オーストラリアの専門・大学・大学院留学のスペシャリスト

手配料無料! 現地 6都市サポート無料!

シドニー・メルボルン・パース・ブリスベン・ゴールドコースト・アデレード・日本の 7都市サポート

CRICOS:02995B
VIC州 メルボルン市

生徒のクチコミ評価が高く、会話力向上及び、英語力をしっかり伸ばしたい方にイチオシの英語学校!


サザンクロス駅から徒歩2分ほどに位置する、インパクト・イングリッシュ・カレッジ。徹底した母国語禁止制度(English Only Policy)を導入し、母国語を話した生徒はその場で退席を求める、「一日退学」制度を実施しています。

同校では「英語を上達させる一番の近道は常に英語を話すこと」と考えており、そのため、全生徒が常に英語のみでコミュニケーションをとり、本気で英語を学ぶ生徒が自然に集まるため、現在は学校ランキングで上位に位置する語学学校になりました。この制度のもう一つの利点は、違う国籍の友達を作るのにも、役立っているという点です。

インパクトは、IELTSやケンブリッジの試験官資格を持つ教師が多いのも特徴の1つですが、学校スタッフがとても親切丁寧に相談にのってくれる点でも、生徒の評判が高い学校です。
【インパクト・イングリッシュ・カレッジの学校紹介動画】

日本人スタッフが常駐しているので、留学生が困ったときにはいつでも相談できます。この相談の時だけは、母国語が話せる別室で一対一のカウンセリングの時間が設けられますから、学校で困っていることなどを自分の言葉で伝えられます。
オリエンテーション後に日本人だけで再度フォローアップをする等、細かいケアが行き届いている点も、留学生には嬉しい点です。

一般英語の授業はスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングとすべての分野においてレベルアップできるようカリキュラムが組まれていますが、特にスピーキング力向上に力を入れているため、会話中心の授業スタイルです。
クラスは少人数制を導入しているため、平均が10-12名。最大でも16名という点も維持されており、会話中心かつ留学期間中、最大限に英語力を向上させたい生徒にオススメです。真面目に学習する生徒が多く、厳しいイメージもある一方、一般英語コースの授業のカリキュラムは、楽しみながら英語を学べるように組まれています。
一般英語コース以外にも、バリスタ英語コースやケンブリッジ試験対策英語コース等、人気コースもたくさんあり、長期留学の生徒さんにも適している学校です。
ケンブリッジ試験に関しては、試験会場に指定されているので、今ではメルボルンのケンブリッジ試験対策コースの人気校としても知られています。


インパクト・イングリッシュ・カレッジ(メルボルン校)学校写真集


インパクト・イングリッシュ・カレッジ(メルボルン校)の学校写真はこちらからご覧ください。
こんな方に
おススメ
 

レベル分けが細かく初心者でも安心

 

ケンブリッジ国際英検を取得したい

 

徹底した英語環境で学びたい

 

コース一覧

General English(一般英語コース)

ElementaryからAdavanceまでの5レベルになっており、1クラス最大15人。1クラス平均12人の少人数制。特徴としては、とにかく、レベルアップの基準期間が設定されてなく、授業中どんどん発言をして、英語力がアップしたと思われる生徒をどんどん上のクラスへあげていく制度を用いてるため、クラス内の生徒は常に活気にあふれています。

一般英語は主に、ライティング、スピーキング、リスニング、リーディングの4つの柱を基に授業が進められますが、初級レベルでは、主に楽しく学べることに焦点を置き、上級になると、ニュースを読んだり、プレゼンを行ったりと、それぞれのレベルに応じて適応できるカリキュラムが組まれています。

また放課後には無料の選択授業に参加でき、発音クラス、シングリッシュ(歌って覚える英語)、ボキャブラリー(語彙)クラス等、様々な局面から英語を強化することが出来ます。

最低受講期間は2週間です。
入学条件入学日期間授業料
初級レベルから上級レベルまでクラス分けされているため、英語レベルの入学基準はありません。

尚、学校初日のクラス分けテストで、各生徒の弱点とする部分を元に、適したクラスレベルを案内されます。
毎週月曜日 2~48週間 週350ドル

Extreme English(エクストリーム・イングリッシュ)

FCE試験対策コース入学前の準備として、もっともおすすめな集中英語コースです。

エクストリーム・イングリッシュコースでは、日常生活のすべての状況で英語を活用できるよう、様々なトピックやボキャブラリーを用いた内容を学習していきます。

通常の一般英語コース以上に、ライティングやリーディング、そしてテスト形式に慣れることに焦点を置いた授業となっています。定期的なテストが行われたり、宿題も出されるコースです。

エクセルクラスでは10週間のコースを受講することで、ケンブリッジ検定試験(FCE)コースに入学するための準備をすることができます。
FCEコース以外にも、IELTS受験予定者や進学希望者、そのほか、ビジネス英語コースの受講を希望されている方にも適しています。試験や対策コースを受講されない方でも、真剣に学習したい方におすすめのコースです。クラスはPre-intermediate(初中級)レベルの方向けのファンデーションクラスとIntermediate(中級)レベル方向けのエクセルクラスに分けられ、英語力により参加可能なクラスが変わります。

近年では「一年の留学でFCE取得」を目指す方が多くなったため、長期留学を希望される方は、一般英語→エクストリーム(エクセルクラス)→FCE試験対策という留学プランを立てられています。
入学条件入学日期間授業料
2つのレベルがあり、ファンデーションクラスとエクセルクラスに分かれていますので、ご自身のレベルに合わせたクラスへ入学頂けます。まずはレベルチェックテストを受験いただき、ご自身の英語レベルを測定します。
入学に必要とされる英語力は以下となります。
ファンデーションクラス:初中級+レベル
エクセルクラス:中級+レベル

同コースの入学判断テストは、日本にいながら受けられます。ご自宅で英語力のペーパーテストを受けて頂き、後日学校スタッフの電話インタビュー(国際電話)の結果により、学校より入学の合否が伝えられます。通常、インタビューの後2,3日中に結果が伝えられますし、このテストは当社で無料でアレンジしていますから、お気軽にご連絡ください。
Foundation: 01月03日/02月06日/03月14日/04月18日/05月22日/06月26日/07月31日/09月04日/10月09日/11月13日

Excel: 01月03日/02月06日/03月14日/04月18日/05月22日/06月26日/07月31日/09月04日/10月09日/11月13日
10〜20週間 週350ドル

Business English Course(ビジネス英語コース)

フォーマルな文書の書き方や電話応対、交渉に使う英語、会議で使う英語など、ビジネスにおいて必要な英語力を習得する内容です。
入学条件入学日期間授業料
中上級レベルとみなされた場合

同コースの入学判断テストは、日本にいながら受けられます。ご自宅で英語力のペーパーテストを受けて頂き、後日学校スタッフの電話インタビュー(国際電話)の結果により、学校より入学の合否が伝えられます。通常、インタビューの後2,3日中に結果が伝えられますし、このテストは当社で無料でアレンジしていますから、お気軽にご連絡ください。
毎週月曜日 5~48週間 週350ドル

IELTS Preparation/EAP Course(IELTS試験対策・進学英語コース)

IELTSにて、スコア向上を目指す留学生を対象にしたコースです。クラスも英語力にあわせ、3レベル(中級、中上級、上級)にわけられているため、ご自身の適したレベルに入学することが出来ます。
また同コースは、他校のIELTSコースと比べて、アイエルツ習得後の進学先での英語力にも焦点をおいていますので、アイエルツの問題集だけでなく、学校独自で厳選したテキストを読んだり、問題を解いたりしながら、アカデミック英語(進学英語)の力も身に付けていきます。
ですので、アイエルツ取得に向けて、高得点を目指している学生から、今後大学や専門学校に進学を考えているため、進学英語を学びたいと考えている生徒までクラスメイトは様々です。また木曜日と金曜日の11時半から12時半までは一時間、希望者は授業前に図書館で自主学習することができます。もちろん講師が一人監督として入っていますので、講師に質問をしながら、授業開始前にご自身で復習、予習することが出来ます。

また同コースでは、一週間に一回、ひとつのスキルを本番と同様の模擬テストを授業の一環として行っていますので、試験慣れしたい方にもお勧めです。

もちろん、アイエルツの点数を伸ばすことも目的としていますが、それと同時に、進学後、授業についていける力をつける事も視野にいれている生徒に、一番お勧めのアイエルツ対策コースです。
入学条件入学日期間授業料
3つのレベルがあり、ご自身のレベルに合わせたクラスへ入学頂けます。まずはレベルチェックテストを受験いただき、ご自身の英語レベルを測定します。
入学に必要とされる英語力は以下となります。
インター・レベル・クラス:中級レベル
アッパー・レベル・クラス:中上級レベル
アドバンスド・レベル・クラス:上級レベル

同コースの入学判断テストは、日本にいながら受けられます。ご自宅で英語力のペーパーテストを受けて頂き、後日学校スタッフの電話インタビュー(国際電話)の結果により、学校より入学の合否が伝えられます。通常、インタビューの後2,3日中に結果が伝えられますし、このテストは当社で無料でアレンジしていますから、お気軽にご連絡ください。
01月03日/02月06日/03月14日/04月18日/05月22日/06月26日/07月31日/09月04日/10月09日/11月13日 10週間 週350ドル

Cambridge FCE(ケンブリッジ試験対策英語コース(FCE))

ケンブリッジ検定試験の対策を行う中上級向けのコース。

メルボルンで唯一公式試験会場に指定されているということもあり、留学生の評判+合格実績共に定評がある。

ちなみに、同校のFCEスピーキングテストはインパクト‥イングリッシュカレッジの本キャンパスで行われ、本試験は受験者数次第で、本キャンパスか別途試験会場を用意する形で行われます。

【インパクト・イングリッシュ・カレッジのケンブリッジコース紹介動画】

入学条件入学日期間授業料
中上級レベルの英語力(IELTS4.5~5又は、TOEFL-CBTで170点程)又は、中上級レベル以上の英語力が身についたと判断された場合。

同コースの入学判断テストは、日本にいながら受けられます。ご自宅で英語力のペーパーテストを受けて頂き、後日学校スタッフの電話インタビュー(国際電話)の結果により、学校より入学の合否が伝えられます。通常、インタビューの後2,3日中に結果が伝えられますし、このテストは当社で無料でアレンジしていますから、お気軽にご連絡ください。
1月3日(本試験日3月10日)/3月14日(本試験日6月6日)/6月5日(本試験日8月24日)/9月4日(本試験日11月28日) 10~12週間 週350ドル

Cambridge CAE(ケンブリッジ試験対策英語コース(CAE))

ケンブリッジ検定試験の対策を行うコース。合格実績のあるコース。
入学条件入学日期間授業料
上級レベルの英語力(IELTS5.5~6)又は、上級レベル以上のの英語力が身についたと判断された場合

同コースの入学判断テストは、日本にいながら受けられます。ご自宅で英語力のペーパーテストを受けて頂き、後日学校スタッフの電話インタビュー(国際電話)の結果により、学校より入学の合否が伝えられます。通常、インタビューの後2,3日中に結果が伝えられますし、このテストは当社で無料でアレンジしていますから、お気軽にご連絡ください。
1月3日(本試験日3月11日)/3月14日(本試験日6月6日)/6月5日(本試験日8月25日)/9月4日(本試験日11月29日) 10~12週間 週350ドル

Barista English Course(バリスタ英語コース)

オーストラリアのカフェで仕事をしたい方へ向けた5週間の完結コースです。カフェ英語コースではコーヒーに関する英単語から、カフェで使える接客用英会話、徹底的にカフェでの仕事をする事に焦点を絞り、カリキュラムが組まれています。

impact baristaimpact barista
授業は1:20分から開始し、週20時間の5週間で短期的にみっちり学びますが、コース期間中は併設されているカフェで、徹底的な実践力をつけます。この実践では、ラテや、カプチーノの基本的な作り方から、マシーンの使い方、メンテナンス方法からおいしいエスプレッソの入れ方、ミルクの泡立て方、コーヒーアート、職場の衛生まで学ぶことが出来、実際に卒業後、カフェでバリスタとして仕事を得るための練習を行うことが出来ます。

授業時間内でのエスプレッソマシンに触れる事が出来る割合は、基本的に11.5時間(内訳:Basic Coffee Making 3.5時間、Advance Coffee Making 6時間、そして、Supervised Practice Sessions 2時間)となります。こちらは最低限必要な時間で、多くの生徒さんはインパクト校内のカフェでワークエクスペリンスを積んでいます。ワークエクスペリエンスは月~金曜日のシフト制になっているので、空きがあれば体験できます。実際に、生徒や教師陣にコーヒーを作ることになりますから、腕の見せ所でもあります!

授業で使うエスプレッソマシンの台数は、合計4台です。ただ、1台につき2つの機能が付いているマシーンになるため、クラス定員に対して、3名ほどで1台をシェアして使用することになります。つまり、最大で一クラス12人となります。なお、インパクト校内のカフェではワークエクスペリエンスが積めます。カフェには2つの機能が付いているマシーンがあり、実際に購入される方にサービスを提供します。
さらに同コースは、オーストラリアのホスピタリティー業界で、非常に名高い、ビクトリア州政府が運営の「ウィリアム・アングリス・TAFE」で、バリスタ講習を受けられます! コース終了後には、ウィリアム・アングリスTAFEとインパクトの両校からのサティフィケイト(コース修了書)が発行されます。全豪のどこでも認められる政府公認の証明書ですから、アルバイト探し時にも提出頂けます。

またコース後に実際にカフェでの経験を積みたい場合は、「キックスタート・プログラム」と申し込みできます。料金は450ドルです。
コーヒー・バリスタのスキルや技術を習得し、更なる自信を構築していくことが出来ます。事前に少人数制のワークショップを学校内で受けた後に、地元のカフェで2週間のインターシップを体験できます。

大人気コースのため、定員がフルになることも多々あるため、入学を希望される場合は事前の予約がおすすめです。
入学条件入学日期間授業料
コース参加の際は中級以上の英語力が必要です。同校のライティング及びスピーキングテストを、日本で受けることも出来ますから、ご希望の方はぜひご連絡ください。 1月03日/1月16日/2月06日/2月20日/3月14日//3月27日/4月18日/5月01日/5月22日/6月05日/6月26日/7月10日/7月31日/8月14日/9月04日/9月18日/10月09日/10月23日/11月13日 5週間 週350ドル

Barista English Plus Course(バリスタ英語プラスコース)

一般英語コース12週間→5週間のバリスタ英語コース→1週間のインターンシップ準備→2週間のインターンシップ(キックスタートプログラム)に参加するコースです。尚、バリスタ英語コースについては同校のコースページをご確認ください。

通常、バリスタ英語コースは一定以上の英語力を求められるため、英語力が不足している場合、事前に入学手続きを進めることが難しくなります。しかし、バリスタ英語プラスコースは一般英語コースとあわせてお申し込みいただくことにより、バリスタ英語コースの入学枠も確保且つ、その後のインターンシップに参加いただけるコースです。

現時点で、英語力がない方も一般英語コース期間中に基本の英語力を見につけ、
バリスタ英語コースでバリスタの技術+カフェで使われる知識をみにつける。さらに、コース終了後に、インターンシップとしてさらなる技術と経験を身につけ、現地の職探しにつなげることができます。

このバリスタ英語プラスコースの一番の魅力は、コーヒー作りの技術だけでなく、カフェで働くためのノウハウが、ぎっしり詰まっている点です。

バリスタ英語コース終了後、インターンが開始する前にはインターンでの心構えを含めた、研修が行われます。例えば、カフェでオーダーを取りコーヒーをお客さんに渡す際、ここでの一言でカフェの印象もガラリと変わります。

デザートのオーダーが一品増えるような会話ができれば、インターン修了後に正式に採用されることもありますから、非常に大事な点です。その他、カフェで働く上での注意点や、トラブルがあった時の対処方法も含め、学ぶことができます。

インターン終了後は、インパクト・イングリッシュ・カレッジでその後のアルバイト探しのアドバイスなどももらえますから、特にワーキングホリデーの方に人気のコースと言えます。

そしてもう一点の魅力は、コース終了後のインターン先が、いずれも「現地のカフェ」という点です。オーストラリアは多民族国家です。様々な人達がカフェに訪れ、そこで会話力を伸ばしつつ、技術を身につけられることができるのは、学校のカフェだけでは体験できません。
その為、「オーストラリアのカフェで働きたい」と決めている方には、もっとも適したコースと言えます。

なお、2016年9月現在カフェインターンはバリスタ英語コース一クラスに対し3-4人までしか申込みを受け付けていません。その為、バリスタ英語コースに入学後、キックスタートのお申込みを承る事も可能ですが、上記の人数制限上インターン手配がコース終了後数カ月先になってしまう場合があります。
その点でも、バリスタ英語プラスコースは、すでに含まれていますのでお勧めです。

なお、同プログラムは授業料のほか、インターンシップ費用450ドルが必要となります。インターンシップ期間中も無給となりますが、就労とはみなされない為、観光ビザの方も、お申込みが可能です(英語コース期間は要相談)。
入学条件入学日期間授業料
初級レベルの一般英語コースからスタートするため、コーススタート時には英語レベルの入学基準はありません。しかし、バリスタ英語コース入学時には中級以上の英語力が必要となります。ですので事前のレベルチェックテストの受験をお勧めします。

仮に英語力基準をバリスタ英語コース入学前にクリアできない場合は、引き続き一般英語コースに就学いただき、インターン費用は返金させていただきます。
一般英語コースは毎週月曜日、
2016年度
10月24日/11月14日が入学日

2017年度
1月03日/1月16日/2月06日/2月20日/3月14日//3月27日/4月18日/5月01日/5月22日/6月05日/6月26日/7月10日/7月31日/8月14日/9月04日/9月18日/10月09日/10月23日/11月13日が入学日

バリスタコースの入学日にあわせ一般英語コーススタート日のプランを立てます。
17+3週間 7,170ドル

English+Childcare Volunteer(英語+幼稚園ボランティア)

12週間の英語コース後、現地のチャイルドケアセンターでボランティアに参加頂きます。

入学条件入学日期間授業料
一般英語コースの英語力基準はありませんが、幼稚園ボランティアは、中級レベル以上(Intermediate)の英語力が身についたと判断された場合参加いただけます。 毎週月曜日 12週間+ボランティア 4,970ドル

English+Primary or Secondary school Volunteer(英語+日本語教師アシスタント)

一般英語コースを12週間終了後、日本語教師アシスタントとしてボランティア活動に参加頂くコースです。

日本語教師アシスタントのスケジュールは、受け入れ先の学校により半日(8:30〜12:30頃まで)と、1日(8:30〜15:00頃まで)のいずれかになります。期間は半日の場合であれば、5-10週間。一日の場合は2-4週間とお考えください。

参加費用の他、ビクトリア州政府が定めるWWCCカードを取得いただきます(無料)。その他、受け入れ先により、無犯罪証明書(40ドル程)を別途取得頂く場合もあります。

いずれも、受け入れ先の教育機関によりスケジュールの変更等がある点は、ご了承ください。
入学条件入学日期間授業料
一般英語コース自体には、特別な入学基準はありません。しかし、小学校はPre-intermediate(初中級)以上の英語力、中学校、高校はUpper-intermediate(中上級)以上の英語力が身についたと判断された場合 毎週月曜日。しかし、ボランティアの受入れはビクトリア州のスクールホリデー中は参加いただけません。 12週間+ボランティア 4,970ドル

ロケーション

その他費用


詳細料金
入学金200ドル
教材費6週間以下は一律60ドル。7週間以上は週あたり10ドル
ホームステイ手配費240ドル
ホームステイ宿泊費週285ドル(平日2食、週末3食付き)ホームステイのお申し込みは、最低4週間から受け付けており、時期により同国籍の留学生が同じステイ先に滞在する場合もあります。
空港ピックアップ160ドル(メルボルン・タラマリン空港)/240ドル(Avalon空港より)