クイーンズランド大学の就職支援プログラム

留学先の大学を選ぶポイントとしてコース内容、学費、評価、レベル、知名度、街の雰囲気、気候・・・など、人によって基準も優先順位も様々ですが、卒業後の就職についても考えておく必要があります。

クイーンズランド大学では『The Student Employability Team (SET)』という学生の就職サポートチームが構成されており、ビジネス学部・経済学部・法学部の学生を対象に9つの就職支援プログラムが提供されています。留学生含め対象学部の学生が入学~卒業まで3年間無料で参加することが出来る心強いサポートです!

入学したら1年目からこのプログラムにに参加し、卒業までの3年間、就職に向けてしっかりプランを立てて大学生活を過ごしましょう。

クイーンズランド大学HP
ビジネス学部・経済学部・法学部
The Student Employability Team (SET)

1. A Day In The Life series

就職して間もない若手社員に、大学在学中~卒業してから~就職~現在の実務までの実体験を聞くセッション
マーケティング、ツーリズム、起業、非営利団体、金融、法・・・など、各セッションにおいて様々な業種・職種がカバーされており、それぞれの仕事内容、企業側が求める人材像、キャリアへの道筋などを学びます。

実際に働いている方から様々な業種・職種の話を聞くことで、まずは自分の興味や目的、目指すべき方向を明確にしましょう。

2. BEL Career Mentoring Program


働く社会人に相談・指導役になってもらい、就職アドバイスをもらえるプログラム(1学期間)
学生から→社会人への切り替えや心構え、大学で学んだことをどうやって職場で活かすのか、職探しやキャリアの向上において自分のスキルを活かす方法、目標設定、キャリアの選択肢、職場での姿勢(言動)、職場で求められる資質・・・などを働く社会人から直接アドバイスをもらえるプログラムです。

1対1で相談できるので、より具体的に学生1人1人の学歴、能力、将来のキャリアに合わせて相談し、将来への方向性を定めていくことが出来ます。

3. Career Success Program

就職活動スキルを磨くためのワークショップ
各セッションは60~90分のアクティブラーニングで、履歴書やCVの書き方、面接でのテクニックとロールプレイだけでなく、オーストラリアなどグローバルな職文化の理解、交渉術、ネットワーキング、自己プレゼン(自己PR)のスキルも学びます。

4. Community Engagement Program


実在するコミュニティーや非営利団体でのプロジェクト
1チーム(6人)で1つの実在するコミュニティーや非営利団体の抱える問題を担当し、1学期間かけてその解決策の立案を行うプロジェクトです。

チーム結成、プロジェクトの発表、アドバイザーとの話し合い、クライアントとのミーティング、ワークショップ、クライアントへの企画提出、プレゼン、最終企画案の提出、レポート提出、評価・調査を行います。

このチームメンバーは、ビジネス・経済・法それぞれの学部から別々の専攻を学ぶ学生同士で結成されるため、様々な学問分野の視点で1つのプロジェクトに取り組むことが出来ます。

具体的なプロジェクトのスケジュールや実際に行われたプロジェクトの実例はこちらのページからご覧ください。

5. Employer-led Workshops

就職活動のスタートから終わりまでのながれを学ぶワークショップ。
各セッションは60~90分で、応募する企業選び、応募方法、面接、審査、内定後のマネージングなどを学びます。

実際の雇用主(企業)から話を聞きアドバイスを受けることが出来るため、各企業毎の詳しい採用プロセスを知ることが出来、また、ワークショップ後には学生とその企業を繋げるネットワーキングセッションも行われるので、しっかりアピールして就職へ繋げる絶好のチャンスです!

6. Student consultations

個別の就職相談
電話やメールで予約を取って、The Student Employability Team (SET) のスタッフと個別に就職相談が出来ます。

The Student Employability Team (SET)のFBには学生のための就職支援プログラム、インターンシップ、ワークエクスペリエンスなどの最新情報が掲載されているので、フォローして常にアンテナを張り、こまめにチェックしましょう。

7. Student Work Experience Program

ワークエクスペリエンス(実務経験)
Student Work Experience Programは、実際の就職活動と同じような応募・採用のプロセスがあり、合格者のみが参加できる競争率の高い実務経験プログラムです。

合格者は学期間のホリデーを利用して2~3週間の無給インターンシップに参加。自分に適したキャリアを見つけ、職場での自分のスキルの活かし方を学び、ビジネスネットワークを広げて就活時における推薦者の獲得に繋げることも出来ます!

審査には大学での成績(GPA)も対象となるので、大学入学1年目からGPA6程度を目指して入学1年目からしっかり勉強に取り組みましょう。

8. The Edge Student Leadership Series

経営者やビジネスリーダーから「リーダーシップ」を学ぶワークショップ
普段直接関わるチャンスのない企業の経営者やジェネラルマネージャー、起業家をゲストスピーカーに迎え、彼らの興味深い経歴、どのようにして困難を乗り越えトップに登りつめたのか、現実社会において成功する秘訣・・・などを直接聞くことが出来るワークショップです。

過去のゲストスピーカー(一例)
Alex Malley の経営者, CPA Australia の最高責任者、ベストセラー本“The naked CEO”の作家、Di Bella Coffeeの創設者であり最高責任者でもある Phillip Di Bella・・・など

9. edX Unlocking your Employability MOOC


無料の就職支援オンラインコース
https://bel.uq.edu.au/edx-unlocking-your-employability-mooc
自分のスキルを実務に活かす方法、雇用の機会を広げる方法、職場での姿勢(言葉や態度)、転職など、この無料オンラインコースを通して「自己の雇用される能力」を養います。

またこのオンラインコースでは、雇用者からは「求職者に求める資質」、在学生からは「大学での経験を最大限に活かす方法」、卒業生からは「学生から社会人へのシフトに成功した秘訣」を聞くことが出来るので、様々な立場・多方面からのアドバイスを活かして効率的な就活プランを立てましょう。
このように、大学が学生に対してどのような就職支援サポートを提供しているのかをチェックしてみるのも、1つの大学選びの基準となるでしょう。

クイーンズランド大学は学生に対し、3年間かけて心強く手厚い9つの就職支援プログラムを無料で提供しています。クイーンズランド大学への留学は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H318)
13歳でのメルボルン短期留学をきっかけに「英語」と「海外」に目覚め、その後カナダ(語学留学)とアメリカ(大学留学)にも留学。卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアへ再渡豪し、オーストラリア留学センターでワーペリ。帰国と同時にオーストラリア留学センター日本窓口が開設され現職へ。留学生を現地オーストラリアで「迎え入れる立場」と日本から「送り出す立場」、両側での勤務経験を通して、双方の視点からアドバイスすることを心がけています。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら