オーストラリアン・カソリック大学でスタディアブロード

オーストラリアン・カソリック大学(通称ACU)はシドニー、メルボルン、ブリスベンというオーストラリアの3大都市にメインキャンパスを持つローマ・カトリック系からスタートをした公立大学です。

ACUのスタディアブロードでは、大学での「学部聴講のみのスタディアブロードプログラム」以外に、「スタディアブロード+コミュニティ・エンゲージメントプログラム」というボランディア活動に参加できるプログラムがあります。




目次



ユニークな経験ができる!コミュニティ・エンゲージメント

通常スタディアブロードでは、大学の講義を3-4科目を学ぶのが一般的ですが、ACUでは講義科目以外にも、興味のある分野のボランティア活動を含む科目を履修することができる「スタディアブロード+コミュニティエンゲージメントプログラム」があります。

ローカルコミュニティにボランティアを通して関わることで、講義を受けるだけではなく、“経験”という付加価値を得ることができます。

プログラム受講例/4科目

大学で行われるコミニュティエンゲージメント科目については、どんなユニットをとったら良いかなど、アカデミックコーディネーターに相談をしたり、アドバイスが貰えます。

スタディアブロード+コミュニティエンゲージメントプログラム
講義科目(例) 興味のある科目から選択します。

• Fundamentals of Digital Technologies and Computing(デジタル技術とコンピューティングの基礎)

• The Aquatic Environment and The Outdoor Experience(水中環境とアウトドア体験)

※同一の学部から選ぶ必要はありませんが、受講条件が満たされてされていない場合は受講が出来ないこともあります。
コミュニティエンゲージメント関連科目の受講(例) • Community Engagement: Building Strengths(コミュニティ活動:強みの構築)

• Community Engagement Placement(コミュニティ活動)⇒基本的に講義(週3時間)+ボランティ活動(50−70時間)で構成

※コミュニティエンゲージメントプログラムは、ブリスベン、シドニー、メルボルンキャンパスのみの開講となります。
※シドニーは、ノースシドニーとストラスフィールドのキャンパスをまたいで科目を選ぶ事ができますが、タイムテーブルがかぶらないよう注意が必要です。
※ユニットによっては受講条件や受講英語力が必要な場合があります。
※上記はあくまでも一例で、自身の大学での受講科目によって、全く同じプランが出来ない可能性があります。


どんなボランティアができるの?

コミュニティエンゲージメントでは、不利な状況や社会的疎外を経験している人々を支援するコミュニティ団体のサポートを中心としています。児童ケアサポート、エイジドケアサポート、児童のアフタースクールケア/宿題・サポート、食事配布サポートなどが選択できます。



参加できるボランティアはキャンパスによって異なります。

実際にどんなボランティア活動ができるかについては、こちらをご参照ください。(キャンパスを選ぶと選択肢がでてきます)

ACUのスタディアブロードを選ぶ4つの理由


①留学生が少ない
オーストラリアの大学の留学生比率は20~30%が平均的ですが、ACUは10%前後となっており、ローカルの学生が多く学んでいます。

②メインキャンパスがオーストラリアの三大都市に
スタディーアブロードのコースを始める前に大学付属の語学学校に行く方も多いですが、語学学校もメインキャンパス同様オーストラリアの3大都市すべてで開講しています。

③キャンパスの立地が抜群!
シドニーキャンパスは市内中心部まで約10分、メルボルンキャンパスは約5分、ブリスベンキャンパスは空港のすぐそばにあり約40分の立地です。市内中心地から近くてアクセスが良いのは、現地生活においても大きなメリットです。

④アットホームなサイズ感
各キャンパスとも小規模なサイズ感なので、教授との距離も近く、大規模校では叶わないアットホームな環境で学ぶことができます。


スタディアブロード受講科目決定の流れ

「スタディアブロード(聴講のみ)」「スタディアブロード(聴講)+コミュニティエンゲージメント」ともに、下記の流れで受講科目を決めていきます。

スタディアブロード(1学期間)
1.キャンパスを決める 興味のある科目をサイトで確認をし、受講キャンパスを決めます。

※キャンパスを決めてから、受講科目を決定することも出来ますが、一部の学部の科目は決められたキャンパスでしか受講が出来ないことがあるのでご注意ください。

※スタディアブロード+コミュニティエンゲージメントプログラムに参加希望の場合、ブリスベン、シドニー(ノースシドニー、ストラスフィールド)、メルボルンの3キャンパスのみが選択できます。
↓↓↓ ↓↓↓
2.お申し込み スタディアブロードの出願をします。スタディアブロード+コミュニティエンエージメントを希望の場合は、出願時に伝えます。
↓↓↓ ↓↓↓
3.受講希望科目提出 希望する科目を選び提出すると、査定があります。

・希望科目は多めに申請をして、認可された科目から実際に受講する科目を選択します。

・スタディアブロード+コミュニティエンゲージメントの場合は、アカデミックコーディネーターがお薦め科目をアドバイスしてくれます。

・コミュニティエンゲージメントを希望の場合は、関連科目も含めて3−4科目の受講となります。
↓↓↓ ↓↓↓
4.受講科目決定 認可された科目から実際に受講する科目を決め、エンロールします。。

<開講学部について>

ACUには、「教育&アーツ」「ヘルスサイエンス」「宗教&哲学」「法律&ビジネス」学部があります。

詳しい科目リストはこちらをご参照ください。

スタディアブロード 募集要項(2023)



ACUで参加できるスタディアブロードは、「スタディアブロード(聴講)のみ」「スタディアブロード+コミュニティエンゲージメント」の2つがあります。
また、英語が入学条件に満たない場合は、「英語+スタディアブロード」も可能です。

成績大学/大学院1年次修了以上
英語力(大学)IELTS6.0(W&S 6.0、R&L 5.5)以上/TOEFL iBT 79(W22)以上、(大学院)IELTS6.5(各6.0)以上

※法律、ヘルスサイエンス、教育系などの科目を希望する場合は、英語力条件が高くなります。
学費(2023)*4科目:10,220ドル(1学期)、3科目:7,665ドル(1学期)

英語コース:10週間 3,800ドル〜(5週間単位)

*学費以外に設備使用料、教材費、留学生保険(OSHC)がかかります。1科目10単位で計算をしています。
入学日**2月、7月

**英語コースからスタートの場合は、英語コースの期間により入学日が異なります。
出願締め切り・2月スタート⇒前年11月15日まで

・7月スタート⇒5月15日まで
キャンパスブリスベン、シドニー(ノースシドニー、ストラスフィールド)、キャンベラ、メルボルン、バララット

オーストラリアン・カソリック大学 スタディアブロード パンフレットは、こちらから。


出願に向けての準備

1. まずは英語試験を受けましょう
まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。

日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/

2. 出願に必要な書類を準備しましょう
出願には下記4点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの4点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。

  • 大学成績証明書(英語版、日本語版 各1部)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー

3. 出願手続きスタート
最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式にオーストラリアン・カソリック大学への出願手続きをスタートします。

留学相談&お問い合わせ先


当社オーストラリア留学センターはオーストラリアン・カソリック大学を含め全豪28大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。

お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2022年12月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2023年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=100円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。



CRICOS Reg 00004G
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号M144)
[現在育休中で、2022年12月頃に復帰を予定しています] 大学在学中に留学を経験し、新卒で楽天株式会社に入社。ヨーロッパ、アメリカ、アジア、オーストラリアに飛び回る。仕事を通して自身の留学が人生や将来の仕事を考える大きなきっかけになったことを再認識し、「より多くの人が、留学を通して英語力を磨き、視野を広げ、豊かな人生を送れるようサポートしたい」という思いから、留学業界への転職を決意、オーストラリア留学センターと出会い現職。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら