【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

RMIT大学でスタディアブロード

"せっかく大学を休学して留学をするなら、オーストラリアの大学で大学生と一緒に勉強をしたい!" 

日本の大学に在籍をしながら、オーストラリアの大学で勉強ができるスタディアブロード。学部留学、学部聴講とも呼ばれ、1学期~2学期(半年~1年)の期間で学ぶことができます。

同プログラムは全豪すべての大学で提供していますが、今回はメルボルンにあるRMIT大学(Royal Melbourne Institute of Technology)のスタディアブロードについての魅力をご紹介致します。


目次

RMIT大学とは



2020年のQS Graduate Employability(雇用可能性)というランキングでは雇用者の評価、卒業生の活躍、主要企業との共同研究実績、企業などの学内採用活動、卒業生の就職率からなる5つの評価項目で査定して世界の大学をランクして付けしています。 RMIT大学は世界で77位、オーストラリアでは8位にランクインしており、オーストラリアのトップ大学(Group8)以外の大学として雇用面で非常に高く評価されていることが分かります。

スタディーアブロードが開催されているのは、メインキャンパスのメルボルン・シティー・キャンパスと、市内から北に約6キロ(交通機関使用で約30分)のブランズウィック・キャンパスと、市内から北東に約20キロ(交通機関使用で約60−70分)のバンドューラ・キャンパスの3つとなります。

メルボルン・シティー(Melbourne City)・キャンパス
とにかく利便性の良い場所にあるキャンパスです。メルボルンセントラル駅のすぐ近くとなりますので電車で通学も出来ますし、もしくはトラムストップもすぐ側にあるのでトラム通学も可能です。

RMIT大学の様々なコースがこのキャンパス内で開講されており、約45,000人が学んでいます。

ブランズウィック(Brunswick)・キャンパス
ブランズウィックの有名な通り「シドニーロード(Sydney Road)」から数分のところに位置しており、様々なショップ、レストラン、パブ、マーケットなどが立ち並ぶ活気に満ちた多文化でおしゃれなエリアにキャンパスがあります。

RMIT大学で有名で人気の「ファッション&テキスタイル」コースのほとんどはこのキャンパスで開講されています。800万ドル(約6.4億円)かけて設立された「ファッションハブ」と呼ばれる世界クラスの施設もキャンパス内にあります。

バンドューラ(Bundoora)・キャンパス
他の2キャンパスとはまた違い、自然や公園に囲まれたリラックスできる環境に位置します。工学、健康科学、医療科学、教育プログラムなどがここでは開講されています。

RMIT大学でスタディアブロード留学

2学期制を採用

RMIT大学の学科はセメスター制(2学期制)となります。ですので、スタディアブロードの開始は2月か7月から選べます。

セメスター1:2月-6月 【オリエンテーション2月中旬頃】*出願の締切は11月15日頃
セメスター2:7月-11月 【オリエンテーション7月中旬頃】*出願の締切は4月15日頃

たくさんの分野から選べる

RMIT大学では下記の18の分野で様々な専攻学科が開講されております。日本の大学の専門分野を更に深めるために同様の分野から科目を選ぶこともできますし、日本の大学の学部とは関係のない分野から科目を選び、幅広い視野と知識を身につけることもできます。


スタディーアプロードの手順はとっても簡単!

1. 何を勉強したいのか
上記の分野からまず興味があることを絞ります。入学条件を満たしているかを確認します。

2. 履修したい教科をサーチして、選ぶ
何学期勉強するのか、何教科履修するのかを決めたら、ここから教科をサーチします。1学期3-4科目選べます。

たくさんの科目の中から履修科目を選ぶのが大変な場合は、予め分野の科目が厳選されている「Study Abroad Package」を選び、より少ない選択肢の中から選ぶことも可能です。迷った場合は、弊社までご相談ください。
*Packageの場合は選べる分野が少なくなります。

3. 出願する
出願資料を準備してオーストラリア留学センターのオンライン申し込みフォームを送信! 弊社が代理で出願します。

大学生じゃなくても参加できる「Gap Year」

最近高校を卒業したばかりで日本の大学に在籍していない卒業したての方向けとなります。

特に、高校を卒業したけれどその後の進路が決められない方にはとてもお勧め! とりあえず半年〜1年間だけこのプログラムを使い大学生活を経験し、その後の進路を決めることもできます。もちろん1年後引き続き在籍したい場合は、すでに習得している単位を使って、単位免除を申請して学生生活を続けることも可能です。

GPA Yearの場合は、どの分野でも勉強できるというわけではなく、下記のみの分野となります。

・accounting【会計】
・business IT and logistics【ビジネス、IT、物流】
・economics, finance and marketing 【経済、財務、マーケティング】
・management【マネージメント&経営】
・engineering【エンジニア】
・global, urban and social studies【国際、都市、社会関連】
・health and biomedical sciences【健康科学、生物科学】
・property【資産&投資&物件】
・construction and project management【建設、プロジェクト管理】
・science【科学】

上記の分野の中で選べる科目から1学期中3-4科目を履修します。

たくさんの科目の中から履修科目を選ぶのが大変な場合は、予め分野の科目が厳選されている「GAP Year Package」を選び、より少ない選択肢の中から選ぶことも可能です。迷った場合は、弊社までご相談ください。
*Packageの場合は選べる分野が少なくなります。

GAP YEARに関してのパンフレットはこちらから確認できます!

将来に備える様々なサポート

RMIT大学では将来のキャリアに備える様々なサポートプログラムを提供しています。下記がその一部となります。

JOB SHOP
キャリアに関わる様々なサービスを提供します。履歴書とカバーレターのレビュー、仕事探しのお手伝い、ワークショップやイベントの開催があります。

Future Edge employability program
競争の激しい雇用情勢の中で際立った存在になるためのコミュニケーションスキル、問題解決力、チームワーキング力等を学生が身につけられるよう、プラン作りから実践までをワークショップなどを通じて身につけていきます。

work-integrated learning (WIL)
WILでは授業で学んだことを実践する機会を与えます。ボランティアや、インターンシップ、セミナー、フィールド・トリップを通して実際の業界での経験を身に着けていきます。

RMIT大学出願条件(2021年)

申込条件 現在オーストラリア以外の国の大学生であり1年生を修了していること
※GAP YEARを希望の方は例外です
英語力 IELTS合計6.0以上/TOEFLIBT60以上、もしくはその他の英語テストで同等の英語力の証明
学力 大学の成績が4段階中平均GPA2.0、もしくは60%以上を修めていること
1学期あたりの学費 1セメスターの場合 $8,640(約69万円)*3教科でも4教科でも値段は変わりません
出願必要書類 ・在学中の大学の成績表(英文&日本文)
・IELTSまたはTOEFLスコア表
・パスポート写真ページのコピー
・コースによってはポートフォリオや動機書が必要な場合あり
出願締め切り時期 【1学期目(2月入学)の場合】⇒前年の11月15日頃迄
【2学期目(7−8月入学)の場合】⇒同年の4月15日頃迄
※学費とは別途、航空券(往復10~15万円)、学生保険(1年で5万円ほど)、学生ビザ申請費用(5万円ほど)、生活費(1か月12万円ほど)等がかかります。

英語力条件を満たしていない場合の留学プラン

「スタディアブロードには英語力が少し足りない・・・」という方にはこちらの「英語+学部聴講」がお勧めです!

基準にIELTSスコアが0.5~1.0足りない場合は、まずは最初の10〜20週間ほど付属の語学学校に通って規定の英語力を習得することで、スタディー・アブロード・プログラムへ進学することが出来るようになります。

留学日程例① ・2月~7月(付属英語コース)
・7月~11月(スタディー・アブロード・プログラム)
留学日程例② ・8月~2月(付属英語コース)
・3月~6月(スタディー・アブロード・プログラム)
※例えば上記の学費は、付属英語コース(20週間)で9,400ドル(約75.2万円ほど)+スタディー・アブロード・プログラム(1学期間)となり、総額144.2万円程となります。【レートによって日本円は前後します】

留学相談&お問い合わせ先


当社オーストラリア留学センターはRMIT大学を含め全豪29大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。
お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください

上記でご案内しましたMRIT大学へのスタディーアブロード公式パンフレットはこちらから確認できます!
RMIT大学スタディーアブロードパンフレット①
RMIT大学スタディーアブロードパンフレット②

※備考※
・本記事は2021年2月現在の情報に基づいており、料金、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=80円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。
・ご自身の希望コースによって英語力基準が変わったり、現在の英語力によっても英語コースの週数が前後しますので、まずはご相談下さい。一人ひとりに沿ったお見積りとアドバイスを致します。
・受講時期によってはコロナウィルスの影響によりオンラインに変更になったり一部プログラムやサポートが受けられない場合がございます。スタディーアプロードの提供が出来ない可能性もあります。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I138)
メルボルンは、市内に行くとおしゃれなカフェやレストランがたくさんあり、少し車で走ると自然が広がるオーストラリアのいいところを凝縮した街です。様々な国籍の方と一緒に学んだり、働いたりできる機会がたくさんありますので、是非一度いらっしゃってください! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら