TAFEから編入できる!エディスコーワン大学のホスピタリティー&ツーリズムコース

パースでツーリズム&ホスピタリティ学と言えばエディスコーワン大学(ECU-Edith Cowan University)。他多くの大学ではCommerce(商学部)の1専攻としてツーリズムやホスピタリティを学べる大学が多いのですが、ECUはより専門的にツーリズムやホスピタリティを基礎からしっかり学ぶことができ、更にはインターンシップに参加できるプログラムもあり非常に実践的なカリキュラムを提供しています。

ECUで学べる2つのホスピタリティー&ツーリズム学コース

ECUには2種類のホスピタリティー&ツーリズム学コースがあります。
【1】Bachelor of Hospitality and Tourism Managementコース
【入学】2月/7月
【学費】29,700ドル×3年間(約258万円×3年間※)
【詳細】コース詳細はこちらのページをご覧ください
将来ホスピタリティー&ツーリズム業界で働くための理論と知識、実践スキルを取得するコースです。基礎からスタートし、業界における中〜上級クラスのマネージメント(管理責任者)に不可欠なプロとしての心構え、業務能力、知識を身に着けます。
また、ホスピタリティー&ツーリズムに特化した科目のほか、並行して、ビジネスの基礎(マーケティング、Eビジネス、プランニングや企画・開発、サービスマネージメント、経理、食品管理、ホテルムームサービス、経営戦略・・・など)も学ぶため、ホスピタリティー&ツーリズム業界に限らず、将来は幅広くビジネスに携われる人材を目指します。

【2】Bachelor of International Hotel and Resort Managementコース
【入学】2月/7月
【学費】29,700ドル×3年間(約258万円×3年間※)
【詳細】コース詳細はこちらのページをご覧ください
上記【1】のコース内容に加え、ホテル&リーゾトマネージメントの科目(国内&海外のリゾートホテルに焦点を置いたマネージメント)を学び、更に、1学期間(600時間)のインターンシップに挑戦することも出来るコースです。
※1豪ドル=87円換算

TAFEからエディスコーワン大学に編入する方法

紹介した2つのコースに入るには、直接エディスコーワン大学に入るよりも、TAFE(州立カレッジ)から編入するほうが進学し易い&学費を安価に抑えることが出来るのでオススメです!
TAFE+ECUパッケージで留学申込&ビザ申請可能です
まず1年目はパースにあるTAFEのDiploma of Hospitality Managementコースで就学。
<1年目>Diploma of Hospitality Managementコース
【入学】2月/7月
【学費】15,120ドル(約132万円※)
【条件】英語力IELTS5.5以上、高校2年生修了以上
【詳細】コース詳細はこちらのページをご覧ください
そして2年目からエディスコーワン大学に編入!
<2〜3年目>エディスコーワン大学(2年次に編入)
【入学】2月/7月
【学費】29,700ドル×2年間(約258万円×2年間※)
【コース】Hospitality and Tourism Managementコース または International Hotel and Resort Managementコース
※1豪ドル=87円換算
直接エディスコーワン大学に入るよりも、TAFE(州立カレッジ)から編入すると入学条件であるIELTSスコアが6.0→5.5へとハードルが下がり、且つ、TAFEは大学よりも少人数制で留学生も多いため、勉強・生活面において手厚いサポートを受けることが出来るので心強いです!留学1年目から安心して現地での生活をスタート出来ます。

さらに「3年で卒業できる」という留学期間は変わらず、学費においては直接エディスコーワン大学に入るよりもTAFE(州立カレッジ)から編入するほうが約125万円節約できるのでオススメです!
【さらに詳しく】TAFEから大学編入する5つのメリットはこちら
【動画で丸わかり!】パースのTAFEから大学編入する仕組みとメリット

<ECUでホスピタリティとツーリズム(ダブルメジャー)を学んだ絵理さんの体験談>
大学の授業は大変なことだらけですが、とてもやりがいがもあります。実際課題が多く、その課題がパスしないとすぐに落とされたりする単位もあるので、1つ1つが本当に真剣勝負です。

全ての単位で良い成績を収めると就職に有利なこともあり、常に時間を大切にして勉強するよう心がけています。ホスピタリティーコースでは実習もあり料理もベーシックなものを学んだりします。クラスメイトも良い人が多く、国籍関係なくみんなフレンドリーで友達ができやすい環境です。

またダブルメジャーでツーリズムも受講しています。ツーリズムの勉強は旅行会社の仕事のような実務のことしかしないと当初思っていましたが、観光地をどのように発展させるのかということを考えたり、心理学、環境学、人類学、地理学、経営学等を幅広く勉強できるので本当に興味深くとても楽しく、改めてツーリズムの奥深さを知りました。日本の大学ではツーリズムをここまで掘り下げて勉強できないようなので、オーストラリアでツーリズムを学べて良かったと思っています。

私はジュンダラップキャンパスで学んでいますが、設備は新しいキャンパスなのでとてもきれいで快適です。先生は講師、教授関わらず一人一人の先生との距離がとても近く、わからないことも時間をかけて教えてくれます。メール等にもすぐに対応してくれます。

先生によっては講義を受講している学生が50~60人いる人もいるのですが、覚える先生は生徒一人ひとりの名前を覚えてくれたりします。しっかり丁寧に教えてくれる先生の中で学べ、学校生活はとても快適ですし、ECUを選んで良かったと思っています。
絵理さんの体験談全文はコチラ

TAFEから大学編入のご相談はオーストラリア留学センターへ

エディスコーワン大学だけでなく、TAFEから編入できる大学は全豪に複数あります。ただし、編入システムは専攻するコースや大学によって異なりますので、慎重に計画を立てなければなりません。

当社オーストラリア留学センターは、オーストラリアのみに特化した専門の無料エージェントです。オーストラリア在住、政府公認留学カウンセラー資格を保持するカウンセラーが日々現地から情報を発信しており、皆様のご相談にお応えしながら留学先選びと出願を無料でお手伝いしています。

オーストラリアの大学進学やTAFE/専門カレッジからの大学進学をお考えの方は、お気軽にご相談下さい。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H318)
13歳でのメルボルン短期留学をきっかけに「英語」と「海外」に目覚め、その後カナダ(語学留学)とアメリカ(大学留学)にも留学。卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアへ再渡豪し、オーストラリア留学センターでワーペリ。帰国と同時にオーストラリア留学センター日本窓口が開設され現職へ。留学生を現地オーストラリアで「迎え入れる立場」と日本から「送り出す立場」、両側での勤務経験を通して、双方の視点からアドバイスすることを心がけています。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら