トリニティ・カレッジ(Trinity College) -メルボルン大学への進学方法

メルボルン大学への進学方法(トリニティ・カレッジ)

世界中から優秀な学生が集まる、オーストラリアのトップ8大学の1つメルボルン大学(the University of Melborune)。

通常日本の普通高校を卒業してメルボルン大学進学を目指すには、大学準備コースであるファウンデーションコースを経由します。

メルボルン大学のファウンデーションコースは、トリニティ・カレッジで開講されており、こちらのページではトリニティ・カレッジと進学方法についてご案内いたします。

なお、国際バカロレア資格(IB:International Baccalaureate)をお持ちの方は、メルボルン大学に直接入学を目指すこともできます。国際バカロレアの進学は、「国際バカロレア 大学入学基準と出願の流れ」をご覧ください。

トリニティ・カレッジについて

トリニティ・カレッジは、1872年に創立したメルボルン大学のカレッジです。メルボルン大学のファウンデーションコースをメインとして、高校生対象のヤング・リーダーズ・プログラム等、様々な教育プログラムを提供しています。

メルボルン大学のファウンデーションコースは世界的に認められており、メルボルン大学の他、オーストラリアの他のトップ大学やイギリスやアメリカの大学へ進学する方もいます。

トリニティ・カレッジはメルボルン大学のキャンパスに併設されおり、大学施設・設備の殆どを自由に使うことができます。また、学生サポートも充実しており、勉強はもちろん、精神面や生活面等で何か不安がある場合、専門のスタッフが相談にのってくれたり、各種クラブ活動に参加をすることもできます。

トリニティ・カレッジに進学する学生の多く(80%以上)は、メルボルン大学への進学を目指しており、規定のスコアをクリアすることで、メルボルン大学への入学が認められます。

トリニティ・カレッジは、規定スコアをクリアした方に、メルボルン大学への入学保証をしている唯一の学校となります。

トリニティ・カレッジの留学体験は「メルボルン大学進学を目指して~ファウンデーションの学生生活~」をご覧ください。

トリニティのスタッフ、Claudine(クラウンディン)さんとトリニティ卒業生のインタビュー動画もご覧ください。

「メルボルン大学ファウンデーション 学生とスタッフの想い 〜Trinity College〜」

ファウンデーションコースと学費

ファウンデーションコースのコース期間や学費は、入学するコースによって変わります。こちらではファストトラック、メインコース、メインプラスコースの主要3コースの2019年入学をご案内致します。
         
コース名・期間学費
ファストトラック
2019年6月-2020年1月→2020年2月大学入学
2019年10月-2020年6月→2020年7月大学入学
32,020ドル(約282万円)
メインコース
2019年2月-11月→2020年2月大学入学
2019年8月-2020年5月→2020年7月大学入学
32,020ドル(約282万円)
メインプラス
2019年1月-11月→2020年2月大学入学
2019年7月-2020年5月→2020年7月大学入学
36,600ドル(約324万円)
高校の成績が優秀の方は、弊社から学費半額免除(140万円相当)の奨学金に推薦させて頂きます。

ファウンデーション入学条件

ファウンデーションコースの入学条件は、英語力と高校の成績が必要となり、英語力証明としてIELTS(アカデミック)もしくはTOEFL(ITPは不可)をご利用頂くことができます。

高校の成績:5段階評価で平均4.0以上(5教科重視)
英語力:IELTS6.0(リーディング・ライティング5.5以上) or TOEFL iBT70(ライティング18・リーディング13以上)

■高校の成績が不足している場合
成績が4.0に満たない場合でも、3.5以上の成績であれば高校の偏差値やコースのレベル等を考慮に入れ、ケースバイケースで学校と交渉することができるのでお問い合わせください。

■英語力証明
英語力証明は入学日より1年以内のものが有効となります。弊社オフィスでトリニティ・カレッジの英語レベルチェックテストを受けて頂き、英語力の合否判定を出すこともできます。
※ファストトラック、メインプラスは英語力条件が変わります。

トリニティ・カレッジ(ファウンデーションコース)の履修内容

トリニティ・カレッジの履修内容は、2つの必須科目と3つの選択科目を選ぶことになります。
科目内容
必須2科目 英語
  • 英文学[70%]
  • ドラマ[30%]
  • アカデミック英語
思想史
選択3科目
  • 会計学
  • 生物学
  • 化学
  • 経済学
  • 環境・開発・デザイン
  • 数学1
  • 数学2
  • メディア・コミュニケーション
  • 音楽
  • 物理
  • 心理学

メルボルン大学本科コースへの入学基準

メルボルン大学で希望する学部により、トリニティ・カレッジで修めなければならない成績が変わります。基準を満たすことができればメルボルン大学への入学が保証され、各コースの入学基準はこちらをご参照ください。
    
学部と入学基準必要科目
農学部:75アカデミック英語、英語、数学1
人文社会学部:80アカデミック英語、英語と思想史で70%以上の成績
バイオメディシン:91アカデミック英語、英語、化学、数学1
商学部・ビジネス:86アカデミック英語、英語、数学1、思想史
※保険数理専攻の場合は数学2も必須となります。
デザイン:80アカデミック英語、英語
※専攻によって数学1が必須になる場合もあります。
音楽:N/Aアカデミック英語、英語、思想史、音楽
※その他、オーディンションがあります。
口腔衛生:80アカデミック英語、英語、数学1、生物または化学から1科目
サイエンス:80アカデミック英語、英語、数学1、そして生物、化学、物理から1科目。もしくは、英語と数学1、数学2
メルボルン大学のFine Arts(芸術、舞台、ダンス等)への進学をご希望の方は、ファウンデーションで勉強中にFine Artsに出願をして、オーディション、フォリオの提出等を行い、合否判定を受けます。

メルボルン大学進学の成績が不足している場合は、他の大学への進学をバックアッププランとしてお考え頂くことができます。

トリニティ・カレッジ進学時の注意点

トリニティ・カレッジのファウンデーションコース入学の英語力条件を満たすには、必ずIELTS(アカデミック)またはTOEFL iBT等の英語力証明が必要となります。

学校によっては提携・付属の語学学校で勉強をすることで、英語力条件を満たすことができる「パスウェイ」を利用することができますが、トリニティ・カレッジではこの語学学校からのパスウェイを採用していませんので、英語力証明の提出が必須となります。

英語力条件を満たせていない場合は、「Conditional Offer:コンディショナルオファー」と呼ばれる、条件付き入学許可書が発行されます。トリニティ・カレッジからコンディショナルオファーが発行されていれば、「語学学校 + トリニティ・カレッジ + メルボルン大学」で留学のお申込みをすることができます。

ファウンデーションの、メルボルン大学唯一の提携語学学校である、ホーソン・メルボルンで学び、トリニティ・カレッジのファウンデーション入学を目指します。

弊社を通してお申込みいただくことにより、「語学学校+トリニティ・カレッジ + メルボルン大学」までまとめてお申込みいただくことができますが、ご自身でお手配をされる場合は、トリニティ・カレッジまでの出願しかできませんのでご注意下さい。

メルボルン大学への進学

弊社では、トリニティ・カレッジ、メルボルン大学の日本公式出願・相談窓口として、皆さまのメルボルン大学進学を無料でお手伝いしております。

メルボルン大学への進学方法や留学プランの立て方、ご準備の仕方は、、お一人おひとりの状況に代わります。トリニティ・カレッジ、メルボルン大学への進学をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
**備考**
・本記事は2018年8月21日現在の情報に基づいており、入学基準や学費は変更されることもございますのでご留意ください。
・ご参考の日本円は1ドル=88円換算としております。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H297)
オーストラリアのパースから留学相談をさせて頂いています。色々な情報をインターネットで探せますが、やはり実際はどうなのか、何が本当なのか不安はつきまとうもの。まずはお気軽にご相談ください。考え過ぎて立ち止まるなら、一度動いてみませんか? このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら