オーストラリアの大学に行くべき7つの理由

国際的に名高い教育大国として、世界中の留学生に選ばれるオーストラリア。豊富な天然資源と安定した経済状況、フェアでフレンドリーな国民性と治安の良さ…オーストラリアは、現代の日本の若者たちにとって、メリットの多い留学先であることは間違いありません。その理由を具体的に紹介します。

 

厳選された大学数と教育水準の徹底管理

オーストラリアには、37校の公立大学、2校の私立大学があり、そのほとんどが大学院を有しています。その教育水準は、AQF(Australia Qualification Framework)と呼ばれる、取得できる資格レベルの標準化を図る法律のもとで徹底管理され、一定に保たれています。
一方、日本ではそのような仕組みはなく、780校にのぼる大学間での格差が広がっています。
絶対数の少ないオーストラリアの大学ですが、常に8-10校が、世界大学ランキングの200位以内にランクインしているのも、この国の大学教育の質の高さを証明しています。
オーストラリアの輸出産業のうち、資源、農作物に続くのが「教育」というのもうなづけますね。

100カ国以上の留学生に出会える

現在、200以上の多民族的背景を持つ人々が暮らしており、国民の4人に1人は海外生まれ。そんなオーストラリアにある各大学のほぼ全てで、100カ国を超える留学生が学んでおり、全体の20%が留学生です。オーストラリアの豊かな生活レベルに憧れて来る人、永住やビジネスチャンスを求めて来る人、真の国際教育を経験したい人など、各学生の目的は様々です。

留学生には、オーストラリアでの就職に有利とされる会計学、看護学、教育分野の専攻や、アジア学、日本語学、海洋学、環境学、国際学、開発学、観光学など、オセアニアならではの特色豊かな魅力あふれる専攻科目に人気があります。

入試がない!留学生も安心の入学システム

オーストラリアの大学へ進学する場合は、英語力の証明と、日本の高校の成績証明書が必要となります。しかし、それらが基準を満たしていない場合も、各大学附属(提携)している英語学校やファンデーションコース、州政府運営の教育機関(「TAFE」などの専門学校)を経由して、目的の大学に進学できる方法が用意されています。日本のような、入試での一発勝負ではなく、しっかりと基礎を固めていくことで、最終的に進学を果たすことができるのです。

例えば、会計学を学びたいが、渡航時に英語力が足りないという場合、まずは一般英語コース→進学英語コース→専門学校(Diploma of Accounting)→大学(Bachelor of Accounting)という経路で、同学部への進学が可能となります。このような、留学生目線で作られた進学システムが確立されているのも、オーストラリアの大学の特徴です。大いに活用しましょう。

就職活動の幅が広がる

オーストラリアの大学を卒業すると、1.5年から2年間の就労可能なビザが取得できます(※2014年1月現在)。このビザを取得後、現地の企業で働き、長期就労ビザや永住ビザを得る留学生もいます。

このような卒業後の進路について、留学を決める段階では、まだ明確なビジョンが持てないかもしれません。でも、オーストラリアの大学を卒業した後は、学位だけでなく、高い語学力を生かして日本で就職活動をすることも、オーストラリアで、あるいはアジアで就職活動をすることもできます。視野と選択肢が大きく広がるのも、オーストラリア進学のメリットといえます。


治安が良く、馴染みやすい

オーストラリアを留学先として選ぶ人の中には、その治安の良さを挙げる人も多くいます。アメリカのような銃社会ではないのもポイントです。もちろん、海外ですので緊張感は必要になりますが、日頃からしっかりと気をつけていれば、大きな犯罪に巻き込まれる可能性は少ないでしょう。

留学場所を選ぶ上で、「安心して学べる環境」というのは一番重要だと私たちは考えています。無用なストレスは避けて勉強に集中することは、留学を成功させる大切な要素であるからです。
また、オーストラリアは、留学生が滞在するような場所では、自然災害もほとんど起きません。地震もなく、台風や大雪などの災害も、日本のように年に何度も起きる事はありません。日本人にとって馴染みやすい気候も、魅力のひとつです。

国民幸福度No.1、誰もが一度は住みたい国

オーストラリアの主要都市は「世界の住みよい都市ランキング」で常に上位に位置しています。2013年度は、メルボルン(1位)、アデレード(6位)、シドニー(7位)、パース(9位)が堂々のベストテン入りを果たしました。また、OECDが2013年に発表した国民幸福度ランキングでも、オーストラリアが1位となっています。

せっかく海外で留学するのであれば、世界の中でも生活の質がもっとも良いとされる場所で刺激を受ける事が、将来の人生設計においても役に立つと思います。

日本からの距離

距離といっても、物理的な近さだけではありません。留学中は、日本への連絡も大事です。オーストラリアの各都市は、日本との時差が少なく、いずれの都市も、日本との時差が2時間以内にあります。実は、時差の少なさは意外と大切で、体調面はもちろん、日本にいる家族や友達との連絡もスムーズに取れるのは、留学地として魅力の1つと言えます。オーストラリアに来ると気づくのは、日本語を覚えたい、または片言の日本語を話せると言うオーストラリア人が多いという点です。TVでは日本のアニメが流れていますし、日本の観光地や日本のテレビ番組も多く放映されています。日本はオーストラリアにとって、身近な国のひとつです。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら