休学留学生の特権!Field Tripできる科目を取ろう

私がクイーンズランド大学に在学していた頃、休学留学生に「どんな科目を取っているの?」と聞くと、観光学、心理学、国際関係学、環境学など、4科目全て分野がバラバラの科目を選択していました。

正規留学生は、選択科目の数や分野に制限があったりしますが、休学留学生は自由に全く違う分野の科目を選択することが可能です。

私も卒業するのに取れる選択科目や数がほとんど決まっていたので、私は「休学留学生は自由に色んな科目を組み合わせできて羨ましいな」と思ったのを覚えています。
学部をこえて、色々な分野の科目を選択できるのは、休学留学生だけが持つ特権なので、幅広くコースを見比べ、オーストラリアでしか勉強できない科目を選択してほしいと思います。

今回はその中でも、Field Trip(実地見学)が含まれたコースをご紹介します。
オーストラリアはクイーンズランド、その土地ならではの勉強ができますよ。

クイーンズランド大学

Agriculture, Animals and Food
◎Fish, Fisheries and Aquaculture (魚、漁業と養殖)
コースコード:BIOL3340
開講:1学期2月スタート
※条件付き
◎Land Use and Management (土地利用とその管理)
コースコード:LAND3007
開講:1学期2月スタート
◎Plant Adaptation and Global Change (植物の環境適応能力と地球変動)
コースコード:BIOL3204
開講:2学期7月スタート
※条件付き
Environment and Planning
◎Australia’s Marine Environment (オーストラリア海洋環境学)
コースコード:MARS2005
開講:1学期2月・2学期7月どちらでも

実地見学先①:グレートバリアリーフ
UQは自社のHeron Island Research Stationをグレートバリアリーフ付近に所有しており、このコースの実施見学は数日間行います。シュノーケリングやサンゴ礁の周りを歩き、海洋生態学を学びます。

実地見学先②:モートン湾とノース・ストラドブローク島(Moreton Bay and North Stradbroke Island)
大学があるブリスベンから一番近く、綺麗なビーチはノース・ストラドブローク島ですが、ここにUQは自社運営のMoreton Bay Research Stationを持ちます。クジラやマンタなど海洋生物の観察するのに絶好のポイントです。
◎Australia’s Terrestrial Environment(オーストラリア陸地環境)
コースコード:BIOL2001
開講:1学期2月・2学期7月スタート

実地見学先①:ダギラー国立公園(D’Aguilar National Park)
亜熱帯多雨林とウォークアバウト・クリーク・ディスカバリー・センターがあります。オーストラリアに生息するカンガルー、ワラビー、カモノハシ、ウォンバットやフクロネコをはじめ、熱帯雨林に生息する鳥、淡水魚、亀、蛇、トカゲやワラビーを観察します。

実地見学先②:ラミントン国立公園(Lamington National Park )
世界遺産に登録されているラミントン国立公園では、雨林、ユーカリ、マリー(小型ユーカリの樹)、ヒース植生や、野生動物のアカクビヤブワラビー、アルバート・コトドリ、リッチモンドトリバネチョウ蝶を観察します。

実地見学先③:オーストラリア動物園(Australia Zoo)
クロコダイル・ハンターとして有名なスティーブ・アーウィンが創設したオーストラリア動物園は、オーストラリアで有名な動物園の一つです。実地見学では、舞台裏のツアーで動物のお世話をするスタッフを関わる機会があります。動物園では、ワニ、蛇、ハリモグラ、カンガルー、ウォンバットなどオーストラリアを代表する動物たちをお世話しています。

実地見学先④:フレーザー島(Fraser Island)
世界遺産であり、世界最大の砂でできた島、フレーザー島です。実地見学では、壮観なビーチ、亜熱帯雨林、淡水湖、壮大な砂丘を周り、生息しているディンゴを観察します。
◎Environmental Toxicology and Monitoring(環境毒物学とモニタリング)
コースコード:ENVM3211
開講:2学期7月スタート
※条件付き

実地見学先:モートン湾とノース・ストラドブローク島(Moreton Bay and North Stradbroke Island)
◎Northern and Tropical Queensland Tour(北部と熱帯クイーンズランドツアー)
コースコード:ENVM3529
開講:1学期2月・2学期7月スタート

実地見学先:ファー・ノース・クイーンズランド
そこに位置するのは、グレートバリアリーフをはじめとした世界遺産に登録されている3ヶ所、70に及ぶ国立公園、そして8490㎢に続く熱帯雨林です。
※このコースの実地見学は学期中ではなく、学期休みにスケジュールされています。/tr>
◎Outback Ecology Field Studies(アウトバックエコロジー実施見学)
コースコード:BIOL3016
開講:1学期2月スタート
※条件付き

実地見学先:アウトバック・クイーンズランド
アイディリア国立公園へ向かい、峡谷、岩層、その土地独特の植生、シマオイワワラビーなど希少な動植物を観察します。

その他
◎Biogeography and Geomorphology(生物地理学と地形学)
コースコード:GEOS2103
開講:2学期7月スタート

◎Environment and Society(環境と社会)
コースコード:GEOS1100
開講:1学期2月・2学期7月スタート

◎Environmental Systems(環境システム)
コースコード:GEOS2100
開講:1学期2月スタート

◎Human Mobility and Migration(人間の移動性と移住)
コースコード:GEOG2001
開講:2学期7月スタート

◎Plan Making(プランニング)
コースコード:PLAN3000
開講:2学期7月スタート

◎Tropical Marine Ecosystems(熱帯海洋生態系)
コースコード:BIOL3023
開講:2学期7月スタート
※条件付き

◎Urban Geography(都市地理学)
コースコード:GEOG2104
開講:2学期7月スタート

Science and Mathematics
◎Geology of Coral Reefs(サンゴ礁の地質学)
コースコード:ERTH3212
開講:2学期7月スタート
※条件付き

実地見学先の例:グレートバリアリーフ
◎Marine Geoscience and Palaeoceanography(海洋地球科学と古海洋学) 
コースコード:ERTH3110
開講:1学期2月スタート

実地見学先の例:モートン湾とノース・ストラドブローク島(Moreton Bay and North Stradbroke Island)
その他
◎Marine Ecology and Conservation(海洋生態学と保全)
コースコード:BIOL3215
開講:2学期7月スタート
※条件付き

◎Palaeobiology(古生物学)
コースコード:ERTH2002
開講:2学期7月スタート

◎Planet Earth: The Big Picture(惑星の地球:全体像)
コースコード:ERTH1000
開講:2学期7月スタート

留学相談&お問い合わせ先

休学留学生が選択できる科目は、基本的にレベル1や2の大学1年生・2年生が導入コースがほとんどです。
日本の大学で、すでに環境学など関連したコースを専攻している場合は、より専門的なコースの選択(レベル3のコース)も許可がおりる場合がございます。
ただ、日本の大学で関連分野を勉強したことがなくても、取れるコースがあるので、興味がある方にはこの機会にぜひオーストラリア、クイーンズランドの自然を見学し、環境学を学んでみてほしいと思います。

オーストラリアの大学のコースは多種多様なので「日本の大学では勉強できないけど、ずっと勉強してみたかった!」と思うコースがあるかもしれません。

大学・コース選びのご相談を伺っておりますので、オーストラリアの大学での休学留学にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせフォームからご相談下さい。
※※備考※※
・本記事は2019年7月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・「履修する科目の一例」は現時点での開講情報となり、選択できる科目は学期と年度によって異なります

 
国際バカロレア(IB)卒業生であり、クイーンズランド大学(UQ)の卒業生です。オーストラリアの大学進学をはじめ、オーストラリアの学校に通うことの素晴らしさを、留学をお考え中の皆様にも伝えられるよう寄り添ってアドバイスできたら幸いです。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら