【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

大学へ提出する確認書類をスマホで撮るときの注意点

大学へ提出する書類をご準備いただきましたら、必要書類がすべて揃っているか、記載事項に問題がないか、まずは当社で確認させて頂きます。

準備が整いましたら書類をスキャンして頂くか(PDFまたはJPG形式)、または、書面全体をスマホのカメラで撮影した画像でもけっこうです。その際、画像が鮮明でないと記載内容を確認できない場合がありますので、スマホのカメラでキレイに撮影するための注意点をお伝えします。

指がなどが入らないように

書類をスマホで撮るときは、書面を手で押さえたときの指や、自分自身の影、スマホの影などが写りがちです。撮影するときは指や影が入っていないかしっかりチェックしましょう。

折り目をしっかり伸ばす

書面に折り目が入っている場合、まずはしっかり伸ばしてから撮影しましょう。

書面全体が入るように

書面の端が切れていないかしっかりチェックしましょう。書面ギリギリではなく上下左右の余白に余裕を持って、書面に対して平行に撮影してください。

その他の注意点

✔ 高解像度で撮影してください(500KB以上を推奨)
スマホの初期設定で撮影頂ければ高解像度(500KB以上)なので問題ありませんが、撮った後に編集されますと解像度が落ちる場合があります。100KB未満になりますと拡大したときに画像が粗く不鮮明になりますので、500KB以上の画像をご提出いただくようお願いします。

✔ 「開封無効」の場合
学校から発行される成績表や卒業証明書が「開封無効」となっている場合、まずは当社へご連絡ください。

✔ 日本語版も忘れずに
出願には最終学歴の英文成績証明書と英文卒業証明書が必要ですが、これに加え、日本語版の成績証明書・卒業証明書を求める大学も増えています。

卒業した(または在籍中の)学校へ発行依頼するときには、英語版だけでなく、日本語版も忘れず発行してもらいましょう。

上記の点に注意して、出来る限り綺麗な形で鮮明な書類をお送り頂きますよう宜しくお願いいたします
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H318)
13歳でのメルボルン短期留学をきっかけに「英語」と「海外」に目覚め、その後カナダ(語学留学)とアメリカ(大学留学)にも留学。卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアへ再渡豪し、オーストラリア留学センターでワーペリ。帰国と同時にオーストラリア留学センター日本窓口が開設され現職へ。留学生を現地オーストラリアで「迎え入れる立場」と日本から「送り出す立場」、両側での勤務経験を通して、双方の視点からアドバイスすることを心がけています。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら