メルボルン大学進学へ トリニティ・カレッジ

日本の高校を卒業してメルボルン大学(the University of Melbourne)へ進学する方法はいくつかあり、一般的に「ファウンデーション」と呼ばれる大学準備コースを経由してメルボルン大学進学を目指します。

ファウンデーションは、日本とオーストラリアの教育制度の違いから、オーストラリアの大学で勉強をするための準備を行うコースとなっています。

メルボルン大学のファウンデーションコースは、トリニティ・カレッジ(Trinity College)で開講しており、詳細は「トリニティ・カレッジ-メルボルン大学への進学」はご確認頂けます。

こちらでは、トリニティ・カレッジのコースの種類と実際にトリニティに通われた留学生の声をお伝え致します。

トリニティ・カレッジのコース

トリニティ・カレッジでは、標準的なメインコースとメインより短期間で終えることができるファストコースやアクセラレートコースが開講されており、各コースの2017年日程はこちらとなります。
コースコース期間大学スタート
メイン2017年2月9日-12月5日2018年2月
アクセラレート2017年4月6日-12月5日2018年2月
ファスト2017年6月22日-2018年1月25日2018年2月
メイン2017年8月3日-2018年6月1日2018年7月
ファスト2017年9月28日-2018年6月1日2018年7月
その他、英語、数学、物理、化学といった科目を追加で履修する必要のある学生にはメインプラスや特別長期コース等の開講があり、ケースバイケースで入学できるコースが異なります。

基本的な入学基準は、英語力IELTS6.0(TOEFL iBT60)、高校の平均成績が4以上が必要となります。

2017年の学費は、上記3つのコースは各27,500ドル(約228万円)となり、高校の成績が優秀な方は授業料免除の奨学金設定もあります。

トリニティ・カレッジでの体験

トリニティのメインコースで勉強をして、現在メルボルン大学で勉強中の細谷真琳さんに、トリニティでのお話を伺いました。
トリニティ・カレッジは、メルボルン大学に向けての勉強をするには最適な場所だと思います。

勉強面では、先生方はとてもフレンドリーで親身になって教えてくれました。私は心理学を勉強したいと思っており、トリニティで心理学の科目を受講することができたので、この分野の基礎を身に付けることができました。

トリニティでは、生徒のサポートも充実しており、学校カウンセラーが、試験が近い時にナーバスになっていた私に勉強の仕方も教えてくれたり、住まいのことで相談をしたりすることもできました。

トリニティでは様々な国の人たちと出会うことができ、友人を通して異なる文化を経験し、知ることができました。トリニティでは、勉強の場としてそして友達づくりの場として、とても充実した生活を送ることができました。

細谷さんの大学生活インタビュー動画もご覧ください。
メルボルン大学進学~知的好奇心あふれる学生生活~
細谷さんのご両親からも、これからのメルボルン大学での勉強に向けて、トリニティでの学びと経験は非常に良かったとご満足頂いております。

トリニティ・カレッジへの出願

オーストラリア留学センターは、トリニティ・カレッジ、そしてメルボルン大学の無料公式出願窓口として、皆さまのメルボルン大学進学のご相談、お手伝いさせて頂きます。

メルボルン大学の学部詳細や選び方、留学プラン、学費、トリニティ・カレッジからの進学の仕方、ご準備の仕方等々、将来、メルボルン大学への進学をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さい。
備考
※上記費用や入学基準等は、2016年8月18日現在の情報に基づいており、今後予告なく変更されることもございます。
※ご参考の日本円は1ドル=83円換算としております。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H297)
オーストラリアのパースから留学相談をさせて頂いています。色々な情報をインターネットで探せますが、やはり実際はどうなのか、何が本当なのか不安はつきまとうもの。まずはお気軽にご相談ください。考え過ぎて立ち止まるなら、一度動いてみませんか? このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら