全豪一位を獲得しています。

  • キャンパス内にフリンダース・メディカル・センター(FMC)
  • フリンダースメディカルセンター(FMC)は、フリンダース大学医学部、フリンダース・プライベート・ホスピタルと同じ場所にあり、南オーストラリア州南部地域最大の病院。救急外来は年中24時間受付をしています。

    その他、フリンダース・メディカル・センターには、リハビリテーション施設、ドクターヘリも完備。

    医学部学生はコースの早い段階から患者に対応する臨床経験を経て、実践的に学ぶことができます。

  • 違いを生み出すメンターシステム
  • フリンダース大学医学部では、チームの協力体制と問題解決能力を大切にした学びを重視しており、メンターシステムを導入。サポート体制を整え、質の高い卒業生を生み出し、その結果、全豪一のフルタイム就職率を達成しているわけです。

  • 強いリサーチ力
  • オーストラリア政府の最新の「Excellence in Research Australia rankings (2015)」によると、フリンダース大学およびヘルスサイエンスの研究の92%が、世界標準以上の研究を行っているという結果が出ています。

    つまり、フリンダース大学は現代医療を学ぶ上で欠かせない、「臨床」「学問」「研究」の全てを学生に与える機会を持っている大学というわけです。

    卒業後のインターンシップ
    医学部を卒業後、医師として勤務するためには1年間(最低47週間)の有休インターンシップをする必要があります。

    このインターンシップ期間はスーパーバイザーの監督の元、

    ・最低10週間の診療
    ・最低10週間の手術、外科処置
    ・最低8週間の緊急外来

    を含み、診療、外科処置、精神科、リハビリテーション、パリアクティブケアなどについての経験を積むことができます。

    フリンダース大学医学部進学について

    フリンダース大学医学部進学には、学士号Bachelor of Clinical Sciencesに入学、その後Doctor of Medicineに進学する方法の他、学士号を保持している場合はDoctor of Medicineへ直接進学する方法があります。

    日本で高校3年生修了資格、もしくはIBスコアを保持している場合はBachelor of Clinical Sciences, Doctor of Medicine

    期間Bachelor of Clinical Sciences:2年+Doctor of Medicine:4年
    合計:6年
    授業料1年間約42,000豪ドル
    入学選考高校かFISC(フリンダース・インターナショナル・スタディ・センター)ファウンデーションコースの成績が最優秀であること。(高校の成績・科目、その他要件につきファウンデーションコース経由での進学になることがあります)
    英語力基準をクリア、学歴査定に合格、その後インタビューに合格すること。
    高校3年修了後、高校以上の資格のコースで勉強していないこと。
    *他条件あり
    必要な英語力IELTS7.0(各スキル7.0以上)
    その他翌年2月入学の出願は前年2月に開始し、インタビューは5月頃となります。

    Bachelor of Clinical Sciencesでは、「①Medical Science Stream」「②Health Science Stream」のどちらかを選択でき、自分の進路や興味のある分野を深く学ぶことができます。
    (1年次で「①Medical Science Stream」を選択した場合、2年目も同じストリームを選択する必要があります)

    【1年次】
    ①Medical Science Stream
    ・Evolution of Biological Diversity  (4.5 units)
    ・Molecular Basis of Life  (4.5 units)
    ・Legal and Ethical Aspects of Health Care  (4.5 units)
    ・Skills for Medical Scientists 1  (4.5 units)
    ・How Your Body Works: Human Physiology and Structure  (4.5 units)

    プラス、以下から1科目
    ・Histology: The Building Blocks of the Human Body  (4.5 units)
    ・Nutrition, Physical Activity and Health  (4.5 units)
    ・The Psychology of Surviving and Thriving  (4.5 units)

    プラス、以下の2つからどちらかを選択
    ・Chemical Structure and Bonding  (4.5 units)とModern Chemistry  (4.5 units)
    ・General Chemistry  (4.5 units)とChemistry for the Life Sciences  (4.5 units)

    ②Health Science Stream
    ・Evolution of Biological Diversity  (4.5 units)
    ・Molecular Basis of Life  (4.5 units)
    ・Legal and Ethical Aspects of Health Care  (4.5 units)
    ・Contemporary Health Issues in Australia  (4.5 units)
    ・How Your Body Works: Human Physiology and Structure  (4.5 units)

    プラス、以下から1科目
    ・Critical Social Analysis of Health  (4.5 units)
    ・Introduction to Human Molecular Genetics  (4.5 units)
    ・Skills for Medical Scientists  (4.5 units)

    プラス、以下の2つからどちらかを選択
    ・Chemical Structure and Bonding  (4.5 units)とModern Chemistry  (4.5 units)
    ・General Chemistry  (4.5 units)とChemistry for the Life Sciences  (4.5 units)

    【2年次】
    ①Medical Science Stream(以下から36Units分を学びます)
    コア科目
    ・Biochemistry  (4.5 units)
    ・Molecular Biology  (4.5 units)
    ・Skills for Medical Scientists 2  (4.5 units)
    ・Communication for Improved Patient Care  (4.5 units)
    ・Human Physiology  (4.5 units)

    選択科目
    ・Genetics, Evolution and Biodiversity  (4.5 units)
    ・Virology  (4.5 units)
    ・Foundations in Microbiology  (4.5 units)
    ・Legal, Ethical and Social Aspects of Bioscience  (4.5 units)
    ・Integrative Human Physiology  (4.5 units)
    ・Fundamental Neuroscience  (4.5 units)

    ②Health Science Stream(以下から36Units分を学びます)
    コア科目
    ・Biochemistry  (4.5 units)
    ・Molecular Biology  (4.5 units)
    ・Epidemiology for the Social Determinants of Health  (4.5 units)
    ・Health: A Psychological Perspective  (4.5 units)
    ・Communication for Improved Patient Care  (4.5 units)
    ・Human Physiology  (4.5 units)

    選択科目
    ・Case Management and Support Coordination  (4.5 units)
    ・Nutrition, Physical Activity and Health  (4.5 units)
    ・Contemporary Approaches to Lifestyle Management  (4.5 units)

    ※1年次、2年次で成績がGPA5もしくは学部が規定した基準以上を満たしていない場合、次の年に進級できず医学コースから他コースに変更となります。

    大学卒業資格を保持している場合はDoctor of Medicine

    コース名Doctor of Medicine
    期間4年
    授業料35,000豪ドル
    入学選考学士号(学部問わず)で最優秀レベルの成績を修め、GAMSATもしくはMCATのスコア、インタビューの総合点で入学が決まります
    必要な英語力IELTS7.0(各スキル7.0以上)
    ※Doctor of Medicine出願に年齢制限はありません。

    【Doctor of Medicineの臨床トレーニング詳細】
    1年目スキルトレーニングと病棟訪問
    2年目スキルトレーニングと病棟訪問
    臨床トレーニング
    3年目一般診療
    内科
    小児科
    外科
    産婦人科
    精神科
    4年目 内科
    小児科
    外科
    産婦人科
    精神科
    地域医療
    選択科目

    ※単位の再履修は学部の承認が必要となり、必ずしも認められるとは限りません。

    出願に向けての準備

    1. まずは英語試験を受けましょう
    事前に英語力基準を満たしているのか、それとも付属語学学校で何週間の英語コース受講が必要なのかをはかるため、IELTS(アイエルツ)試験やTOEFL、PTEなどのを英語試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
    日本英語検定協会
    http://www.eiken.or.jp/ielts/
    JSAF
    http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
    IDP Education
    https://ieltsjp.com/
    出願に必要な書類を準備しましょう
    出願には以下の基本書類が必要となります。

    IELTSスコアが基準をクリアしていない方は、大学付属語学学校から留学をスタートすることが出来ます。
    • 最終学歴の卒業証明書(英語版・日本語版)
    • 最終学歴の成績証明書(英語版・日本語版)
    • IELTS(Academic)または他の英語スコア結果
    • GAMSATやMCATのスコア結果(必要な場合)
    • パスポートコピー

    3. 出願手続きスタート
    オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式に大学への出願手続きをスタートします。
    仮査定をご希望の方もこちらからお申し込み下さい。

    留学相談&お問い合わせ先

    オーストラリア留学センターは全豪27大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。

    コース詳細、出願方法、入学手続きなど、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
    ※備考※
    ・本記事は2021年4月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
    ・学費は毎年改定されます。本記事では2021年度学費をご案内しております。
    ・学校の授業料は毎年変更となります。ご了承下さい。
    ・入学の可否は大学による査定により判断されますので、入学基準はあくまでも目安となっております。
    ・医学部は定員になり次第、入学を締め切られます。留学生の定員の目安は学士号12席、Doctor of Medicine18席です。

    豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
    (QEAC登録番号I005)
    週末はガーデニングという名目の雑草取りに追われ、その疲れをパースのきれいな海とおいしいワインで癒しながら、この素晴らしい環境で生活できることを感謝。たまに野生のカンガルーに会いに郊外へ出かけたり、釣りをしながらアシカを見たり、野生のイルカと出会えるスポットがあるのも楽しみ。 このカウンセラーに質問する

    サイトのご利用について

    当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

    お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

    無料メール相談

    平日24時間以内にご返信いたします

    お電話での留学相談はこちら