長期留学に必要な費用(2017年度版)

オーストラリア留学を決断する際、頭を痛める問題の一つにこの留学費用があります。

オーストラリアに留学するのだから、真剣に英語を覚えたい。だけど予算が足りなくて行きたい学校に行けない。でもオーストラリアには絶対留学したい・・
これは、オーストラリア留学を検討する皆さんにとって、共通の悩みといえるでしょう。

一概に留学費用といっても学費だけではありません。このページでは、オーストラリア留学を成功させるためには、費用が幾ら必要なのか、具体的な留学費用を算出しながら、徹底的に突き詰めて行きたいと思います。少し長いページですが、お付き合いください。

  • 留学サポート費(現地サポート)
  • 学費(入学金、授業料、教材費、各教育機関毎の授業料)
  • 滞在費(ホームステイ、学生寮、ユースホステル、シェア)
  • 生活費(食費、交通費、その他の生活費)
  • 渡航費(航空券費用)
  • ビザ費用(学生ビザ、ワーキングホリデービザ、観光ビザ、ETAS)
  • 保険費用(海外旅行保険、海外留学生保険)
  • 期間別の留学費用例


留学サポート費

Sydney Staff Photo現在は法人個人&大小問わず、オーストラリアの留学をお手伝いする「留学代理店」が増え、様々なサポートを行なっているようです。

しかし、留学代理店と言っても種類は様々。ウン十万円もする高額なサポート費を徴収する留学代理店もあれば、サポートは格安でも、現地オフィスを持っていない(トラブル時は対応できない)、現地オフィスといっても提携オフィスの為に、申し込んだ会社のスタッフは誰一人働いていないなど、いろいろな、「落とし穴」が存在します。

当社もオーストラリア留学代理店として、長年運営していますから、各留学代理店の事情はわかります。ですから、「手数料を取る運営方法」が、良くないとは言いませんし、そのような高額な手数料を払える留学生もいるのでしょう(ただ、自社オフィスを持っていないにも関わらず、提携オフィスを「自社オフィス」と謳うような会社は勘弁いただきたいと思いますが・・・)。

支払いの換金レートを上乗せし、水増しした日本円で支払いをお願いする会社も、まだまだあるようですが、これも利用している留学生がハッピーならば良いのでしょう。

が!当社としては「お金は自分の為に使って欲しい」という思いがあります。せっかく海外で生活するのですから、「1円でも多く」自分自身に"投資"して、できるだけ多くのものを得て欲しいと思います。

ですから、オーストラリア留学センター・グループでは、「留学サポート費を一切頂いていません」。0円です。もし、ウン十万円のサポート費が払えるのでしたら、そちらは学費に充ててください。これだけで、かなりの節約ができます。

節約メモ
留学サポート費と呼ばれるようなものは、払わない方向で!代理店にもよりますが、年間2500ドル(24万円程)ほどの節約になります!

学費

進学先の教育機関に支払う、"学費"です。これがなければ英語学校に通えませんから、留学をする上で、最低限必要な費用と言えます。

入学金


入学金は学校に入学するために支払うものですから、期間によって左右されません。オーストラリア全土で比較した場合、平均で200~250ドル程です。これは、どの教育機関でもさほど変わりません。

授業料


学校の授業料は優秀な教師陣を海外から呼んでいることや、勉強しやすい設備を整えていることなどを元に決められています。授業料が若干高くても、それだけ質の高い授業を受けられる学校であれば納得できるところです。英語圏で比較した場合、オーストラリアの学校の授業料は安く、英語を学びやすい国と言えます。

2017年度の語学学校授業料は、週300~400ドル前後と考えるのがよいでしょう。学校によっては長期割引のサービスを行っている場所もありますので、上手く利用すればもっと学費を抑えられるでしょう。例えば10週間申し込むと2週間無料のレッスンがついてくる学校であれば、10週間の学費で12週間学校に通えるというような内容です。

専門学校やTAFEであれば選択コースにもよって、授業料に差が出てきます。
大学の場合、文系と理系を比べた場合、理系の学科を選択した方が授業料は若干高くなります。

教材費


教材費は授業料に含まれているもの、週単位で支払うもの(語学学校の場合)、留学期間が終了した時点で教材を戻すと一律で料金が戻ってくるものまで様々です。各ターム(学期)毎に教材費を支払う語学学校もあります。

節約メモ
オーストラリアの語学学校は、定期的にキャンペーンを実施しています。キャンペーン内容は「入学金無料」から、「授業料の割引」まで様々。昨年の語学学校キャンペーンを見ますと、週350ドル→週280ドルというものがありましたが、年間で考えると3000ドル(30万円程)ほどの節約になります!

宿泊費

海外で生活するわけですから、宿泊場所を確保する必要があります。一般的に宿泊方法としては、ホームステイユースホステルバックパッカー、シェアの4つの方法が挙げられます。

ホームステイ


留学期間中一番人気のある宿泊方法です。1週間の宿泊費は都市により違います。シドニー、メルボルンで平均週290ドル程、ブリスベン、パース、アデレードで平均週270ドル程です。

「ホームステイは滞在手段として高い」と考える留学生もいるかもしれませんが、この中には食費なども含まれていますので、実際は宿泊方法としてはとてもリーズナブルです。加えて、常に英語の環境で生活できるという点は、留学生にとって大きな利点です。

学生寮


大学や語学学校には寮が用意されている場合もあります。寮であれば勉強を目的とした人たちが多く集まりますから、一緒に住んでいて心強いと思う点もあります。しかし、寮といっても様々で、語学学校であれば近くのバックパッカーを紹介するだけといった場合もあります。これは学校によっても違いますから、是非お問い合わせ下さい。

ユースホステル・バックパッカー


盗難や事故を考えると、あまり現実的ではありませんが、留学中にユースホステルやバックパッカーに滞在するという方法もあります。平均は週280ドル程です。

シェア


長期の留学生など、始めの数週間はホームステイをし、その後シェアへ移動するという方はもちろん多いようです。シェアの家賃はオウンルーム週約100~230ドルと幅広いですが、平均は週150〜200ドルと考えるべきでしょう。
ただ、部屋の種類や、住む場所(どの都市か、または、市内に住むのか、もしくは市内から離れた場所に住むのか)によって、値段は大幅に変わってきます。 ルームシェアであれば約100〜150ドル位から、オウンルームであれば約150〜200ドル位から探す事も可能でしょう。

宿泊方法 1週間の平均宿泊費用
ホームステイ シドニー、メルボルンで平均週290ドル程、ブリスベン、パース、アデレードで平均週270ドル程
週250ドル〜週350ドル(食事なし)
バックパッカー 280ドル
シェア 100〜200ドル(滞在都市で変わります)

節約メモ

最終的にシェアに切り替えるにせよ、始めはホームステイを選ぶのがベストです。到着時の宿泊先が日本在住時に確保できます。まず、バックパッカーなどに泊り、現地到着後ホームステイやシェアを探す方もいますが、「思うように見つからない+バックパッカーも延長できないので、一泊200ドルのホテルに泊まることになった」という学生さんもいました。これは非常にもったいないです。

まず、1−4週間ホームステイを申込み、その後延長を視野に入れるのが良いでしょう。そしてホームステイは、語学学校で覚えた英語をステイ先ですぐに使うこともできますから、英語上達には一番良い方法といえます。

生活費

ここでの生活費は食費、交遊費、その他と分けてあります。これ以外にもかかると予想できるものは書き出してみるとよいでしょう。

食費


オーストラリアは日本のようにモノが溢れていませんから単純比較は出来ませんが、他国にもれず留学生が最も節約できる生活費が、この食費です。もちろん外食をすれば高くなりますが、自炊や、友達とシェアをしてまとめ買いするなど、工夫してみましょう。

ちなみに、市内中心地にあるスーパーマーケットなどよりも、郊外にあるスーパーマーケットや、八百屋などで買う方が安いことが多々あります。できることならば、「週末に郊外でまとめ買い」が理想ですが、朝昼晩で25ドル以内に抑えるよう心がけ、週175ドルが平均として計算してみましょう。

朝、昼、晩 1日の食費 1週間の食費 主な食事内容
朝食 5ドル 35ドル シリアル、トースト、ヨーグルトなど
昼食 8ドル 56ドル おにぎり、サンドイッチと飲み物
夜食 12ドル 84ドル お米、パスタ、オージービーフ、などなど
合計 25ドル 175ドル

節約メモ

日本で生活していると、「牛丼200円」をはじめ、コンビニのでもそこそこのお値段で、味に満足できるお弁当を購入できると思いますが、残念ながらオーストラリアは違います。オーストラリアは決して"外食"が安い国ではありませんから、日々の生活でどれだけ自炊し、ランチなども用意できるかが節約ポイントです。

上記では、ランチを8ドルとしましたが、毎日サンドイッチを作り、2-3ドルに抑えている生徒さんもいますし、週当たりでは100ドルを切る生徒さんも多くいます(今までに、週35ドルという生徒さんもいましたが、どうしたらそうなるのかワカリマセン!自分が知りたい!)。上記に照らし合わせて、週75ドルの節約が出来た場合、年間で3750ドルの節約です!

料理が出来ると得ですね。


交通費

交通費として考えられるものでは右の四点が考えられます。留学費用を抑えることを考えた場合、車を購入するのはあまり現実的ではありません。タクシーの利用も高くつきすぎますから、バスや電車か自転車での移動を原則と考えるべきでしょう。自転車であれば購入した後は一切費用はかかりません。オーストラリアの交通事情を考えた場合は、バスが一番安全でお勧めです。また交通費は目安として週約35ドルほどになります。
移動手段 お勧め度
自転車
バス・電車
車を購入
タクシー ×

その他の生活費

主に筆記用具、日用品、交遊費などが考えられますが週20ドル以内に抑えることは可能です。つまり、これらを合計すると、生活費は週191ドルということになります。もちろん物価の高い州、安い州がありますから、留学地によっても変わります。

項目 1週間の各費用
食費 151ドル
交通費 35ドル
その他 20ドル
合計 206ドル

渡航費用

オーストラリアまでのチケット代は時期によっても大きく変わります。例えば12月の第4週は高くても、数週間すれば数万円安くなります。また、渡豪先が同じでも出発地(成田、関西)、航空会社、経路(乗継ぎ、直行)によって全く値段が違います。航空券にも種類があり正規航空券、正規割引航空券、格安航空券のどれかを購入することになります。安く押さえるのであれば格安航空券がいいのですが、それなりに短所もあります。

正規航空券


航空会社が定価で販売している航空券。正直、留学生でこのチケットを購入する人はあまりいません。というのは一年間同じ料金で、値段が割高だからです。利点としてはストップオーバーと呼ばれる経由先での延泊ができることですが、あまり使う機会はありません。

正規割引航空券


正規割引として販売している航空券です。正規航空券の50~60%安い料金で入手できます。その代わり正規航空券では無料の予約変更が有料となり、変更したい場合は変更手数料がかかります。

格安航空券


もっとも多くの留学生が購入する航空券です。正規割引航空券よりもさらに制限がかけられ、ほぼ「変更できない」と考えるのがよいでしょう。しかし値段は正規割引航空券よりさらに50~60%安く、留学生にはうれしいチケットです。

それぞれの航空券の特徴

正規航空券 正規割引航空券 格安航空券
種類 * * オープン*1 フィックス*2
有効期間 1年 制限有り 制限有り 制限有り
ストップオーバー*3 無料 追加料金 × ×
予約変更 無料 要手数料 不可 不可
払い戻し 無料 要手数料 不可 不可
航空券代 高い 割安 安い 一番安い
*1出発日のみ決まり、帰国日は決めない。
*2
出発日と帰国日を決める。
*3
途中経由する場所で宿泊を延長すること。

シーズンにもよりますが、格安チケットであれば6万~8万円が平均となります

安い航空券を手に入れるためには


早めに予約することが大事です。出発日が迫ってからの購入だとそれだけ値段も高くなりますし、留学生はみんなが安い航空券を探しています。とにかく値段を比べ、問い合わせてみることが大事です。旅行会社はどこも価格を競い合っていますので半年前は高かった会社でも、半年後には最もお得なチケットを販売していることがあります。

かしこい移動方法


例えばシドニーを目的地とした場合、シーズンにより日本からの航空券がシドニーまでは¥79,800、ケアンズまでは¥59,800というような場合があります。時間に余裕があるのであれば、一度ケアンズやブリスベンに移動し、そこから国内線で移動する方法もあります。現地での国内線は安く、ゴールドコースト-シドニー間などは往復で180ドルもかからず移動できるシーズンもあります。その他時間はかかりますが、バスで移動するという方法もあります。

ビザ費用

オーストラリア入国にはビザが必要ですが、申請料金がそれぞれ異なります。また現在ではeVisaと呼ばれるオンライン申請も始まり、申請料金の支払いにクレジットカードが使えるようになるなど、少し便利になりました。

学生ビザ

学生ビザの申請費用は、2017年10月現在550ドルです。その他、OSHCや健康診断&レントゲン診断費用が必要になります。

ワーキングホリデービザ

申請料は2017年10月現在440ドルのみで、場合により健康診断やレントゲンが必要となります。海外留学生保険の加入は必要なく、基本的に申請費用のみで申請可能です。

観光ビザ

申請料は135ドルです。海外留学生保険の加入は必要なく、基本的に申請費用のみで申請可能です。

ETAS

ETASはビザの代わりになるもので、いくつかの種類があります。観光ETAであれば20ドルです。海外留学生保険の加入は必要なく、基本的に申請費用のみで申請可能です。
ビザ 必要なもの 費用
学生ビザ 申請費用 550ドル
健康診断 約262ドル
OSHC(海外留学生保険) 1ヶ月約53ドル
ワーキングホリデービザ 申請費用 440ドル
観光ビザ 申請費用 135ドル
ETAS 申請費用 20ドル

保険

渡航にあたっては、海外旅行保険に加入したほうがいいでしょう。これは入院時の治療費用や旅行中の損害などを金銭的にサポートしてくれるものです。

海外留学生保険(OSHC)


学生ビザを申請する場合には、OSHC(海外留学生保険)に加盟することが義務付けられています。しかしOSHCは病気の際の治療費などに適用されるもので、盗難や破損は保険の対象としていません。長期留学などにあたっては、必ずプライベートの保険にも加入しましょう。

海外旅行保険

2012年現在、様々なバリエーションの海外旅行保険を取り扱っている会社があり、中には年間保険料が10万円以下で加入できるものもあります。保険料によって補償内容も変わりますから、慎重に選びましょう。

クレジットカードに付帯する保険のみで来豪される方もいますが、基本的に出国から3ヶ月までの期間のみを保険の対象とすることが多く、保険でカバー出来る範囲が少ないことが特徴です。自分のカードが海外でのアクシデントにどれくらい対応できるのか、調べておく必要があります。

期間別の留学費用例

下記に各留学プラン毎の具体的な留学費用を掲載しています。是非参考にしてください(2013年3月現在1ドル=95円を目安としてください)。

ETASで4週間の短期語学留学

各関連項目 各種詳細項目 詳細費用 各種費用合計
語学学校 入学金 200ドル×1回 200ドル
授業料 350ドル×4週間 1,120ドル
教材費 5ドル×4週間 20ドル
空港出迎え費用 150ドル×1回 150ドル
宿泊費用(ホームステイ) ホームステイ手配費 200ドル×1回 200ドル
ホームステイ宿泊費 250ドル×4週間 1,000ドル
生活費用 交通費 35ドル×4週間 140ドル
昼食代 56ドル×4週間 224ドル
交友費(お小遣い) 50ドル×4週間 200ドル
ビザ申請費用 ETAS 20ドル×1回 20ドル
合計金額 3,274ドル

ワーキングホリデービザで12週間の語学学校終了後、36週間オーストラリアに滞在

各関連項目 各種詳細項目 詳細費用 各種費用合計
語学学校 入学金 200ドル×1回 200ドル
授業料 280ドル×12週間 3,360ドル
教材費 5ドル×12週間 60ドル
空港出迎え費用 150ドル×1回 150ドル
宿泊費用(学校期間中) ホームステイ手配費 200ドル×1回 200ドル
ホームステイ宿泊費 250ドル×12週間 3,000ドル
生活費用(学校期間中) 交通費 35ドル×12週間 440ドル
昼食代 10ドル×12週間 120ドル
交友費(お小遣い) 50ドル×12週間 600ドル
宿泊費用 シェア宿泊費 150ドル×36週間 5,400ドル
光熱費 10ドル×36週間 360ドル
生活費用 交通費 35ドル×36週間 1260ドル
食事代 100ドル×36週間 3,600ドル
交友費(お小遣い) 50ドル×36週間 1,800ドル
その他 携帯電話 40ドル×48週間 1,920ドル
ビザ申請費用 ワーキングホリデービザ 440ドル×1回 440ドル
合計金額 22,870ドル
アルバイト合計 (時給12ドル×週20時間×36週間)-8,640ドル
合計 14,230ドル

学生ビザで24週間の語学留学

各関連項目 各種詳細項目 詳細費用 各種費用合計
語学学校 入学金 200ドル×1回 200ドル
授業料 320ドル×24週間 7,680ドル
教材費 5ドル×24週間 120ドル
空港出迎え費用 150ドル×1回 150ドル
宿泊費用(学校期間中) ホームステイ手配費 200ドル×1回 200ドル
ホームステイ宿泊費 250ドル×24週間 6,000ドル
生活費用(学校期間中) 交通費 35ドル×24週間 840ドル
昼食代 10ドル×24週間 240ドル
交友費(お小遣い) 50ドル×24週間 1,200ドル
その他 携帯電話 40ドル×24週間 960ドル
ビザ申請費用 学生ビザ 550ドル×1回 550ドル
OSHC(海外留学生保険) 12ドル*28週間 336ドル
合計 18,461ドル
アルバイト レストラン等 15ドルX20時間X15週間程 -4500ドル
合計金額 13,961ドル

学生ビザで24週間の語学留学後、TAFE本科コース(52週間)に入学

各関連項目 各種詳細項目 詳細費用 各種費用合計
語学学校 入学金 200ドル×1回 200ドル
授業料 260ドル×24週間 6,240ドル
教材費 5ドル×24週間 120ドル
空港出迎え費用 150ドル×1回 150ドル
TAFE本科コース 入学金 200ドル×1回 200ドル
授業料 1年間 8,000ドル
宿泊費用(学校期間中) ホームステイ手配費 200ドル×1回 200ドル
ホームステイ宿泊費 250ドル×24週間 6,000ドル
生活費用(学校期間中) 交通費 35ドル×24週間 840ドル
昼食代 10ドル×24週間 240ドル
交友費(お小遣い) 50ドル×24週間 1,200ドル
宿泊費用(TAFE期間中) シェア宿泊費 150ドル×52週間 7,800ドル
光熱費 10ドル×52週間 520ドル
生活費用(TAFE期間中) 交通費 35ドル×52週間 1,820ドル
食事代 100ドル×52週間 5,200ドル
交友費(お小遣い) 50ドル×52週間 2,600ドル
その他 携帯電話 10ドル×76週間 760ドル
ビザ申請費用 学生ビザ 550ドル×1回 550ドル
OSHC(海外留学生保険) 12ドル*84週間 1,008ドル
合計金額 43,633ドル

学生ビザで48週間の語学留学

各関連項目 各種詳細項目 詳細費用 各種費用合計
語学学校 入学金 200ドル×1回 200ドル
授業料 260ドル×48週間 12,480ドル
教材費 5ドル×48週間 240ドル
空港出迎え費用 150ドル×1回 150ドル
12週間のホームステイ費用 ホームステイ手配費 200ドル×1回 200ドル
ホームステイ宿泊費 250ドル×12週間 3,000ドル
昼食代 5ドル×12週間 60ドル
36週間のシェア生活費用 家賃 150ドル×36週間 5,400ドル
食事代 90ドル×36週間 3,240ドル
その他 交通費 35ドル×48週間 1,680ドル
交友費(お小遣い) 30ドル×48週間 1,440ドル
携帯電話 10ドル×48週間 480ドル
ビザ申請費用 学生ビザ 550ドル×1回 550ドル
OSHC(海外留学生保険) 12ドル*56週間 672ドル
合計金額 29,777ドル
アルバイト合計 (時給13ドル×週20時間×36週間)-9,360ドル
合計金額 20,417ドル
学生ビザ取得者は、週20時間までアルバイトすることができます。週20時間アルバイトができれば、現地の生活費を稼ぐことは十分できますが、アルバイト期間は、英語力を長期留学生の方も勉強に支障をきたさない範囲で、アルバイトにも参加してみてください。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I008)
2017年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は16年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら