【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

シドニー工科大学で金融工学/クオンツを学ぶ

クオンツとは?

金融・証券業界で働く数学・物理学のプロフェッショナルが「クオンツ(Quants)」です。
人間の直感や相場感は一切使わず、確率解析論、確率論、偏微分方程式といった高度な数学・物理学を駆使してして市場動向や企業業績を分析・予測したり、投資戦略や金融商品を開発・考案、あるいはそれを行う数理分析専門家のことを指します。

マーケットのグローバル化や金融商品の多様化により、ますます複雑な市場分析が求められるようになってきました。また、機械学習を含むデータサイエンス技術によって資産管理の世界は大きく変わり、クオンツの果たす役割がますます重要になっていくと言われています。

クオンツになるためには高度な金融工学の知識を修めるとともに、物理学、数学などの学科で修士以上の学歴、データマイニングとデータ分析における確かなスキルが求められています。また、英語やIT関連に関する知識も必須で、自分でプログラミングした数理モデルでの商品開発ができることも大事な要素と言われています。

卒業生は、クオンツアナリスト、リスク管理アナリスト、トレーダー、投資アナリスト、として投資銀行、トレーディングバンク、ヘッジファンド、投資管理会社、コンサルティング会社などで活躍しています。

シドニー工科大学で学ぶQuantitative Finance


シドニー工科大学(UTS)は2021年 QS Wolrd University Rankings Top 50 Under50(創立50年未満の世界大学ランキング)で世界11位、オーストラリ国内ではNO.1にランクしています。

2015年には、Science施設に110ミリオン豪ドル(およそ80億円)以上を投資し、Vicki Sara Buildingを建設。オーストラリアで最高の施設の1つとなっています。
UTS Scienceには15のリサーチセンターがあり、その中の一つが”Quantitative Finance Research Centre”です。

24時間年中無休でアクセスできる最新のコンピューターラボ、最新の数学および統計ソフトウェアを備えた高度なコンピューティング設備も完備され、充実した学習環境が揃っています。

シドニー工科大学Master of Quantitative Financeで履修する科目

1年次
  1. Fundamentals of Derivative Security Pricing(デリバティブ証券価格設定の基礎)
  2. Financial Market Instruments(金融市場商品)
  3. Statistics and Financial Econometrics(統計と金融計量経済学)
  4. Interest Rates and Credit Risk Models(金利と信用リスクモデル)
  5. Probability Theory and Stochastic Analysis(確率論と確率解析)
  6. Risk Management(危機管理)
  7. Quantitative Portfolio Analysis(定量的ポートフォリオ分析)
  8. Numerical Methods in Finance(金融における数値的方法)
  9. Computational Methods and Model Implementation(計算方法とモデルの実装)
2年次
  1. Nonlinear Methods in Quantitative Management(定量的管理における非線形手法)
  2. Advanced Bayesian Methods(高度なベイズメソッド)
  3. Machine Learning: Mathematical Theory and Applications(機械学習:数学的理論と応用)

シドニー工科大学(UTS)Master of Quantitative Finance入学要項

コース名Master of Quantitative Finance
期間1.5年間
入学2月、7月
学費64,152ドル/コース(2021年度)
英語 ・IELTS Academic overall 6.5(ライティングセクション 6.0)/TOEFL79-93(ライティング21)以上
または、UTSカレッジの英語コースで一定の成績を修めること
出願条件 ・学士号保持(数学、統計、科学、物理学、工学、保険数理研究、計量経済学、数理ファイナンスまたはコンピュータサイエンスのいずれかを専攻していると望ましい)

出願に向けての準備

1. まずは英語試験を受けましょう

まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。

日本英語検定協会

http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF

http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education

https://ieltsjp.com/
2. 出願に必要な書類を準備しましょう

出願には下記4点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの4点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。

  • 最終学歴の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 最終学歴の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー
3. 出願手続きスタート

最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式にシドニー工科大学(UTS)への出願手続きをスタートします。

留学相談&お問い合わせ先

当社オーストラリア留学センターはシドニー工科大学を含め全豪29大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。


お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2021年3月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2021年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=80円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。

CRICOS Provider No: 00099F

豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号G175)
シドニー滞在歴15年を経て、現在東京支店で留学コンサルタントとして 皆さんのオーストラリア留学実現へ向けてサポートしています! 現地での滞在・進学経験を踏まえて、皆さんのご留学へむけての不安を解消して安心して出発の日を迎えられるよう、アドバイスしています。 まずはお気軽にご相談下さい! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら