OSHC(海外留学生健康保険)とは


OSHCは学生ビザに必要な留学生健康保険

オーストラリアに学生ビザで滞在する場合、OSHC(Overseas Student Health Cover=海外留学生健康保険)と呼ばれる保険に加入することが義務付けられています

オーストラリアには、メディケア(Medicare=日本の国民健康保険のようなもの)という医療費がカバーされる制度がありますが、留学生には適用されません。そのため、留学生がオーストラリア滞在中にかかった病気、怪我などの治療費や救急車の費用などをカバーするために、学生ビザの期間分、加入する必要があります。

このOSHCは、オーストラリアの大手保険会社6社で取り扱っています。通常は、学校に学費を支払う際に、各学校が提携する保険会社へOSHC費用を支払います。ただし、中には、学生自身で保険会社にOSHCの手続きをするよう求める学校もあります。

OSHCの保険適用範囲

OSHCでカバーされるもの、されないものの一覧です

項目 OSHC 保険の適用範囲
医師による治療費 病院で治療した際は、医療費の100%、病院以外の場所で治療する場合は85%がカバーされます。但し、いずれの場合も、MBSと呼ばれる医療費の基準額を超える場合、差額は本人負担となります。
血液検査などの病理検査
レントゲン検査
公立病院での治療費、入院費 基準額を超える場合の差額を除いて、全てOSHCによりカバーされます。
私立病院での治療費、入院費 ほぼ全ての私立病院での医療費がカバーされますが、基準額を超える場合の差額は自己負担となります。
救急車費用 緊急時の救急車使用の費用は、OSHCでカバーされます。
処方箋薬 避妊ピルなどの特定の薬を除き、ほとんどの処方箋薬がOSHCの対象です。また、50ドルを超える薬に対しては、自己負担です。1年間で150ドルを超える場合は、差額の補償はありません(ファミリー・プランの場合は、300ドルまで)。
歯科治療 × OSHCではカバーされません。留学前に歯はしっかり治療しましょう。オーストラリアは歯の治療費が非常に高いからです。
眼鏡、コンタクトレンズ × OSHCではカバーされません。コンタクトレンズは現地の眼鏡屋で購入することができ、使い捨てコンタクトレンズは、1セットA$17ほどで購入できます。
物理療法 × OSHCではカバーされません。
オーストラリア入国前から患っている持病や障害、またオーストラリア入国前から取り決められていた治療 × OSHCではカバーされません。
オーストラリア国外での治療費、入院費 × OSHCではカバーされません。
不妊治療 × OSHCではカバーされません。
公立病院での個室部屋費用 × OSHCではカバーされません。
整形手術 × OSHCではカバーされません。
死亡時 × OSHCではカバーされません。
ビザが3ヶ月以内の場合の妊娠に関する医療費(流産、早産なども含む) × OSHCではカバーされません。
盗難、破損 × OSHCではカバーされません。適切な海外旅行保険に別途加入する必要があります。

OSHCの加入期間

OSHCは学生ビザ保持者にのみ加入が義務付けられます。加入期間は、学生ビザの期間中(通常はコース開始の1週間前から、コース終了後4〜8週間のホリデー期間まで)をカバーしている必要があります。

※オーストラリアの現地で学生ビザに切り替える場合は、学校を申し込み、OSHCの保険費用を支払った日から保険の対象期間が開始します。

OSHCを取り扱う保険会社


オーストラリアでOSHCを取り扱う保険会社は上記の6社です。中でもMedibankもしくは、Allianz CareBupaを扱う語学学校が多いです。大半の学生は、学校が指定するOSHCに加入します(自己手配の手間を省くことができます)。


保険金の請求方法


OSHCに保険金を請求する場合、以下の2通りがあります。
  • 医療費を一旦自分で支払い、その後、保険会社に現金または小切手で請求をする。
  • 医療費の請求書を、そのまま保険会社に提出する。その後、保険会社より保険でカバーされる額分の小切手が送られるので、その小切手を病院、医師に提出する。
保険会社と提携している病院、医師を利用すると、病院から直接保険会社に医療費が請求されますので、キャッシュレスで診療を受けられるメリットがあります。診察を受ける前に、病院がどの保険会社と提携しているかを確認されることをオススメします。

※処方箋薬の費用に関しては、薬局で支払いを済ませた後、保険会社に請求します。

扶養家族の保険加入

保険プランには、シングルとファミリーの2種類があります。留学生本人のみが学生ビザで渡豪する場合、「シングルプラン」に加入します。配偶者や扶養家族とともに学生ビザにて渡豪する場合、「カップルプラン」または「ファミリープラン」となり、オーストラリアに同行する全ての家族が被保険者となる必要があります。

歯の治療は、日本にいるうちに!

オーストラリアで歯医者にかかると、高額の治療費が必要となり、OSHCではカバーされません。長期留学をする場合は、歯の治療をカバーする海外旅行保険の加入とあわせ、日本で歯の治療を済ませてから、渡航することをオススメします。

OSHCに関するQ&A

Q. OSHCの保険カードは、いつもらえますか?
A. 通常、学校のコースが開始してから、学校の受付にてポリシー番号を受け取り、OSHC保険会社のオンラインアカウントから申請します。
Q. 学校を延長したり、さらに別の学校に進学した場合、OSHCも延長する必要がありますか?
A. はい。学校延長の手続き後/または、他校の転校手続き後、保険会社にて直接OSHCの延長手続きを行います。
Q. OSHCの加入手続きはいつ行えばよいのですか?
A. 通常は、通学予定の学校が手続きを代行します。そのため、OSHCの費用は学費と一緒に、学校に支払います。学校によっては、個人でOSHCの申し込み手続きをする必要がある場合もあります。
Q. 学校のコースが開講しなかった場合、支払ったOSHCの保険代はどうなるのですか?
A. 保険会社へ返金請求が可能です。
Q. OSHCの最低加入期間はどのくらいですか?
A. 「学生ビザ期間中をカバーすること」が原則です。例えば、学校に12ヶ月通う場合、通常はコース開始日よりも前に入国し、さらに、コース終了後に2ヶ月が追加された学生ビザが発給されますから、14ヶ月分+αのOSHC加入期間が必要となります。仮に13ヶ月としてOSHCを申込み、結果的にそれ以上長い期間の学生ビザが発給された場合、最寄りのOSHC扱い保険会社で、不足分の延長手続きを行います。
Q. 別の海外旅行保険に加入していても、OSHCに加入する必要がありますか?
A. はい。OSHCは学生ビザ申請の際に、加入が義務付けられているため、海外旅行保険加入の有無に関わらず、加入する必要があります。OSHCは、盗難、破損、事故などはカバーされませんので、渡豪の際は、それらをカバーする保険に別途加入しておくことをオススメします。
Q. 事情があり、早めに帰国をしました。OSHCを途中解約することはできますか?
A. はい。利用していない分のOSHCについては途中で解約手続きを行い、保険会社の規約に沿った返金を受けることができます。

たとえば、Alianzなどであれば、下記のフォーム、⑧にチェックを入れてH欄に記載されている各書類を提出することで、返金依頼を行うことができます。

https://www.allianzcare.com.au/content/dam/onemarketing/azpau/allianzcare/docs/IH-0007-OSHC_Refund_Form_v4.pdf

また、OSHCの返金手続きについては各保険会社により変わるため、ご自身が加入中の保険会社にお問い合わせください。
Q. OSHCに加入していれば、海外旅行保険に加入する必要はありませんか?
A. いいえ。任意加入ではありますが、OSHC以外の海外旅行保険にも加入しておくことをおすすめします。先述のように、OSHCは学生ビザ申請の際に、加入が義務付けられている「自己負担も伴う可能性がある最低限必要な保険」です。盗難、破損、事故などがカバーされていないことはもちろん、治療費が高額な場合、OSHCはあくまで%(比率)で判断されるので、適用されても自己負担が多くなる場合もあるからです。

日本の海外旅行保険のお問い合わせ

上記の通り、OSHCはオーストラリア滞在中の医療費をカバーする保険です。盗難や事故の賠償責任などは保険の対象にはなりませんし、OSHCがカバーする費用はあくまで保険会社によって決められますから、併せて日本の海外旅行保険に加入することをお勧めします。

日本の海外旅行保険への加入に関するご相談は、こちらにお問い合わせください。
お問い合わせ先オーストラリア留学センター日本法人(株式会社チャレンジアブロード)
住所〒150-6139 東京都渋谷区渋谷2丁目24-12 渋谷スクランブルスクエア39F
電話番号03-4400-6565
Emailinsurance@gcsgp.com
海外留学保険は、いったん日本を出てしまうと、加入する事が出来ません。必ず日本を出発する前にお申し込みください
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号M144)
[現在育休中で、2022年12月頃に復帰を予定しています] 大学在学中に留学を経験し、新卒で楽天株式会社に入社。ヨーロッパ、アメリカ、アジア、オーストラリアに飛び回る。仕事を通して自身の留学が人生や将来の仕事を考える大きなきっかけになったことを再認識し、「より多くの人が、留学を通して英語力を磨き、視野を広げ、豊かな人生を送れるようサポートしたい」という思いから、留学業界への転職を決意、オーストラリア留学センターと出会い現職。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら