ホスピタリティを学ぶなら、TAFEベントレーキャンパス

TAFEってなに?

まずはTAFE(テイフ)という所がどのような機関なのかをご存知でない方も多いと思います。TAFEは(Technical and Further Education)の略で、オーストラリアの各州にある政府が運営をしている、”職業訓練校”です。TAFEでは留学生だけでなく、たくさんの現地オーストラリア人が専門的な技術を身につける為に学んでいます。

学生の街、ベントレー

こちらでご紹介するTAFEのベントレーキャンパスは、パースシティからスワンリバーを越えて南へ渡った所にキャンパスがあります。ベントレーという地区は、シティからのアクセスも便利で、バスで約30分程で行く事ができます。またTAFEベントレーキャンパスの向かいには、カーティン大学のキャンパスがあり、このあたりは学園地区としても自然が多く、落ち着いて勉強をするにはとても環境の良い場所です。

ベントレーキャンパスの特徴

ベントレーキャンパスを管轄するサウスメトロポリタンTAFEは、ベントレーを含め12のキャンパスがあります。トータルの学生数は27,000人、そのうち1,100人が海外留学生です。その中でもベントレーキャンパスは、ホスピタリティ系(クッカリー、ホスピタリティ、パティスリー)のコースに定評があり、キャンパス内の設備も充実しています。

ベントレーキャンパス内には、学生が授業で作ったパンを販売するベーカリーや、クッカリー、パティスリー、ホスピタリティの生徒がトレーニングをする為のトレーニングレストランまであります。こちらのトレーニングレストランは、クオリティもさながら、リーズナブルに食事ができるレストランとして人気があり、地元のローカルのお客様で連日予約がいっぱいです。また一方では、一般のレストランやホテルでなく、トレーナーの目が行き届いた環境で実習ができる事は学生にとっては大きなメリットになります。

さらに、こちらのレストランは『Industry Open Day』という日を設けており、地元の企業をレストランに招待して、企業が欲しい学生をそこでスカウトしていくというチャンスが年に2度あります。

調理師コース


コースCertificate III in Commercial Cookery
期間1年(2セメスター)
入学2月、7月
費用15,720ドル(約133万6,000円)
教材費が別途3,600ドル(約30万6,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい

コースCertificate IV in Commercial Cookery
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,860ドル(約66万8,000円)
教材費が別途350ドル(約3万円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Certificate III を終了している事

コースDiploma of Hospitality Management
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,860ドル(約66万8,000円)
教材費が別途500ドル(約4万3,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Certificate IV を終了している事

ホスピタリティコース


コースCertificate IV in Hospitality
期間1年(2セメスター)
入学2月、7月
費用15,720ドル(約133万6,000円)
教材費が別途1,400ドル(約12万円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい

コースDiploma of Hospitality Management
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,860ドル(約66万8,000円)
教材費が別途500ドル(約4万3,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Certificate IV を終了している事
<動画はこちらをご覧ください>

製菓コース


コースCertificate IV in Patisserie
期間1.5年(3セメスター)
入学2月、7月
費用23,580ドル(約200万4,000円)
教材費が別途3,750ドル(約31万9,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい

コースDiploma of Hospitality Management
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,860ドル(約66万8,000円)
教材費が別途500ドル(約4万3,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Certificate IV を終了している事

体験談のご紹介

Minoriさんは高校卒業後に渡豪され、TAFEの進学英語コースで30週間学ばれた後に、ホスピタリティのコースに進学をされました。Minoriさんの体験談はこちらをご覧ください。

TAFE付属英語コース


【入学英語基準について】

①英語力が不足している場合
TAFE付属語学学校やTAFE提携の語学学校で英語の勉強をして、進学を目指すことができます。

②ご自身の英語力がわからない場合
IELTS等、英語力証明をお持ちでない方でも、弊社ではTAFEの英語レベルチェックテストを無料で受けて頂くことができますので、お気軽にお問い合わせください。

TAFEのコースを受講するには、最低IELTS5.5レベルの英語力が必要です。すでにIELTS5.5をお持ちの方でも、プレゼンテーションやライティング、ディベートなどに慣れておられない場合は、TAFEの進学英語コースを事前に受講される方が望ましいです。

TAFEの英語コースについての詳細は、こちらをご覧ください。

ターム 2019年開講日
ターム2(後半) 2019年5月6日(月)〜2019年6月7日(金)
ターム3(前半) 2017年6月10日(月)〜2019年7月12日(金)
ターム3(後半) 2019年7月15日(月)〜2019年8月16日(金)
ターム4(前半) 2019年8月19日(月)〜2019年9月20日(金)
ターム4(後半) 2019年9月23日(月)〜2019年10月25日(金)
ターム5(前半) 2019年10月28日(月)〜2019年11月29日(金)
ターム5(後半) 2019年12月2日(月)〜2020年1月17日(金)

TAFEのホスピタリティーにご興味のある方、TAFEの英語力診断テストの受験をご希望の方、もっと詳しい情報をお聞きになりたい方は、ぜひお気軽にこちらからお問い合わせください!

※※備考※※
・上記は、2019年5月3日の情報に基づいており、今後予告なく変更となることもありますので、ご注意下さい。
・ご参考の日本円は、1ドル=85円換算としております。
 
私自身も留学経験があり、英語を勉強するのが大好きです!留学をすることでたくさんの人々と出会い、人生が変わるような経験をしました。ぜひ皆さんにもそういった経験をして頂きたいとの思いで、留学カウンセラーという仕事をしています。パースには行ったことがないという方、ぜひ一度はパースにお越しください!(※ 2019年7月〜2020年6月まで産休/育休を頂いています)

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら