ファウンデーションコース(大学進学準備コース)

ファウンデーションコースとは?


まず、オーストラリアの大学には入試はありません


日本の普通高校からの進学パターンは主にファウンデーションコースからの進学、ディプロマからの大学編入、大学直接入学の3パターンがあります。


こちらではファウンデーションコースからの進学をご案内いたします(進学パターンは「オーストラリア大学進学方法」をご参照ください)。


ファウンデーション(Foundation)コースとは、オーストラリアの大学に進学するために必要な基礎学力と知識・スキルを学ぶ、留学生向けの準備コースです。コース期間は約1年が一般的ですが、コースによって1年よりも短くなったり長くなったりもします。


カリキュラムは学校によって異なり、例えば、クイーンズランド大学のファウンデーションコースでは5つの科目を履修します。


<例>必修2科目
アカデミック英語、数学
<例>選択3科目
会計学、行動科学、ビジネスマネジメント、生物学、化学、デザイン(建築)、経済学、健康と栄養学、人文社会学、IT、物理、リサーチプロジェクト

例えば「アカデミック英語」の授業では大学で必要とされるアカデミックな英単語、表現、文法、レポートやエッセイの構成、パラフレージング(引用)の仕方、プレゼンテーションなども学びます。


このようにファウンデーションではオーストラリアの大学で学ぶにあたり必要な知識・スキルを身につけたり、大学の雰囲気に入学前から慣れておくために留学生にとって非常に有意義なコースです。


このファウンデーションで規定の成績を修めれば大学への入学が認められるので、まずはファウンデーションでしっかりと基礎を固めて大学進学に備えましょう。


※選択科目はファウンデーション修了後何の学部学科に進学するのかによって選ぶべき科目が変わるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

ファウンデーションコースはどんな人が通うの?


日本の普通高校からの大学直接入学やディプロマからの編入を認めていない学部への進学を目指す場合、また、大学直接入学やディプロマ入学の成績が不足している方はファウンデーションに行かなければなりません。


日本とオーストラリアでは教育制度が違い、例えば、オーストラリアでは「レポートやエッセイの構成」「プレゼンテーションの仕方」「アカデミック英語(単語・表現・文法)」などを高校2年・3年(Year 11・12)で学びます。


日本の普通高校には通常このような授業をしっかりと行うことがなく大学1年で学びます。つまり、ファウンデーションの位置づけは日本の大学1年相当となります。


また、オーストラリアの大学の多くの学部は3年制です。ファウンデーションを経由した場合も、ファンデーション1年+大学3年=合計4年と日本の大学と同様4年で卒業を目指すことができます(エンジニアリングや医療系分野等、一部コースでは4年以上の学部もあります)。


<ファンデーションコースの代わりにディプロマコース>
選ぶ大学・学部によって、また、高校の成績によっては、ファウンデーションの代わりにディプロマコースに入ることも出来ます。

ディプロマコースとは「大学1年次相当」の専門コースであり、例えば日本人留学生にも人気の高いビジネス・観光ホスピタリティー・IT・クリエイティブアート・エンジニアリング・・・など多岐にわたる分野からコースを選ぶことができます。そのほとんどが8か月~1年で修し、ここで修めた単位が大学に移行され編入をすることもできます。

オーストラリアの名門8大学(Group of 8)の中でディプロマコースからの編入ができるのは(アデレード大学西オーストラリア大学、モナッシュ大学です。ディプロマコースの分野は、各大学で異なりますので、ご希望の場合は事前にご確認ください)。
※当社では、モナッシュ大学のディプロマコースのお手配はできかねますのでご了承下さい。

ファウンデーションコースの入学条件


ファンデーションコースには入試は無く、【高校の成績】【英語力】で合否が判定されます。


それぞれの入学基準は大学によって異なります。目安としては高校の成績50~80%以上(5段階評価中2.5~4.0以上)英語力IELTS5.5~6.0(TOEFLibt 70~78以上)です。成績によっては、高校卒業ではなく高校2年を終えていれば入学条件を満たせるケースもあります


高校の成績は英国数理社5教科系科目が重視され、目指したい学部によっては全体的な成績条件は満たせていても、理数系科目の不足で合格できない場合もあります。



ファウンデーションコースの学費


ファンデーションコースの学費は大学によって大きく異なります。


ご参考にGroup of 8のメルボルン大学、クイーンズランド大学、アデレード大学、西オーストラリア大学の【入学条件】と【学費】をご紹介いたします(各スタンダードコースの場合)。


メルボルン大学のファウンデーション
Trinity College(トリニティーカレッジ)で開講
【高校の成績】5段階評価中4.0以上が目安
【英語力】IELTS6.0以上
【学費】A$34,630
Trinity Collegeのファンデーションコース詳細
クイーンズランド大学のファウンデーション
UQ College(UQ・カレッジ)で開講

2021年まではIESで開講されていましたが、2022年よりUQ Collegeに変更となります。
【高校の成績】5段階評価中3.0以上が目安
【英語力】IELTS5.5以上
【学費】A$29,760
UQ Collegeのファンデーションコース詳細
アデレード大学のファウンデーション
The University of Adelaide College(アデレード大学カレッジ)
【高校の成績】5段階評価中3.0以上が目安
【英語力】IELTS5.5以上
【学費】A$28,800
The University of Adelaide Collegeのファウンデーションコース詳細
その他、Eynesbury College(アインズバリー・カレッジ)のファウンデーションからも進学ができます。
西オーストラリア大学のファウンデーションコース
Canning College(キャニング・カレッジ)

2021年までTaylors College(テイラーズ・カレッジ)でもファウンデーションは開講されていましたが、2022年よりUWA Collegeに変更されます。西オーストラリア大学進学は、Canning CollegeもしくはUWA Collegeのファウンデーション経由となりますが、UWA Collegeの詳細は2021年10月25日現在まだ発表されていません。
【高校の成績】ケースバイケースで判定
【英語力】IELTS5.5以上
【学費】A$23,578
Canning Collegeのファウンデーションコース詳細
<英語力初級でもオーストラリアの大学を目指せます>
英語力は入学基準を満たしていなくても大丈夫。その場合、まずは語学学校に通い既定のレベルまで英語力を上げてましょう。その後ファウンデーションコースに入り、大学進学への道が開けます。

ファウンデーションコースのご相談と出願

ファウンデーションは各大学ごとに開講されており、例えば、メルボルン大学進学ならトリニティ・カレッジ、クイーンズランド大学進学ならUQ Collegeのファウンデーションで学びます。


入学条件を満たすことができれば、トリニティ・カレッジからクイーンズランド大学への進学も可能ですが、学生ビザのルール等の関係で進学がスムーズにできない場合もあります。そのため、まずはご自身が進学したい大学を決め、そのためにはどこファウンデーションコースに入るべきか確認をする必要があります。



オーストラリア留学センターは、オーストラリア全土の28大学の公式出願窓口です。オーストラリア政府認定留学カウンセラー資格を保持する日本人カウンセラーが、あなたの大学選びと出願を無料でお手伝いします。


大学選びやファンデーションコースをお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。



※本記事の情報は2021年10月25日現在の情報に基づいており、入学条件や学費等は変更されることもありますのでご留意ください。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H318)
[現在育休中で、2022年11月頃に復帰を予定しています]13歳でのメルボルン短期留学をきっかけに「英語」と「海外」に目覚め、その後カナダ(語学留学)とアメリカ(大学留学)にも留学。卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアへ再渡豪し、オーストラリア留学センターでワーペリ。帰国と同時にオーストラリア留学センター日本窓口が開設され現職へ。留学生を現地オーストラリアで「迎え入れる立場」と日本から「送り出す立場」、両側での勤務経験を通して、双方の視点からアドバイスすることを心がけています。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら