【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

シドニー工科大学進学~UTSインサーチ~

シドニーの中心、セントラル駅から徒歩約5分ほどの場所にメインキャンパスが存在するシドニー工科大学(UTS)

デザイン・建築、ビジネス、化学、工学、環境、IT、看護、法律、薬学など多彩なコースを開講する総合大学で、2021年QS世界大学ランキングは133位(オーストラリア国内9位)、創立50年以下の大学ランキングでは世界11位にランクインしています。(QS World University Ranking 2021)

目次

シドニー工科大学(UTS)提携カレッジUTSインサーチ

UTSインサーチはシドニー工科大学(UTS)に進学または編入するためのコースを提供する唯一の教育機関で、進学英語コース、ファウンデーションコース、ディプロマコースを提供しています。
毎年世界75カ国から4,000人以上の学生が入学。クラスは20人以下という少人数制と徹底した学習サポートによって、90%以上の学生が無事シドニー工科大学(UTS)へ進学しています。

UTSインサーチからシドニー工科大学(UTS)のキャンパスまでは徒歩5分以内。オーストラリア第一の都市、シドニー市内中心という抜群の立地条件を誇ります。

UTSインサーチからシドニー工科大学への進学ステップ

日本の高校を卒業された方は、UTSインサーチのファンデーション、またはディプロマコースを経由して進学を目指します。

ファウンデーションコース(Foundation)

大学入学に必要となる基礎学力を身につける海外留学生向けの準備コースです。ファウンデーションコース修了後は、大学1年次に入学します。

ディプロマコース(Diploma)

大学1年次の科目にあたる専門内容を学びます。
UTSインサーチのディプロマコース(ビジネス、コミュニケーション、エンジニア、IT、サイエンス)を規定の成績で修了すると1年間に履修する8科目(48クレジット)相当の単位免除となりシドニー工科大学の2年次編入を目指すことができます。

※一部の専攻によっては6科目分(36クレジット)の単位免除となり、この場合は編入とはなりませんが大学で1年あたり6科目ずつ履修をし、3年間で卒業となります。
※ディプロマコースを終了すれば自動的に単位免除や2年次編入など確約される訳ではありません。各学位によって進学に必要な成績を修めることが必要です。

ディプロマコースから進学のメリット・大学1年次の重要性

大学1年次は、大学生活の基盤となるため、最も重要な年と言っても過言でないでしょう。
イギリス、ヨーロッパ、オーストラリアで発表された統計では、これらの国で大学(学士課程)に通学する学生のうち、大学に入学してから実際に学位を全うする学生は70〜80%だそうです。
さらに、学位を全うできずに途中で退学した学生のうちの60%は、大学1年目の時に脱落しているという統計が出ています。

オーストラリア、また別の国でも、大学という場所は高校とは全く異なる環境です。

✔︎高校
クラスサイズは30〜40人ほど、担任の先生がいて出席を取る。宿題が提出されていないと注意される。勉強についていけてないようだと、先生からのフォローがある。

✔︎大学
一方、大学は自己責任の世界です。大規模な講義は100人以上。各講義で講師が変わり出席は取りません。授業を欠席、宿題が提出されていなかったり、テストに落ちても注意されることもありません。

✔︎UTSインサーチ
UTSインサーチの環境ははちょうど高校と大学の中間に位置づけられます。カリキュラムは大学1年次に相当しますが、クラスサイズや個人個人の学生に対するサポートレベルは高校と近くなります。そのため大学1年次に相当するディプロマをしっかり修了し、シドニー工科大学(UTS)2年次に編入する成功率が極めて高く、さらに進学した学生が大学でもでアカデミック的に成功している確率も極めて高いのです。

ファウンデーション・ディプロマ入学条件、費用

ファウンデーション、ディプロマコースでは、コース期間・入学条件がそれぞれ異なります。合否判定は、高校卒業以上の学歴・成績と英語力によって決まります。

日本の高校卒業資格、評定平均2.8以上(5段階評価、アカデミック教科重視)をお持ちの場合、ディプロマコースへ入学することができます。

ファウンデーション
ファウンデーション:2学期(8ヶ月)[成績]高校2年次修了、評定平均3.0以上(5段階評価)
[英語]IELTS5.0(ライティング5.0以上)、TOEFLibt71(ライティング16以上)またはUTSインサーチ英語コースAE3修了
[学費]28,000ドル(約224万円)
ファウンデーション:3学期(12ヶ月)[成績]高校卒業資格、評定平均2.5以上(5段階評価)
[英語]IELTS5.0(ライティング5.0以上)、TOEFLibt71(ライティング16以上)またはUTSインサーチ英語コースAE3修了
[学費]40,000ドル(約320万円)
ディプロマ
ディプロマ:2学期(8ヶ月)[成績]高校卒業資格、評定平均2.8以上(5段階評価)
[英語]IELTS6.0(ライティング6.0以上)、TOEFLibt80(ライティング21以上)またはUTSインサーチ英語コースAE4修了
[学費]33,000ドル(約264万円)
ディプロマ:3学期(12ヶ月)[成績]高校卒業資格、評定平均2.8以上(5段階評価)
[英語]IELTS6.0(ライティング6.0以上)、TOEFLibt80(ライティング21以上)またはUTSインサーチ英語コースAE4修了
[学費]33,000ドル(約264万円)
ディプロマ:4学期(16ヶ月)[成績]高校卒業資格、評定平均2.8以上(5段階評価)
[英語]IELTS5.5(全セクション5.0以上)、TOEFLibt71(ライティン16以上)またはUTSインサーチ英語コースAE4修了
[学費]41,000ドル(約328万円)

高校の成績について

・アカデミック科目が査定対象
・高校3年次の成績が最も重視されます
・エンジニアコースでは、高校の数学、物理、化学の成績も考慮されます

英語力について

・IELTSアカデミックモジュール
・TOEFLibt規定
・UTSインサーチで開講されているアカデミック英語コース(AE)を修了
※アカデミック英語コース受講には規定の英語力が必要です

ディプロマコースから編入・単位免除について

ディプロマコースを規定の成績で修了すると、大学1年分に相当する48クレジット(8科目相当)の単位免除が受けられ、大学への編入が認められます。

シドニー工科大学2年次に編入・単位免除が認められる専攻一覧
ビジネス系 Accounting
Economics
Finance
Financial Services
Human Resource Management
International Business
Management
Marketing
Marketing Communication
Advertising and Marketing Communication
コミュニケーション系 Public Communication
Digital and Social Media
Journalism
Media Arts and Production
Social and Political Science
Creative Writing
デザイン・建築系 ※36クレジットポイント(6科目相当)の単位免除となり、1年あたりに履修する科目が減り、余裕を持って3年間で卒業を目指します。
Landscape Architecture(honors)
Architecture
Photography
Interior Architecture
Animation
Produce Design
Fashion and Textiles
Visual Communication
エンジニア系 Biomedical
Civil
Civil (Construction)
Civil (Structures)
Electrical
Mechanical
Mechatronic
Software
Data
Electronic
Flexible
IT系 Science in Information Technology(International Students only)
Business&Science in Information(Combine Degree)
Science in Information,Technology, Diploma in IT Professional Practice
Science in Games Development
Computing Science (Honours)
サイエンス系 Advanced Science
Biomedical Physics
Biomedical Science
Biotechnology
Environmental Biology
Forensic Science
General (Physical Sciences)
Marine Biology
Medical Science
Science
※以下専攻の場合一部単位免除
Biotechnology (Major: Computational Biotechnology)
Science in Analytics
Science (Majors: Mathematics or Statistics)

UTSインサーチディプロマコースから大学編入された方の体験談。

【体験談】新しい能力が身につくことが何よりも楽しいーシドニー工科大学でサイエンスを学ぶ
武井聡太郎さん<サイエンス>

UTSインサーチのサポート、施設

アカデミックサポート

膨大な量の課題をこなすためのタイムマネジメントや課題をこなすためのコツを教えてくれるワークショップなどを開催。アカデミックアドバイザーに日々の疑問・質問を相談することのできるアシスタンスセッションなど多様なサポートを提供しています。
また、チュートリアルでは、過去にその科目を優秀な成績を修めた学生がチューター(講師)のアシスタントとしてクラスのサポートに入ります。そのため、先生に聞きにくいことなど同じ学生目線で質問ができる環境が整っています。

バディシステム

シドニー工科大学(UTS)の大学生1名と、UTSインサーチの新入生(4名)マッチングさせるバディシステム。UTSインサーチの新入生は各学期の3週目からで学期の終わりまで、先輩である大学生へ勉強以外の留学生活についての様々な質問ができ、サポートを受けることができます。
留学のスタートは心細いことも多いですが、このバディシステムが他の留学生と知り合う機会にもなり、スムーズな留学生活をスタートできると評判のサポートです。

大学の施設利用もできる

2019年8月には最新設備を導入したUTS Centralがオープン。UTSインサーチの学生も、シドニー工科大学の大学生たちと同じく、大学内にあるカフェやレストラン、図書館、ジム、クリニック、24時間コンピュータールームを利用することができます。

UTSインサーチのサイエンスの授業は、世界で2つしかないスーパーラボで行われます。

大学のクラブ活動に参加しよう

シドニー工科大学のスポーツクラブ、サークル活動へも参加がすることができます!
UTSインサーチ在学中から大学のアクティビティを通してローカル学生と触れ合うチャンスが多くあります。

出願に向けての準備

1. まずは英語試験を受けましょう
まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
IELTSスコアは足りなくても出願可能です。その場合はUTSインサーチ英語コースとセットでのお申込みとなります。
2. 出願に必要な書類を準備しましょう
出願には下記4点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの4点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。

  • 高校の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 高校の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー
3. 出願手続きスタート
最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式にUTSインサーチへの出願手続きをスタートします。

留学相談&お問い合わせ先

当社オーストラリア留学センターはシドニー工科大学を含め全豪29大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。

お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2020年9月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2021年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=80円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。

CRICOS Provider No: 00099F

豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号G175)
シドニー滞在歴15年を経て、現在東京支店で留学コンサルタントとして 皆さんのオーストラリア留学実現へ向けてサポートしています! 現地での滞在・進学経験を踏まえて、皆さんのご留学へむけての不安を解消して安心して出発の日を迎えられるよう、アドバイスしています。 まずはお気軽にご相談下さい! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら