パースのTAFEから大学編入 仕組みとメリット

オーストラリアの大学進学方法の1つに、州立専門学校TAFE(テイフ)から、大学に編入するルートがあります。

パースのTAFEは大学編入ルートを明確に示しており、学費を抑えられる、入学がしやすい等のメリットの他、TAFE実践を学んだ後に大学で学問を学ぶことでより理解が深まる、といったこともあり、最近パースのTAFE経由で大学編入を目指す人も増えてきました。

パースのTAFEと、TAFEから大学編入の仕組みやメリットについて、TAFEのリージョナルマネージャー、Christoper氏に解説をして頂きました。


TAFEから大学編入を目指すメリットについては、「TAFE/専門カレッジから大学編入する5つのメリット」もご覧ください。

TAFEからの編入 具体例

パースのTAFEから、エディスコーワン大学マードック大学カーティン大学への編入例をご案内致します。
                                   
エディスコーワン大学への編入例
ツーリズム・ホスピタリティ系
TAFE1年Certificate IV in Tourism
Diploma of Travel and Tourism Management
12,240ドル
(約104万円)
大学2年Bachelor of Hospitality and Tourism Management30,650ドル
(約260万円)
大学3年Bachelor of Hospitality and Tourism Management30,650ドル
(約260万円)
イベントマネジメント系
TAFE1年Diploma of Event Management12,240ドル
(約104万円)
大学2年Bachelor of Sport, Recreation and Event Management26,650ドル
(約227万円)
大学3年Bachelor of Sport, Recreation and Event Management26,650ドル
(約227万円)
                                         
マードック大学への編入例
コミュニティサービス系
TAFE6ヵ月Certificate IV in Youth Work6,400ドル
(約54万円)
TAFE1年Diploma of Community Services12,800ドル
(約109万円)
大学2年Bachelor of Arts in Community Development26,000ドル
(約221万円)
大学3年Bachelor of Arts in Community Development26,000ドル
(約221万円)
IT系
TAFE1年Certificate IV in Information Technology Networking
Diploma of Information Technology Networking
12,240ドル
(約104万円)
大学2年Bachelor of Science in Cyber Security and Forensics30,345ドル
(約256万円)
大学3年Bachelor of Science in Cyber Security and Forensics30,345ドル
(約256万円)
                                   
カーティン大学への編入例
ビジネス系
TAFE1年Diploma of Commerce(Higher Education Diploma)12,320ドル
(約105万円)
大学2年Bachelor of Commerce28,600ドル
(約243万円)
大学3年Bachelor of Commerce28,600ドル
(約243万円)
メディア・コミュニケーション系
TAFE1年Certificate IV in Marketing and Communication
Diploma of Marketing and Communication
12,240ドル
(約104万円)
大学2年Bachelor of Arts in Mass Communication28,400ドル
(約241万円)
大学3年Bachelor of Arts in Mass Communication28,400ドル
(約241万円)
こちらの編入ルートは一例となり、また、実際にTAFEで受講する科目によっても、大学に何科目分移行できるかが変わります。

そして、TAFEと大学一緒にお申込みができるコース、まずはTAFEのみお申込みを行うコース等、コースによって色々なパターンがありますのでご留意ください。

TAFEから大学編入の注意点

メリットも多いTAFEからの大学編入ですが、いくつか注意をしなければならない点もあります。

特に注意が必要なことは、「TAFEと大学の契約は見直される」という点です。

例えば、Diploma of Community Servicesから、マードック大学のBachelor of Arts in Community Developmentへの2年編入を目指した場合。TAFEを卒業する前に、TAFEと大学の契約が見直されてしまい、2年編入ができなくなることもあります。

このような契約改定があると、編入ができない、または2年編入だったものが1年の後期から編入等、進学ルートが変わります。

進学方法や編入ルートは、専攻するコースや大学によって変わりますので、慎重に計画を立てなければなりません。

TAFEからの大学編入

オーストラリア留学センターは、オーストラリアのTAFEや大学の日本の公式相談・出願窓口として、皆さまの進学を無料でお手伝いしております。TAFEからの大学編入にご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
メールでのご相談はこちらから。
※携帯電話のメールをご利用の場合は、セキュリティ設定の関係でメールが届かないこともございますので、パソコンからのメールを受信できるように設定をお願い致します。
※※ご注意点※※
・上記は、2018年12月12日現在の情報に基づいており、今後予告なく変更されることがございますのでご注意下さい。
・ご参考の日本円は1ドル=85円換算で計算しております。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H297)
現在は石川県から留学相談をさせて頂いています。色々な情報をインターネットで探せますが、やはり実際はどうなのか、何が本当なのか不安はつきまとうもの。まずはお気軽にご相談ください。考え過ぎて立ち止まるなら、一度動いてみませんか? このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら