マードック大学で学ぶアジア学

日本と密接な関わりを持つアジア諸国。

政治的、経済的つながりはもちろん、今後の日本人の就職する場所としても注目も浴びています(「アジアを目指すならオーストラリアへ」をご参照)。

オーストラリアは、その場所の関係上、政治・経済・人的交流の面でアジア地域と密接な関係を持っており、日本を含めたアジア地域の研究も活発に行われている国です。

また、オーストラリアの留学生の約6割がアジア諸国から来ており、研究面はもちろん、実際に多くのアジア諸国出身と交流を持つことができるので、アジアについて最適な勉強場所といえます。

オーストラリアでアジア学を学べる大学の1つとして、パースのマードック大学(Murdoch University)があります。マードック大学は、アジア研究のためのアジアリサーチセンターを設置しており、オーストラリアの東アジア・東南アジア研究を引っ張っています。

マードック大学でアジアを学ぶ

マードック大学といえば、動物・獣医学や環境学・農学といった分野が有名です。一方で、国際関係や開発学の分野でも定評が高い大学であり、アジアについて学べるコースについてご案内致します。

【大学のコース】
コースAsian Studies(アジア学)
International aid and Development(開発学)
Politics and International Studies(国際関係)
期間3年間
学費年間25,755ドル(約219万円)~26,345ドル(約225万円)
英語IELTS6.0(各セクション6.0以上)
学歴条件・ファウンデーションコースを修了すること。
・高校の成績が3.5/5.0以上であれば直接入学ができます。
【大学院のコース】
コースMaster of International Affairs(国際関係)
Master of Development Studies(開発学)
期間2年間
学費年間32,280ドル(約274万円)
英語IELTS6.5(各セクション6.0以上)
学歴条件分野を問わず学士号を修了していること。
マードック大学のキャンパスはオーストラリアで敷地面積一番広く、豊かな緑の広がりを持つキャンパスで学ぶことができます。

マードック大学への進学

オーストラリア留学センターでは、マードック大学の公式出願窓口として、皆様の進学を無料でお手伝いしております。こちら「パースの大学・大学院進学ならオーストラリア留学センター」もご覧下さい。

マードック大学のアジア学にご興味をお持ちの方は、お気軽にご相談下さい。

※携帯電話のメールをご利用の場合は、セキュリティ設定の関係でメールが届かないこともございますので、パソコンからのメールを受信できるように設定をお願い致します。

お電話でのご相談をご希望でしたら、パース支店スタッフと直接お話し頂けます、「050-8882-5719」または「050-5876-7125」にお電話下さい。インターネット回線を利用しておりますので、日本国内利用料でお電話頂けます。

※回線の状況でつながりずらいこともございますが、その場合はお手数なのですが、留守番電話にメッセージを残して頂けましたら折り返しお電話致します。
備考
※上記は2016年5月26日現在の情報に基づいており、今後予告なく変更されることもありますのでご留意下さい。
※ご参考の日本円は、1ドル=85円換算としております。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H297)
現在は石川県から留学相談をさせて頂いています。色々な情報をインターネットで探せますが、やはり実際はどうなのか、何が本当なのか不安はつきまとうもの。まずはお気軽にご相談ください。考え過ぎて立ち止まるなら、一度動いてみませんか? このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら