【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

オーストラリアで万が一病気になってしまったら….。

オーストラリア主要な都市には、日本人または日本語を話すドクターや看護師、日本人通訳が常駐する”日本語医療センター”がいくつかあります。もちろん弊社支店のある都市にもあり、ドクターや看護師はこの医療センターには常勤していませんが、通訳の方が常勤しているので、日本語で受診できます!英語に自信がなくても安心して診断を受けることができます。
こうした医療機関の多くはキャッシュレスサービスを行っていて、海外旅行傷害保険に加入していると、診察、通訳、薬などの費用がすべて保険でカバーされるため、留学生にとって大変便利です。オーストラリア留学中、まず体の不調を感じたら、オーストラリアでは薬の処方箋等も日本と異なるので、一般的に販売されている解熱剤や、 風邪薬も体に合わない場合があります。体調が悪いなと思った時には日本語医療センターで診断を受けましょう。
また、楽しいオーストラリア滞在にするためにも、何かの時に本当に役立つ海外旅行傷害保険にはご加入されてご渡航されることをお薦めいたします。
何から聞いていいかわからないという方、弊社保険担当者が丁寧にしっかりとアドバイスいたしますので、下記よりお問い合わせください♪
▼留学保険ドットネット
http://ryugakuhoken.net

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら