オーストラリアの専門・大学・大学院留学のスペシャリスト

手配料無料! 現地 6都市サポート無料!

シドニー・メルボルン・パース・ブリスベン・ゴールドコースト・アデレード・日本の 7都市サポート

語学学校にかかる費用

語学学校は、公立の教育機関であれば比較的授業料が安く、また私立であれば地域によっても授業料が大きく変わります。物価が高い地区であればそれだけで授業料も高くなります。大きく分けた場合、入学金、授業料、教材費の3点が挙げられます。

入学金

語学学校の入学金は、100ドル~200ドルが平均です。コース終了後、一定期間内に再入学した場合には、入学金がかからないことがほとんどです。しかしこの期間が”半年”以上であったり、一般英語から進学英語にコースを変更し、再入学した場合などは入学金が再度必要になります。

授業料

期間 一般英語平均 進学英語平均
1週間 300ドル 320ドル
4週間 1,160ドル 1,280ドル
8週間 2,320ドル 2,560ドル
12週間 3,480ドル 3,840ドル
24週間 6,960ドル 7,680ドル

語学学校の授業料は、一般英語コースであれば週平均300ドル程。進学英語コースや試験対策コースであれば、弱冠高くなり週320ドル程です。通常は、年明けや7月頃に、授業料の改定が行なわれます。

IELTS、TOEFL、ケンブリッジ試験対策コースなどは、8週間、12週間としてカリキュラムが組まれていることが多く、1週間では受け付けていない学校も、多々あります。実際、語学学校は3ヶ月単位でワンランクUPしますので、12週間を一つのラインとして考えるのがいいでしょう。

期間 一般英語コース
1~11週間 週280ドル
12~20週間 週275ドル
21~30週間 週270ドル
30週間以上 週265ドル
授業料は就学期間によっても変わります。例えば右の表のように、12週間申し込むと授業料が安くなる「長期割引制度」を実施している語学学校もあり、長期で留学する場合、学費を大きく抑えることが出来ます。

教材費

教材費は入学金に含まれているものから、別途必要になる場合や、期間によって費用が違う場合もあります。費用がかかる場合は、「週7ドル」というような料金表が設定してあり、5週間であれば5週間×7ドルの合計35ドルがかかるというもの、また入学時に教材費を一定額支払い、コース終了後に使用していたテキストを返却すると、6割分が返却されるシステムをとっている学校もあります。

アクティビティ費

語学学校期間中には、様々なアクティビティ(体験学習)が催されます。アクティビティの内容はスポーツや、バーベキュー、日帰り旅行など様々ですが、基本的には授業料に含まれているため、別途支払う必要はありません。しかし、アクティビティの内容によっては生徒同士で話し合い決める場合もあるため、場合によっては生徒同士で費用を出し合い、アクティビティが行なわれることもあります。

この記事は私が書いています

オーストラリア政府認定留学カウンセラー
PIER資格保持(QEAC登録番号I008)
2017年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は16年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。

留学手配料無料、現地サポート無料のオーストラリア留学センターでは、留学に関する皆さまのご質問に、専門のスタッフが丁寧にメールで回答を差し上げております。尚、留学相談は、お電話各支店でも、無料で承っております。お気軽にご利用ください。

無料 留学相談はコチラ↓

24時間365日受付中!

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。