【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

クイーンズランド大学で学ぶ野生生物学


目次

オーストラリアで野生生物学を学ぶ意義

現在、南半球に位置している大陸、オーストラリアやアフリカ、南アメリカ、南部アジアから「ゴンドワナ系」と呼ばれる共通した陸成層や動植物の化石が発見されたことから、これらはかつて1つの大陸「ゴンドワナ大陸」だったと考えられています。

やがて地殻変動により大陸が分裂して孤立したオーストラリア大陸では、その後の世界的な気候変動の影響からも隔絶され、独特の地質と気候によってユニークな自然生態系が形づくられてきました。

しかし、先住民アボリジニ、更に1788年ヨーロッパからの植民による狩猟や外来種、土地開発によって生態系が大きく破壊。かつてのオーストラリアの独特な自然生態系は「人間活動」によって著しく致命的な影響を受け、多数の固有種が絶滅しました。

それでも今尚、膨大な種類の固有の動植物が生き残るオーストラリアは、有胎盤類、単孔類、有袋類という3種類の哺乳類がすべて生息する数少ない大陸のひとつであり、その80%がオーストラリアの固有種。

中には絶滅危惧に指定されている種も多く、国内に多数の保護地域を設けるなど国をあげてその保全、さらに人間と野生生物が今後何世代にも渡って共存していける地球環境づくり(サステナビリティ)に取り組むオーストラリアでWildlife Science(野生生物学)を学ぶ意義は大きと言えます。

世界NO.1のクイーンズランド大学

オーストラリアの名門大学の1つクイーンズランド大学はBiodiversity Consevation(生物の多様性の保全)分野において世界NO.1、Environmental Scienceの分野においては世界NO.14(オーストラリアNO.1)の大学に選ばれました。
同学のWildlife Science(野生生物学)コースは、オーストラリアに生息する両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類、植物など主に陸で生きる動植物の生物多様性と、人間と野生生物が相互に与える影響、そして野生生物保全、バイオロジー、マネジメント知識を習得することを目的としています。

将来、環境アセスメントオフィサー、研究者、保全保護活動家、レンジャー、水生生物学者、バイオロジストなどを目指す方にお勧めのコースです。

教授には同分野の学問を牽引する野生生物学者やバイオロジストが在籍しており、動物園や保護施設等で飼育されている動物と野生で生きる動物を保全保護していくマネジメント計画の考案・査定するためのスキルも習得します。

Industry Placement(現場実習)では、動物園、サンクチュアリー、政府の環境保護セクション、動物保護施設などで実践的な経験を積む機会もあります。

クイーンズランド大学を選ぶ理由

南半球で最も動物研究・獣学の施設が整った大学の1つで実践的に学べる
オーストラリア国内または海外で、保護動物・野生動物の保全とマネジメントに携わることができる
豊富な実習先でのIndustry Placement(現場実習)に参加できる

その他、オーストラリで学べる動物関連のコース

アデレード大学
Veterinary Technologyコース(獣医療技術者)

サンシャインコースト大学
Animal Ecologyコース(動物生態学)

フリンダース大学
Animal Behaviourコース(動物行動学)(体験談)

Wildlife Scienceコースの授業内容

Wildlife Scienceコースはブリスベン市内から車で1時間半ほどの距離に位置するGattonキャンパスで開講されており、下9つの学習形式を組み合わせて学んでいきます。
・Lectures(講義)
・Tutorials(チュートリアル)
・Work placements(現場実習)
・Overseas study(海外研修)
・Research experience(研究)
・Laboratory work(実験)
・Fieldwork(学外授業)
・Seminars(セミナー)
・Workshops(ワークショップ)

履修する科目の一覧

必修科目(16科目)
  • Biological Concepts and Plant Science
  • Applied Mathematics and Statistics
  • Elements of Ecology
  • Agricultural Biochemistry
  • Applied Animal Biology
  • Australian Terrestrial Vertebrates
  • The Management and Husbandry of Zoo Animals
  • Applied Animal Physiology
  • Animal Health and Epidemiology
  • Wildlife Technologies
  • Animal Reproduction
  • Animal Breeding & Genetics
  • Biology of Australian Marsupials and Monotremes
  • Chemistry
  • Principles of Wildlife Management
  • Game Management – the Science of Sustainable Use
選択科目(8科目)
    下記より8科目選択します
  • Agricultural Microbiology & Gene Technology
  • Industry Placement
  • Special Topic II
  • Animal Behaviour, Handling and Wellbeing
  • Animal Environmental Physiology
  • Animal Nutrition
  • Emerging Issues in Animal Bioscience
  • Working with Groups and Teams
  • Plant and Environmental Health

Wildlifeコースへの進学方法

日本の高校を卒業してからクイーンズランド大学を目指す場合、まずは付属カレッジInternational Education Service(通称IES)に入りファウンデーションコースを受講します。ファウンデーションコースは、高校の成績と英語力(IELTSスコア)に応じて3種類あります。

1.Expressコース(短期コース)

ファウンデーション・Expressコース
【期間】7ヶ月間
【2020年 日程1】5月開始ー12月修了(2021年2月UQ入学)(自宅でのオンライン授業)
【2020年 日程2】11月9日開始~2021年5月28日(2021年7月UQ入学)
【2021年 日程1】5月開始~12月修了(2022年2月UQ入学)
【2021年 日程2】10月開始~2022年5月(2022年7月UQ入学)
【英語】IELTS Academic 6.0(Writing 6.0以上、その他5.0以上)/TOEFL ibt 78
【学力】高3修了であること、5段階評価中4.0以上の成績を修めていること
【学費】$25,600(2020年度)

2.スタンダードコース(標準コース)

ファウンデーション・スタンダードコース
【期間】10ヶ月間
【2020年 日程1】2月24日開始~12月11日修了(2021年2月UQ入学)
【2020年 日程2】10月6日開始~2021年6月18日(2021年7月UQ入学)
【2021年 日程1】2月開始~12月修了(2022年2月UQ入学)
【2021年 日程2】8月開始~2022年5月(2022年7月UQ入学)
【英語】IELTS Academic 5.5以上(各5.0以上)/TOEFL ibt 70
【学力】高2修了であること、5段階評価中3.0以上の成績を修めていること
【学費】$29,200(2020年度)

3.Extended コース(長期コース)

ファウンデーション・Extendedコース
【期間】1年間
【2020年 日程1】1月6日開始~12月11日修了(2021年2月UQ入学)
【2020年 日程1】2020年6月は不催行となりました。次は2021年1月開始となります。
【2021年 日程1】1月開始~12月修了(2022年2月UQ入学)
【2021年 日程2】6月開始~2022年5月(2022年7月UQ入学)
【英語】IELTS Academic 5.0以上(Writing5.0以上)/TOEFL ibt 56
【学力】高2修了であること、5段階評価中3.0以上の成績を修めていること
【学費】$33,900
ファウンデーションコース修了後、Wildlifeコース進学へ!

Wildlifeコース入学要項

大学クイーンズランド大学(UQ)
コースBachelor of Wildlife Scienceコース
期間3年間(6学期)
入学2月
学費$43,504×3年間=$130,512(約979万円)(2021年度)
英語IELTS6.5以上(各6.0以上)またはTOEFL ibt 87以上(L19, R19, W21, S19)
IBスコア 26

自然環境分野での就職にはHonours以上の学位が必須

自然環境保全の分野ですと、例えば水インフラ整備と水資源マネジメントを学ぶ水資源管理コース再生可能エネルギーコース等であれば専門性が高く特殊技術を必要とする学問分野であり、且つ、人々の生活に直結した需要の高い産業であることから、学んだ学問が就職に直結するコースと言えます。

しかし、Wildlife Scienceコース、Zoologyコース、Animal Ecologyコースなど、「動物保護」や「環境保全」分野での就職を目指す場合、その受け皿となる地方自治体や州政府組織、民間企業、保護施設などが多く存在するわけではなく、卒業後、全く別の分野で就職する学生も少なくありません。

そのため、この分野での就職を目指す場合、まずは大学在学中に出来るだけ多くのボランティア活動に従事することが重要であり、また、卒業後はさらにHonours(優等学位)への進学も必須。中には大学に戻ってMaster(修士課程)やPhD(博士課程)へ進学する学生もいます。

以上は、オーストラリアの大学でHonoursを取得して卒業した方からのアドバイスです。現在、州政府環境保護セクションでEnvironmental Officerとして勤務。企業活動において環境や野生動物に配慮した適切な対応が施されているか評価・チェックする仕事をされています。将来、同分野での就職を目指す方は是非ご参考ください。

出願に向けての準備

1. まずは英語試験を受けましょう
まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
IELTSスコアは足りなくても出願可能です。その場合は大学付属語学学校とセットでのお申込みとなります。
2. 出願に必要な書類4点を準備しましょう
出願には下記4点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの4点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。
  • 高校の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 高校の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー
※高3前期までの成績で出願出来ます
※高校の卒業証明書は、卒業後に提出してください

3. 出願手続きスタート
最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式に出願手続きをスタートします。

留学相談&お問い合わせ

当社オーストラリア留学センターはクイーンズランド大学を含め全豪27大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。
お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2020年6月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2021年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=75円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。

豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H318)
13歳でのメルボルン短期留学をきっかけに「英語」と「海外」に目覚め、その後カナダ(語学留学)とアメリカ(大学留学)にも留学。卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアへ再渡豪し、オーストラリア留学センターでワーペリ。帰国と同時にオーストラリア留学センター日本窓口が開設され現職へ。留学生を現地オーストラリアで「迎え入れる立場」と日本から「送り出す立場」、両側での勤務経験を通して、双方の視点からアドバイスすることを心がけています。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら