【オーストラリアの入国規制緩和について】- 2021年12月15日以降、日本からの入国が可能になる予定です(一部の州)

シドニー工科大学で映像技術・VFXを学ぶ アニマルロジックアカデミー

全世界で大ヒットを記録する映画はたくさんありますが、このような映画の中にはいろいろなグラフィック技術が取り入れられています。
それにより、迫力ある美しい映像をコンピュータによって作り出すことが可能になりました。

VFXは「Visual Effects(視覚効果)」の略称で、現実には存在しないもの、実写では撮影できないものを作り出す映像技術を指します。
たとえば、映画にあるような実写では難しい大規模な爆発シーンや、ゲームなどの画面に現れる魔法の光の演出など、さまざまな分野でVFXは使われており、映像制作の現場にVFXクリエイターは欠かせない存在となっています。

シドニー工科大学(UTS)アニマルロジックアカデミー(ALA)

オーストラリア国内には、映画撮影やテレビ制作に強みを持つ大学はいくつかありますが、その中でも現地の映像制作会社、Animal Logicとの提携により設立された、シドニー工科大学(UTS)アニマルロジックアカデミーをご紹介します。

世界でも指折りのVFX制作会社と知られるAnimal Logicは、本社がシドニーにあり1990年代から様々なVFXを製作、業界を牽引しています。最近では「LEGO ムービー「キャプテンマーベル」「エイリアン: コヴェナント」「不屈の男 アンブロークン」、そして「華麗なるギャツビー」「マトリックス」のVFXは有名です。

Animal Logicの過去の製作プロジェクトはこちらから

Animal Logic 華麗なるギャツビー(The Great Gatsby) VFX ビフォーアフター


2017年、Animal Logic社との提携で、特注のVFXスタジオおよびトレーニング施設としてシドニー工科大学内にAnimal Logic Academyが設立されました。
現在のプロジェクトは、ハイブリッドCG /モーションコントロール映画製作、デジタルアーカイブ技術、リアルタイムの音楽視覚化など、さまざまな分野をカバーし、映画業界のフェスティバルで賞を受賞しています。

卒業生は映像技術者として世界で活躍しており、作品名だけでも、Top Gun: Maverick, Ford v Ferrari, Spider-Man: Far From Home, Moulin Rouge!, Harry Potter and the Prisoner of Azkabanや、CM、オンラインメディア、ゲームなどを手がける映像プロダクションで活躍しています。

アニマルロジックアカデミー Master of Animation and Visualisation

Master of Animation and Visualisationのコースでは、業界の第一線で活躍する講師陣の基、プラクティカルを重視したカリキュラム、プロジェクトを通し卒業までに合計72単位を履修します。
–CGアニメーション
–バーチャルリアリティ(VR)
–拡張現実(AR)
–複合現実(MR)
– 視覚化
–没入型/体験型環境
といった、VFX技術者としての高度なスキルを身につけていきます。

Studio 1:The Connected Studio (24単位)
ストーリー、コンセプト、レイアウト、モデリング、リギング、アニメーションといった部門ごとに分かれ、3Dアニメーションショートフィルム作成に取り組みます。プロジェクトが円滑に進むよう、メンターからしっかりとアドバイスもあり、かつ特定のトピックに関するマスタークラスも行われます。
Studio 2:The Collaboration Studio (24単位)
2番目のセッションでは、エクステンデットリアリティ、リアルタイム、仮想制作、没入型データの視覚化といった新しい視覚化テクノロジーについて学び、各チームに分かれそれぞれ視覚化テクノロジーを用いたプロジェクトに取り組みます。最も優れたプロジェクトはプロトタイプとして次のセッション3にて学生全体で改良に取り組んでいきます。
Studio 3:The Challenge Studio (24単位)
この最後のセッションでは、スタジオ1:アニメーションプロジェクト、およびスタジオ2:視覚化テクノロジープロジェクトのそれぞれを、高い業界標準に合わせて完成を目指します。プロジェクトを通じ、卒業時には国内および国際的な賞を受賞するプロレベルのスキルを身につけることが出来ます。

アニマルロジックアカデミー Master of Animation and Visualisation入学要項

コース名Master of Animation and Visualisation
期間1.0年間
入学1月
学費55,800ドル/コース(約474万円)※2022年度
英語 ・IELTS Academic overall 6.5(ライティングセクション 6.0)/TOELFibt 79−93(ライティング21)

または

・UTSカレッジの進学準備英語コースAE5を規定レベルで卒業すること
出願条件 ・大学学士号保持
・ポートフォリオ
・志望動機書
・面接

出願に向けての準備

1. まずは英語試験を受けましょう
まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
2. 出願に必要な書類を準備しましょう
出願には下記6点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの6点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。

  • 最終学歴の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 最終学歴の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー
  • ポートフォリオ
  • 志望動機書
  • 3. 出願手続きスタート
    最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式にシドニー工科大学(UTS)への出願手続きをスタートします。

    留学相談&お問い合わせ先

    当社オーストラリア留学センターはシドニー工科大学を含め全豪29大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。

    お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
    ※備考※
    ・本記事は2021年10月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
    ・学費は毎年改定されます。本記事では2022年度学費をご案内しております。
    ・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=85円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。

    CRICOS Provider No: 00099F

    豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
    (QEAC登録番号G175)
    シドニー滞在歴15年を経て、現在東京オフィスで留学コンサルタントとして 皆さんのオーストラリア留学実現へ向けてサポートしています! 現地での滞在・進学経験を踏まえて、皆さんのご留学へむけての不安を解消して安心して出発の日を迎えられるよう、アドバイスしています。 まずはお気軽にご相談下さい! このカウンセラーに質問する

    サイトのご利用について

    当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

    お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

    無料メール相談

    平日24時間以内にご返信いたします

    お電話での留学相談はこちら