オーストラリアの専門・大学・大学院留学のスペシャリスト

手配料無料! 現地 6都市サポート無料!

シドニー・メルボルン・パース・ブリスベン・ゴールドコースト・アデレード・日本の 7都市サポート

英語コースの種類

各教育機関には、それぞれの目的に応じた”コース“があります。例えば「基本的な英語力を身に付ける」ことが目的であれば一般英語コース(General English)、進学に向けた英語を身に付けたいのであれば進学準備コース(EAP)などです。

☆実際に学校へ通われた皆さんの声からできた、語学学校ランキングはコチラから

一般英語コース(General English)

総合的な英語力を身に付けるコースで、基本的な英語力を身に付けたい方が最初に入るコースです。また、初級から上級まで、英語力のレベルを問わずご自身のレベルにあったクラスで学ぶ事ができるのが特徴です。英語力によるクラス分けについてはコチラもご覧下さい。

通常、学校が選んだ市販のテキストに沿って、午前は文法中心、午後は会話中心という形で授業が進められます。

一般英語コースは、更にフルタイムとパートタイムと呼ばれるコースに分かれています。フルタイムは午前午後を通し1日5時間以上の授業を受けるもので、パートタイムは午前中3時間のみの授業を受けます。学生ビザ申請時にはフルタイムを受講する必要があり、パートタイムでは学生ビザは申請できません。
コースの種類 週の授業時間 主な授業内容 期間
フルタイム 週25時間 会話+文法 午前、午後
パートタイム 週15時間 文法 午前中のみ

進学英語コース(EAP)

TAFE、専門学校、大学、大学院への進学のために必要な英語力を身に付けるコースで、”English forAcademic Purposes (EAP)゛と呼ばれています。例えばノートのとり方、レポートの作成方法、ディスカッションや討論の進め方などを学ぶことができます。 そのほかにも、入学の際に必要なIELTSのテスト対策も行っています。

進学英語コースの一つとなる、ダイレクトエントリーコースや、ファウンデンションコースでは、コース終了後、本科コースに直接入学することができます。

試験対策英語コース

オーストラリアでの進学に必要なIELTSやTOEFL、ケンブリッジ英語検定、そして日本ではお馴染みになってきたTOEICのテスト対策に焦点を絞って授業が行われるコースです。 学校によって、午後の選択でテスト対策コースを設けているところと、一日中テスト対策を行っているところがあるので、それぞれの学校について調べる必要があるでしょう。

中学、高校進学準備コース

オーストラリアの中学、高校に進学するためのコースです。オーストラリアの高校に入学するには、TAFE本科コース入学に必要な英語力レベル(IELTS5.5)が必要になるため、英語力向上を始め、進学英語コース同様、ノートの取り方、レポートの作成方法も学びます。

ビジネス英語コース

英文の手紙、社内文書の書き方、電話の応対など、会社やビジネスシーンで使われる英語の習得を目指したコースです。 業界や仕事の場面に合わせた専門用語を勉強したり、会社で日常的にやり取りされる会話など、実践的な英語を学びたい方にはお勧めです。

各学校によって呼び方が違っていても、目的は同じコースがありますので、詳しくはお問い合わせください。

ファウンデーションコース

各大学が用意する、大学進学者向けのコースです。ファンデーションコースに関する詳しい情報は、こちらをご覧ください。

この記事は私が書いています

オーストラリア政府認定留学カウンセラー
PIER資格保持(QEAC登録番号I008)
2017年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は16年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。

留学手配料無料、現地サポート無料のオーストラリア留学センターでは、留学に関する皆さまのご質問に、専門のスタッフが丁寧にメールで回答を差し上げております。尚、留学相談は、お電話各支店でも、無料で承っております。お気軽にご利用ください。

無料 留学相談はコチラ↓

24時間365日受付中!

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。