【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

パースのTAFEから大学編入 仕組みとメリット

オーストラリアの大学進学方法の1つに、州立専門学校TAFE(テイフ)から、大学に編入するルートがあります。

パースのTAFEからも大学に編入ができるルートがあり、学費を抑えられる、入学がしやすい等のメリットの他、TAFEで実践を学んだ後に大学で学問を学ぶことでより理解が深まる少人数のクラスからスタートできるといった特徴もあり、最近パースのTAFE経由で大学編入を目指す人も増えてきました。

パースのTAFEと、TAFEから大学編入の仕組みやメリットについて、TAFEのリージョナルマネージャー、Christoper氏に解説をして頂きました。


TAFEから大学編入を目指すメリットについては、「TAFE/専門カレッジから大学編入する5つのメリット」もご覧ください。

TAFEからの編入 具体例

パースのTAFEから、エディスコーワン大学マードック大学カーティン大学への編入例をご案内致します。
                                   
エディスコーワン大学への編入例
ツーリズム・ホスピタリティ系
TAFE1年
Diploma of Travel and Tourism Management12,480ドル
(約106万円)
大学2年次
Bachelor of Hospitality and Tourism Management31,850ドル
(約270万円)
大学3年次Bachelor of Hospitality and Tourism Management31,850ドル
(約270万円)
イベントマネジメント系
TAFE1年
Diploma of Event Management12,480ドル
(約106万円)
大学2年次
Bachelor of Sport, Recreation and Event Management31,850ドル
(約270万円)
大学3年次Bachelor of Sport, Recreation and Event Management31,850ドル
(約270万円)
                                   
マードック大学への編入例
ツーリズム、イベントマネージメント系
TAFE1年
Diploma of Event Management12,480ドル
(約106万円)
大学2年次
Bachelor of Arts in Tourism and Events25,920ドル
(約220万円)
大学3年次Bachelor of Arts in Tourism and Events25,920ドル
(約220万円)
グラフィックデザイン系
TAFE2年
Certificate IV in Design (Graphic Design)
Diploma of Graphic Design
24,960ドル
(約212万円)
大学2年次
Bachelor of Creative Media (Graphic Design) 28,560ドル
(約243万円)
大学3年次Bachelor of Creative Media (Graphic Design)28,560ドル
(約243万円)
                                               
カーティン大学への編入例
ビジネス系
TAFE1年Diploma of Business12,480ドル
(約106万円)
大学2年次
Bachelor of Commerce29,200ドル
(約248万円)
大学3年次
Bachelor of Commerce29,200ドル
(約248万円)
大学4年次(3科目のみ)
Bachelor of Commerce10,950ドル
(約93万円)
芸術系
TAFE1年
Diploma of Photography and Photo Imaging12,480ドル
(約106万円)
大学2年次
Bachelor of Design (Photography)29,000ドル
(約246万円)
大学3年次
Bachelor of Design (Photography)29,000ドル
(約246万円)
大学4年次(4科目のみ)Bachelor of Design (Photography)14,500ドル
(約123万円)
こちらの編入ルートは一例となり、また、大学で選ぶメジャーによっても、大学で最終的に学ぶ科目数・期間が異なります。

そして、TAFEと大学一緒にお申込みができるコース、まずはTAFEのみお申込みを行うコース等、コースによって色々なパターンがありますのでご留意ください。

TAFEから大学編入の注意点

メリットも多いTAFEからの大学編入ですが、いくつか注意をしなければならない点もあります。

特に注意が必要なことは、「TAFEと大学の契約は見直される」という点です。

例えば、TAFEのDiploma of Event Managementから、マードック大学のBachelor of Arts in Tourism and Eventsへの2年編入を想定してTAFEをスタートしても、TAFEを卒業する前に、TAFE〜大学間の契約が見直され、計画していた2年編入ができなくなることもあります。

このような契約改定があると、編入ができない、または2年編入だったものが1年の後期から編入等、進学プランが変わります。

出願に向けての準備

1. まずは英語試験を受けましょう
事前に英語力基準を満たしているのか、それとも付属語学学校で何週間の英語コース受講が必要なのかをはかるため、IELTS(アイエルツ)試験やTOEFL、PTEなどのを英語試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
もしくは、TAFE無料英語テストを受験することができます。受験をご希望の方はオーストラリア留学センターまでご依頼下さい。

付属語学学校とのパッケージ可
IELTSスコアが基準をクリアしていない方は、TAFE付属語学学校から留学をスタートすることが出来ます。
※英語コースは日本からオンライン受講もできますので、まずはオンライン英語コースで英語力をUP、オーストラリア国境がOPENした後にTAFE専門コースを受講するプランも可能です。

2. 出願に必要な書類を準備しましょう
出願には下記4点の書類が必要となります。
英語力証明が無くても、学歴証明で仮査定を行うことが可能です。その場合は英語力証明は後日ご提出下さい。


  • 最終学歴の卒業証明書(英語版)
  • 最終学歴の成績証明書(英語版)
  • IELTS(Academic)または他の英語スコア結果
  • パスポートコピー

3. 出願手続きスタート
オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式に大学への出願手続きをスタートします。
仮査定をご希望の方もこちらからお申し込み下さい。

留学相談&お問い合わせ先

オーストラリア留学センターは、各州立TAFE、全豪27大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。

コース詳細、出願方法、入学手続きなど、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
※備考※
・本記事は2021年6月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2021年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=85円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。
・学校の授業料は毎年変更となります。また、どの科目を受講するかにより授業料は若干異なります。ご了承下さい。
・入学の可否は大学による査定により判断されますので、入学基準はあくまでも目安となっております。
・付属語学学校とのパッケージは一部コースを除きます。

豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H297)
現在はメルボルンからオーストラリア全土の留学相談をしております。色々な情報をインターネットで探せますが、やはり実際はどうなのか、何が本当なのか不安はつきまとうもの。まずはお気軽にご相談ください。考え過ぎて立ち止まるなら、一度動いてみませんか? このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら